TOPページ >エッチな体験談(ブログ)

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

←前へ 目次 次へ→

性器は縮れた黒い陰毛に覆われていた。

更新日:2019年01月09日

昭和の一時期を境にしてP化粧品の「男性セールスマン」が激減した理由は、顧客との性的不祥事が多発したせいかも知れない。
日常的に人妻と接する化粧品セールスの中には、常習的に「奥様」を誘惑する男も居た。
そして、拙宅に出入りしていた美容セールスも好色な男だった・・!!その頃の「男性美容セールスマン」は、奥様相手なだけに礼儀正しくて、容姿が整った男が多かった。
そして、彼らは女の扱いに慣れていた。
家に出入りしていた池谷という名の美容セールスは体格の良い美男で、母はその男に好意を感じていた。

池谷はまだ若くて、母は三十路半ばの年齢。
年が離れた二人に「怪しい雰囲気」が漂い始めたのは、池谷が家に来てから数ヶ月後の事だった。—–池谷は長崎県の出身だった。
池谷が「田舎からの土産」だと言って「九十九島せんぺい」を母に持参した事を、私は覚えている。

この男は、何かにつけて土産を持ってくる癖があった。
やがて母は池谷に気を許してしまう。
母は高額な化粧品を毎月のように買わされた。
地方から東京に来た美容セールスにとって、そんな母は貴重な上得意だった。

ある日の事、いつもは縁側で池谷の相手をする母が、男を家に上げてしまった。
新製品である「美顔マッサージクリーム」のお試しが目的だった。
来客に見られるかも知れない縁側での美顔マッサージは、確かに具合が悪い。
母は池谷と一緒に奥の部屋に向かった・・!!
陽の当たらない奥の座敷は薄暗かった。

畳の上に正対して座る二人の間に怪しい雰囲気が漂っているのを、私は感じた。
母にしてみれば、夫不在の自宅に男を入れたのは初めての経験である。
しかも、相手は母が好意を寄せていた美容セールスの池谷。
向かい合う二人の間に隠微な空気が漂うのは当然だった。

中学*の私が、表からは見えない部屋を裏庭から覗いた理由は、以前から二人の間に只ならぬ気配を感じていたからである。
薄暗い部屋の中で、先程まで快活に会話していた母が押し黙った。

洗顔をするようにと池谷に促された母が洗面所に向かうと、池谷は母の後を追った。
洗面所から水音が聞こえて、水音の合間に会話が聞こえた。
やがて母の声が静まると、母の息遣いが漏れてきた。
「はぁ~っ はぁ~っ」と、母の吐息は艶めかしい感じになった。
「うっふ~ん はぁ~っ」と母の吐息は徐々に深くなった。

初めて耳にした怪しい息遣いに胸騒ぎを感じた私は、洗面所が見える位置に移動した。
池谷は母の後ろに立って、母の背中を包み込む感じで立っていた。
母を洗顔しながら、池谷は母に何かを囁いた。
囁きながら池谷は、身体を母に密着させた。
池谷の腰が母の尻に触れると、母が身を固くする様子が見えた。

洗面器に向かって屈み込んだ母は、尻を後ろに突き出していた。
薄いスカートに包まれた母の尻に、池谷の腰は撫でるように擦り付けられた。
スルリスルリと、池谷の腰は母の尻を撫でさすった。
母は肩を忙しなく上下させて、荒い息遣いを漏らした。

池谷の指は相変わらず母の顔をマッサージしていたが、二人の下半身は別の生き物のように蠢いた。
やがて池谷の指が母の首筋に下りると、池谷は徐々に腰を進めた。

母は両手で洗面台の縁を掴んで背中を反らせると、顔を上げて顎を前に突き出した。
母の腰は屈んだままだったが、母の背中は徐々に反り返った。
やがて・母の顔は斜め上を向いて喘ぎだした。

「あぁ~っ」という声が母の口から漏れると、池谷は母の尻から股間を離した。
池谷はズボンの前に右手を下ろして「その部分」を修正した。
再び池谷の腰が母の尻に押しつけられると、母は「う~っ」という呻きに似た声を漏らして背中を伸び上がらせた。

