セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談101

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】ゴムを着けたガマの高麗人参が挿入される。【スタビ】

『スタビやってみなよ!!』

あれは確かハタチの頃、彼と別れたばかりの傷心な私に、友人はそう言った。
それが私のスタビデビューとなりました。

知らない男性とメールをするのが面倒だった私は、すぐにでも電話で話せる人を募集した。
結果、
同県内の男性、当時22歳と話す事にした。
友達が出来ればと、軽い気持ちだった。

初めてにしては結構話も盛り上がり、それから一ヶ月ほど電話やメールを楽しくしていた。声も結構カッコイイ♪

私の乙女心にちょっと火をつけた。

お互い恋人も居なかったので、約三ヶ月後のクリスマスは寂しい者同士一緒に遊ぼうとも話していた。
しかし、『いきなりクリスマスに会って、盛り上がらなかったら嫌だね』と言う意見から、急遽明日の午後、会う事にした。

サイトで知り合った男性と初めて会う事もあり、私はとても緊張していた。
“顔見られて、嫌われたらどうしよう‥”と言う思いばかりで、
自分が相手の顔を見て嫌うと言う不安は一切なかった。

それが全ての始まりだった。

心の準備さえしていれば、私はもうちょっと大丈夫だったかも知れない‥。

当日、待ち合わせ場所に向かう。あまりの緊張感でおかしくなりそうだ。
と、そこで

~~~♪

携帯が鳴った。『着いたよ』と、彼からの電話だった。高まって行く心臓の音に負けそうになりながらも、何とか車に近寄る。
ガチャッと車から出て来た男は

ガマ蛙そのものだった。
『あー!ゆえ居た♪』

僅かな時間、私の思考は停まった。

蛙の様な輪郭、蛙の様な口、蛙の様な目、
変なアフロ、序でに凄くチビ、ガマ蛙の様な色(皮膚の凹凸感が何とも言えない)
緑色の蛙だったら、まだ可愛げがあったかも知れない。が、相手はガマ。

私は152㌢でチビだから、滅多に男性を小さいと感じた事はない。
そんな私が驚いてしまうくらいのチビだったのだから、どれくらい凄かったのか想像して頂きたい。

しかし、私は友達が出来れば良いな♪と言う軽い気持ちだった為、相手の顔は関係ない筈だ!!!!?
と思い、楽しく時間を過ごす事に決めた。

しかし、ガマさんは許してはくれなかった。
車に乗った時、またしても私を驚かせてくれたのだ。

ガマの座席だけ、不自然に前に出てるぅ!!

それが何だかとても面白くて、ちょっとだけガマを好きになった。(ある意味)

会話も電話の時と同じ様に盛り上がった。気が付けば普通の友達みたいな関係になっていた。
一緒にご飯を食べる事も嫌ではない、寧ろ楽しかった。並んで歩くのはちょっと恥ずかしかったが‥。

それにしても、ガマはとても優しかった。(ちょっと悪い気もするので、これからはG@MAさんと呼ばせて頂きますね)
私がずーっと探していた物を、お店を何件も回って探してくれたりと、他にも色々と尽くしてくれた。

それから数回、楽しく遊んでいたのだが‥

ある日、G@MAさんの携帯に、突然G@MAさんのメル友から写メ付きのメールが来た。
すると、速攻でG@MAさんはその子を『キモイ』と言って拒否ったのである。

おいおい、さっきまで仲良くメールしてたんじゃなかったのか?!
何だコイツ?!お前が『キモイ』とか言うな!!!

と言う気持ちと共に、G@MAに対して私は、初めて顔以外のところに嫌悪感を抱いてしまったのである。

それから数日後、遊んでいる時に告られてしまった。私は即断ったのだが、

『ゆえと暮らす為にレオパレス契約したのに‥』と言って来た。

‥はい?

嘘だろうなぁ‥と思っていたら、本当に契約していた。
