セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談102

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【チャット】左の乳首を舌でいじられながら、右手はマムコに【出会い】

昨年秋、恋人と別れて人恋しくなっていた私は、空いた時間によくチャットをしていました。

チャットでの会話が盛り上がり、メルアド交換し、実際何回か話をした人が、今度出張で こちら(関東→中国)に来るというので、逢う約束をしました。

当日、携帯を鳴らしながら待ち合わせ場所に行くと、村田雄浩から色気を抜いた風貌の人が……
通話ランプの付いた電話を片手に手を振っていました……

一瞬固まった私でした

村田さんはズングリしていて、髪は多いけど東野幸治みたいに、天パでチリチリしていました。バツ1で34歳って言ってたけど、その油断した体型は、奥さんいるだろーって思いました。私は24歳でした。

喫茶店に入り、他愛のない会話をしました。
「しまちゃん若く見えるねー。ちょっと前だったら淫行で逮捕されてたよ。」
若いと言われても嬉しくないし、最初から村田さんは、ヤる気マンマンの様子。
私は「この人に抱かれるなんてムリ、絶対無理!」と思いながら、愛想笑いをしていました。

ドライブに行こうという事になり、車を借りました。
村田さんは何度もこちらに来ているらしく、スイスイ車を走らせます。
やがて、海が見えてきました。

私は、尿意を感じ、「トイレ行きたい」と言うと、
村田さんはコンビニの駐車場に車を停め、私はトイレに行きました。

車に戻ると、何故かシートが水平に倒されていました。
私「村田さん…これ、どういうつもりですか?」村田「まぁ座ってよ」
納得いかないまま座ると、そのまま村田さんは覆い被さってきました。

うぐ~っ、くるし~

村田「しまちゃん、可愛いよ、俺、我慢できなくて…」
凄い圧力で乗りかかってきて、煙草臭い息がかかります。
私「こんな所じゃ嫌っ!」
村田「じゃ、静かな所に行こう」

…そういう意味じゃないんだけどな…

海岸に着くと、晩秋の冷たい風が吹いて、私はクシャミをしました。
村田「しまちゃん、風邪ひいた?暖めないとね」……後ろから抱き締められました。

きもいんですけど…
暗がりなので、だんだん気にならなくなりました……
そして、村田さんの唇が私の頬に触れ、唇に触れ、キスをしました…

今までヤセの人としか付き合った事がなかったので、ガッチリ系の感触は新鮮でした。

何か、暖かく、守られてる、とてもいい感触でした……
この時、私は性欲に負けました。
キスも厚めの唇でふんわり包み込む感じで、

溶けました。

「寒くなってきたね、ホテル行こうか」村田さんの声に、私は首を縦に振りました。

ラブホに着き、エレベータに乗ると、村田さんは後ろから抱き締めて来ました。
「俺ずっとしまちゃんとこうしたかったよ」
イケメンが言うとキュンとなる台詞も村田さんだとコント臭く聞こえ、
私は心の中でプッと吹きました。

部屋に着いて、先に風呂に入りました。
念入りに身体を洗ってると、

「背中流すよ」
太鼓腹がまぶしい村田さんがっ

「ちょっと待って下さい!恥ずかしい!」
本当は全裸の村田さんに笑いが止まらなくなりそうだったけれど、必死でごまかしました。

私があがり、村田さんもあがると、長いキスから始まりました。
顔を見ると笑いが込み上げそうなので、ずっと目を閉じて舌を味わいました。

以外と巧い、村田さんでした。

愛撫がだんだん降りてきます。
胸を揉み、乳首を触られます。
「大きいのに、乳首は小っちゃくて可愛いね」

村田さんの舌が私の乳首を捕えます。
舌先でツンツンつつかれ、唇できゅっと引っ張られ、舌の裏側でレロレロされます。

予想外の技巧に、快感が全身を駆け巡ります。
「あ、あっ、気持ちいいっ」
声が漏れた私です……

乳首でこんなに感じたのは初めてで、「左も舐めてぇ」とおねだりしてしまいました。

左の乳首を舌でいじられながら、右手はマムコに…

村田「うわっ、凄い、トロトロだよ…濡れやすいの?しまのマ*コ」
…いや、いつから呼び捨てなんだよ、と思いながらも、恥ずかしさでさらにマムコから液が溢れ出す悪循環。
恥ずかしがっているうちに、村田さんは顔を私のマムコに近づけます。
期待と不安で訳が分からなくなる程…


感じていました。

村田さんはマジカル・タンの持ち主でした。
小陰唇を舌の先でつつーっと舐め、ビラビラを一枚ずつ唇で引っ張り、溢れた液をすくい、クリに擦り付け、クリを吸い、舐め、つつき……クンニはこれまでは嫌だったのだけど、、、
快感です。たくさん喘いで、訳のわからない言葉を発してしまいます。

村田さんは下半身を私の頭に持って来て、
「舐めて」と言いました。
横向きの69になりました。

村田さんのティムポは並でした。私は大きいモノが好きではないので、有り難かったのですが、
村田さんは、大きさに大層自信のある様子でした。
玉が弱いらしく、そっと触ると、間寛平氏の様に「アヘアヘアヘアヘ」と声を出す村田さん。
…笛をしながらプッと吹いてしまいました。

ヤバイ、顔を見ないようにしないと……
笛に集中する私でした。

やがて、村田さんの亀頭から、我慢汁が出て来ました。
弛緩しきった村田さんの顔は、やはり可笑しかったのですが、段々慣れてきました。むしろ沢山感じてくれて、嬉しくなる自分がいました。

「しまのマ*コに入れたいよ…ねぇ、上に乗ってよ」
つまり、騎乗位ですか…「腰が痛いんだよ…」

情けな~

考えようによっては、騎乗位は密着度低くて、快感に集中できるかも…
と思いながら、
村田さんのティムポを掴み、ゆっくり腰を沈めます。

並の大きさながら太さのある(湯のみみたいな形でした)村田さんのティムポは、
スルッと入り切れず、何度か前後をこすりながら、ジワジワ入りました。

圧迫感がありました。

騎乗位はあまりしたことがなく、
どう動いたらいいのか分からくて、ぼおっと乗ったままでいると、
下から突き上げられました

……腰が痛いんじゃなかったんですか???

「しまのおっぱい…」
手が伸びて、私の胸をゆさゆさ揉んできます。
「来て……」
上半身を落とすと、村田さんは無心に乳首に舌を這わせました。


胸とマムコ、快感が同時に湧き上がります……

「しま、いいよ、吸い付いてくるよ…前後に動いてごらん?」
村田さんはリードが巧く、私はマインドコントロールにかかったように、腰を前後に動かします。

ちょうどクリに当たるのです。

ちょっとなにこれ、うそっっ、きもちいぃぃ

声にならない声を出して、イッてしまいました……

先に果てた私でした。

村田さんは特にイかなくても大丈夫らしく(初めて聞きました)
シュルシュルとティムポがしぼんでゆきました。

シャワーを浴び、眠り、翌日の朝別れました。
やはり目覚めると、魔法が解けたように、村田さんの顔はブサいなぁ、と思えてくるから不思議です。

その後、何度かメールをやりとりしましたが、だんだん途切れてゆき、
私に恋人が出来てからは全く連絡が途絶えました。