母は顔を左右に振って、何かを振り払うような仕草を見せた。
池谷の部分は、ズボンの中で脈打っていた。
強烈な勃起は母の尻に押しつけられていた。

池谷の勃起は尻肉の間に嵌め込まれて、母の性感を刺激しているように見えた。
尾骨付近に勃起を擦り付けられた母は、膝を震わせて感覚に耐えていた。
それを見た私は喉が渇く程の興奮を感じた。

しかし・私の立ち位置は最悪で、二人が振り返ったら見られてしまう場所だった。
仕方なしに私は、安全に部屋が覗ける裏庭に移動した。

母は顔を真っ赤にして部屋に戻った。
母の顔には淫の相が浮き出ていた。
私は、この時に初めて・性的に興奮させられた母の姿を見た。

足取りすら覚束ない母は、身体を池谷に支えられていた。
畳の上に倒れ込んだ母は、既にスカートのサイドジッパーを開かれていた。
その姿は、いつもの取り澄ました母ではなかった。
化粧を全て落とした母の顔は強く上気していた。
性的興奮は母の顔を妖艶に色付かせていた。
私は、初めて見る母の顔色に驚かされた。

母の顔には淫らな色気が漂っている。
それは、性的に熟した女だけが見せる猥褻さで、私の視線を釘付けにした。
「いやらしい顔だ・母さんの顔はいやらしい」と、私は思った。

母の表情は、あろう事か私の欲望すら刺激して、中学*の私を強烈な勃起へと誘った。
そして、この日以来私は、母を覗いて自慰をする事が癖になった。
母の顔を見て「いやらしい」と感じた私。
いつもは取り澄ました母の顔に淫色を見てしまった私は、「もっといやらしい母が見たい」という欲望に抗せなくなった。

断っておくが、私が感じた母への感情は、近×××的な性欲ではない。
私は母を犯したいと思った事など一度もなかった。
にもかかわらず、私が自慰をする時に想像する相手はいつも母だった。

この時に見た母の姿は、それ程までに猥褻だった。
母を仰向けにした池谷は、ブラウスのホックを外して脱がせにかかる。
母はされるがままになり、激しく興奮した顔を両手で覆ってしまった。
母にとっては、背徳感こそが快楽の源泉だった。
罪の意識は母の快楽を深くした。

母は池谷に犯されながらも、はっきりと父を意識していた。
母は父を裏切る自分の姿に陶酔していた。
「あぁ~いけません~池谷さん~あたし~あたし~あぁ~いけません~かんにんして~だめょ~かんにんして~」と、譫言のように声を漏らす母。
しかし、言葉とは裏腹に母の顔は恍惚としていた。

母の肉体は池谷の行為を受け入れて悶えた。
「おぉーっ 奥さん・もう僕は我慢できない・奥さん・我慢できない・」と池谷が上ずった声を出した。
「奥さんが好きだ・奥さんが好きだ・我慢できない・もう我慢できないんだ」と池谷は興奮した声を出して母に挑みかかった。
池谷もまた、目の前に横たわる肉体の獲物に興奮して我を失っていた。

「あなた~あなた~ゆるして~もうだめ~わたし~もうだめ~」と母は声を出した。
しかし、母は夫に許しを請うたのではない!! 母にとっては、背徳こそが快楽であり、意識せぬままに母は、不貞願望に囚われていた。

池谷に犯されながら、母はその場には居ない夫の視線を欲していた。
そして、母は、夫を裏切る自分の姿に性的刺激を得て激しく興奮した・・!! ついに母の赦されざる肉欲は、池谷によってこじ開けられた。

「あなた~あたしもうだめ~がまんできない~がまんできない~」母は声を出し続けた。
そして母は、自分の言葉に興奮して肉体を開いた。
池谷にスカートを脱がされると母は狂喜した。
黒いパンティーを穿いた女体が悶絶する様は、直視できない程に猥褻だった。

池谷に股間を弄られると母は腰を持ち上げて喜悦した。
池谷の手がパンティーの上部に掛かると、母は淫らな喜びを顔に浮かべて身悶えした。
パンティーを脱がされた母は大股を開いて池谷を挑発する。