私達、まだ付き合っても居ないのに何故‥?

頭の中は真っ白だ。
記憶が混乱した。

私は知らぬ内にG@MAと関係を持ってしまったのだろうか‥?
いや、そんな筈はない。

何故だか知らないが、徐々にG@MAに対し、とても悪い事をした様な気持ちになって行った。G@MAマジック??

どうしたら良いのか解らなくなった私は、とにかくG@MAパレスに行く事にした。既にまともな判断が出来なくなっていた。

思考が誤作動を起こした瞬間だった。

G@MAパレスに到着すると、まだ空っぽな部屋だった。
備え付け(?)のベッドや布団がある程度で、他はテレビやテーブルしかなかったと思う。(記憶が曖昧ですが)
これから引っ越す予定なのだろう。

そんな事を考えつつベッドに座りテレビを観ていたら、G@MAが3~4㍍くらい離れて座っている事に気付く。
寧ろ離れていてくれた方が良いのだが、何だかこの空気に耐えられない。
見かねて『どうしたの?こっちおいでよ』と言ってしまった。
G@MAは満面の笑顔で『良いの?!』と言ってやって来た。

‥やっぱり気持ち悪い。

暫くたわいのない話をしていたら、また告ってきたガマ。(すみません;ローマ字で書くのが面倒になったので、片仮名で書かせて下さい)

ひたすら断る私。
必死に説得するガマ。
それの繰り返しで、何か凄く壮絶でした。
仕舞には泣き出すガマ。
どうしたら良いのか解らずオロオロしていたら、『チューしても良い?グスッ‥』とガマ。

気持ち悪っ!!!

しかし、チューで今の状態から解放されるのなら安いものだと思い、了解してしまった。

これが交尾の始まりだとも知らずに。

いざ接吻へ‥
目を閉じていれば大丈夫だろうとは思ったが、何だろうこれ‥。
みかんの果肉が干からびて固まっている様な感触だった。
唇が硬い;
それでも、舌を入れられると抵抗出来ない。
幸い口臭もなく、ねっとりと絡む舌が気持ち良かった。

その時、ガマが爪先で服の上から乳首を軽く掻いてきた。
内心“おいっΣ(`□´;)”と思ったが、
『ぃゃ‥』
恥ずかしく、小さい声でそう言うのがやっとだった。

感じていた事も確かだった。

『もっと触ってもいい?』と訊かれ、つい頷いてしまった。

性欲に負けた瞬間だった。

赤面した顔を見られたくなくて、ずっと俯いていた。(幸いガマの顔も見えないし)

するとガマは私の服とブラを上にずらし、
胸全体を優しく揉んだり、乳首を吸ったり、噛んだりしてきた。
私はガマにしがみついて、声を堪える事に必死だった。

ガ『感じてくれてるの?声出してもいいよ』
私『‥恥ずかしいもん』
ガ『可愛いね』

何故セクース中に言われると、普段よりドキッとするのだろう。

目を閉じていればガマの顔は見えないと安心していた私だが、変なアフロ頭が手にあたると、現実に引き戻されてしまう。
萎えたり感じたり、おかしくなりそうだった。

私はこの殺風景な部屋で、しかもガマと何をしているんだろう‥。もう帰りたい。
意を決し、私は『お風呂にも入ってないから汚いし、もうやめよう』と言った。
何故“あなたの事は好きじゃないから”と言えないのだろう‥。自分の気の弱さに腹が立った。

『汚いなんて思わないよ。ゆえの体だもん』
好きな男に言われると泣ける程嬉しい台詞なのに、何故相手はガマなのか‥。

顔を引き寄せられ、またキスされた。
やめてくれってんだい、まったく!!プンプーン≡3と、小心者な私が怒れる筈もなく、もうされるがままだった。

すると、ガマはスカートの中に手を入れ、『もうこんなに濡れてるよ』とありがちな台詞を吐き、パンツの上からアソコをなぞり始めた。
いきなりな行為に、私は不覚にも声をあげてしまった。

目の前の生物はガマ。
なのになのに‥体は正直である。

触られる度、ガマの服を握っている手に力が入る。