母の部分は淫液を溢れさせて、池谷の指を濡らした。
池谷に肉芽を擦られた母は泣き声を出した。
そして母は腰を痙攣させた。
「あなた~あなた~あたしもうだめ~」
「きもちいいょ~きもちいぃ~きもちいぃ~」
「がまんできない~~きもちいい~きもちいい~」
と、母は快感を示す言葉を連続して口にした。

池谷がズボンを脱ぐと、母は池谷の勃起を見て驚愕した。
「あぁ~すごいわょ~池谷さんのすごい~こんなの初めてょ~」
「あぁ~すごいわょ~こんなに大きいの~すごいぃ~」
と、母は勃起の大きさに驚いて目を瞠った。

後に母の人格をも蹂躙する事になる池谷の男性器を見て、私は、その大きさに息を飲んだ。
それは、手で支えなくても天井を向いて屹立した。
太さは母の掌では包みきれなかった。

池谷の男性器・それは、ポルノ雑誌で見た黒人のペニスに匹敵する太さと長さだった。
雁の部分が大きく張り出した勃起は見事と言うよりなかった。
「私のチンコは奥様じゃないとダメなんです・若い女じゃ入らないんです・けど・奥様の中に入れたら女は泣き狂う」
と、池谷は誇らしげに勃起を母に見せつけた。

母は、恐る恐る黒い怒張に手を伸ばして指を絡めた。
そして、感嘆の溜息を漏らした。
「すごいわょ~池谷さんの・すごいわょ~」と母の声。
池谷の勃起は強く上反りした黒色だった。
「すごいわ~脈打ってるわょ~太いわょ」
と母は言うと、いやらしい好色の目付きで勃起を見た。

池谷の勃起を弄る母の姿を見て、私は絶望的な気持ちになった。
「なんてスケベなんだ!!」と私は思った。
実の母が目の前で男の勃起を弄っている。
しかも母は自身の性器を男に曝していた。

私は母の肉体をまじまじと眺めた。
そして、女体の猥褻さ・いやらしさに圧倒された。
美人で上品で理知的だとばかりに思っていた母が、こんなにもいやらしい肉体の持ち主だったとは・!! 母の肉体は息子の私を性的興奮に叩き込んで、ついに私はオナニーを始めた。
実母の裸体や行為を見て自慰する事は罪深い。
しかし、私は誘惑に抗せなかった。

ズボンから勃起を引き出して擦ると、忽ちに快感が湧いてきた。
私は母の肉体に目を凝らして行為を続けた。
母の陰部は私の位置から丸見えだった。

絡みつくような淫らな視線を池谷の勃起に這わせていた母は、勃起の胴を掌で包むと、ゆっくりと前後に摺り始めた。
母の性器は縮れた黒い陰毛に覆われていた。
着衣の姿からは想像も出来ない程に母の淫毛は濃かった。

いやらしく変色した分厚い淫扉の間からは体液が溢れて、母は自らの淫液を指で掬うとそれを池谷の勃起の先端に擦り付けた。
母は池谷の怒張に指を絡めると、ゆっくりと前後に摺り始めた。

母は左手で胴の部分を掴んで、右手の指で雁裏の部分を擽った。
母は恍惚とした視線を勃起に這わせて行為を続けた。
その頃の母は、地元では目立ちすぎた女だった。

池谷は母に憧れていた。
母は美人の誉れが高くて、周囲の女から嫉妬混じりに「お高い女」と陰口を言われていた。
母には、並の男達など近寄らせない雰囲気があった。
その母が池谷の勃起を弄って恍惚としている。
遂に母を誘惑した池谷が、強く興奮したのも当然だった。

池谷は母の事を「奥さん」としか呼ばなかった。
母と池谷は性行為だけの関係だった。
母と池谷では生い立ちや境遇が違いすぎた。
そして、池谷は高嶺の花である母に、屈折した感情を抱いていた。
憧れと憎しみ。
池谷は母に複雑な感情を抱いていた。

倒錯した池谷の感情は、母に対する苛烈な性欲をもたらした。
そして池谷は母を犯して淫乱に堕とそうとした。
そしてその事は、手が届かない世界の女への残酷な復讐だった。

池谷は、自分が知っているあらん限りの淫技を母に教え込もうとした。
高慢ちきで気取った女を淫乱にしてやる!!と、池谷は暗い欲望を母に向けた。
そして、池谷の倒錯した欲望は母を狂わせた。

池谷にとっての母は遠い世界の女だったが、母もまた自由の無い囚われ人だった。
母は「家」という目に見えない柵に取り囲まれて、悶々とした日々を過ごしていた。
どんなに押さえようとしても湧き出してくる女の本性に悶える母は、いつしか不倫願望を秘めた女になった。

そして、自分を縛って抑圧する「家」と「夫」を、母は、ある時から強く憎むようになった。
そんな母の性欲処理は孤独なオナニーであり、想像の中で母を犯す男は、断じて父ではなかった。
この時期、意識の中で母を犯し続けたのは、池谷だったのかもしれなかった。
逃れられない肉欲に苛まれた母は、深く懊悩したに違いない。

しかし、悩んでいる間にも湧いてくる淫欲に救いは無かった。
母が池谷と知り合う前まで貞女だった事は、まったくの偶然に過ぎない。
そして、禁を破ってからの母はいよいよ淫乱になった。

「舐めてください・奥さん・舐めてください」と池谷は母に要求した。
池谷は母の指で摺られていた勃起を母の口に押し込もうとした。
「いゃ~いゃょ~そんなことできなぃ~いゃ~いゃ~っ」
と母は激しく顔を振って拒絶した。

その時代に「フェラチオ」という言葉を知っている人など居ない。
言葉は丁寧だったが、池谷の要求は過酷だった。
楚々とした受け身の性行為しか知らなかった母には、いきなりのフェラは無理だった。
この時までの母は、「奥様のお勤め」としての性交しか知らなかった。
信じられないかもしれないが、この頃の母は、父との行為よりもオナニーで欲望を満たしていた。

フェラを諦めた池谷は、今度は母の太腿を開かせて陰部を弄り始めた。
「おぉ~っ いやらしいおまんこだ」と、池谷は母に言った。
「いゃ~恥ずかしいです~恥ずかしいです~」と母の声。

「クリが大きい・奥さんのクリトリスは大きい・奥さん・・弄ってるんでしょ・・毎日弄ってるんでしょ・・でなければこんなに大きくはなりません」「奥さんはスケベだ・・白状してください・・自分で弄ってるんでしょ」と、池谷は言葉で母を責めた。
その間にも池谷は母の勃起したクリトリスを弄り続けた。

「教えてください・奥様・どこで弄ってるんですか・? 一日に何回ぐらい弄るんですか?」 「正直に言ってください・毎日弄ってるんでしょ・?」と池谷はたたみ掛けた。
「淫液が凄いです・指を入れて欲しいですか? 奥様・言わなければしてあげませんよ」と池谷は母を責め続けた。

「あぁ~池谷さん~きもちいいです~きもちいいです~」
「言いますわ~言いますわよ~わたし~毎日してますわ」
と、母は遂に告白した。

「どこで覚えたんですか・自慰をどこで覚えたんですか」
と池谷に訊かれると、母の答えは私を驚かせた。
「女学生の頃よ~お友達に教えられて~いやらしい本も見せられて~あれを覚えたらやめられないわよ~」
と、母は話した。

「おし*こすると濡れちゃうの~感触が生温かくて~テッシュで拭うときもちいいのよ・もう我慢できなくなるわょ~そのまま立って自慰するわよ」
「女学生の頃は電車の中でも触られてたのよ・それは毎日よ・女だって興奮するわょ~家に帰って部屋に籠もって・セーラー服も脱がないでスカート捲って・ズロース下ろして弄ったわよ~」
と母は告白した。

「電車が混んでたのよ~だから毎日触られてたのよ」
と母は池谷に言った。

母の女学生時代は戦後間もなくの復興期だった。
祖母は母を18歳の時に出産している。
昔の女性は早婚だった。

←前へ 目次 次へ→