栗をいじられ、私の声が高まって行くと、ガマは指の動きをとめる。
もっと触って欲しいのに恥ずかしくて口に出せないし、もう涙目状態である。
ガマはそんな私を見て、『何処をどう触って欲しいの?』と徒に訊いてくる。

屈辱である。

しかし、相手がガマでも気持ちよくなりたかった私は、『直に触って欲しい‥』と言った。
『イジメてゴメンね』と、語尾にハートを付けながら言ったガマは、私のパンツを下ろし、ベッドに座ったままの体制で脚を広げられた。

恥ずかしさのあまり『見ないで』と言うと、そのまま寝かされアソコを舐められた。
栗を舌先で押してきたり、転がされる。『汚いよ』と言ってもやめてくれない。ガマは手を延ばし、胸も同時に揉んでくる。
声を我慢する余裕はもう無かった。
ガマに音を立てながら舐められ、益々興奮し、イキそうになった。

『ねぇ、イキそう‥』と言うと、ガマは指を入れ動かし始めた。
羞恥心は二の次になっており、私は喘ぎ続けイッてしまった。


朦朧とする中、『イッっちゃった?アソコもちっちゃいんだねぇ。俺のチンコ入るかな?』と言う声が聞こえて現実に戻された。
ガマはいつの間にか全裸になっていた。

そうだ‥まだ終わってはいない。

ゴムを着けたガマの高麗人参が挿入される。
『痛っ‥』
久しぶりのセクースだからなのか、ガマが下手だったのかは知らないが、痛みが走り声に出てしまった。

『ごめん!大丈夫?』と優しく問うガマ。
顔は見ていなかったので、優しく『うん』と答えられた私。

再び高麗人参がゆっくりと突き進む。

『あぁっ‥』
痛く、気持ち良い感覚に襲われる。

ガ『ゆえ、あったかくて気持ち良いよ。俺、すぐイッてしまいそう。』
私『私も、またイキそう‥』

ガマの腰の動きが速まり、卑猥な音が部屋中に響く。

この殺風景な部屋で、私は蛙と目合っている。
でも、そんな事はもうどうでも良かった。

『俺、もうイキそうだよ!』と発狂する蛙を尻目に、私は天井を見ながら果てた。
その間、ガマは『ゆえ、好きだよ!愛してるよ!!』等と叫び、イッた様だ。



冷たい感覚に襲われた。


私は蛙とセックルしてしまったのだ‥。
隣には、ガマ色でよく分からぬが、頬を染めた生物が横たわっている。
人として、何か大切なものを失った気がした。

ガ『俺、凄く気持ち良かったぁ。ゆえは?』
『シャワー浴びて来る‥』私はそれしか言えず、目眩を感じながらも浴室に向かった。
ガマが入って来ぬ様、しっかり鍵をしめて。

その後、言葉に出来ない後悔と共に、念入りに洗ったのは言うまでもない‥。

部屋に戻ると、『一緒にお風呂入りたかったのにー』と、頬を膨らませて言うガマ。
何も口にする事が出来ず、ドライヤーを借り髪を乾かしていたら、ガマの携帯が鳴った。

交尾に突入する前に、もしもこの電話が鳴って居たら、私は‥私は‥

すると、高らかなガマの声が『てか、もう電話かけて来ないでくれるぅ?』
どうやら元カノらしい人物の様だ。

『俺、彼女出来たんだよねぇ!!今、一緒に居るから電話代わってやるよ!』と言い、私に電話を渡すガマ。

ちょっと待て‥何が何だか解らない。ひたすら首を横に振るしかなかった。

私はガマの彼女???さっきのセックルは契約だったのか?!

電話を代わろうとしない私を見て、ガマは元カノに『お前、キモイんだよ。俺は今、彼女とエッチしたばっかで幸せだからさ。同棲する事にしたから。』等と言い放ち、電話を切った。

何て奴だ‥。

私は無言でドアに向かった。
ガマの『え?!待ってよ!何で帰るの?!!』と言って掴まれた腕を振り払い、部屋を後にした。

その後、一日に何回も電話やメールが来たが全て無視。仕舞には携帯を解約した。

それ以来ガマと会う事は二度となかったが、あの優しいエッチは忘れられません。
内容は普通だと思うけど、雰囲気がとても優しかったのです。