セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談117

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】エロいフェラが急激に俺を興奮させた【女マネ】

大学4年。
俺はある実業団チームを持つ会社から声を掛けられており、ほぼ内定を頂いていた。
就職の条件については監督やコーチに任せていた。
今と比べるとかなりの高条件で俺達の代は恵まれていたと思う。
俺は卒業後のことについて何の不安も感じていなかった。
俺はまだ若く幼なじみの彼女との結婚についても何にも考えていなかった。
自由に出来る時間も増え、俺はただ、今が楽しければそれでいいと考えていた。
それでも朝の自主トレだけは欠かさなかった。
(これはメニューを軽くして現在も続けている。)
朝早く起きて近くの公園までジョギングし入念なストレッチをしてから腕立てと腹筋などの筋トレを組み合わせて何セットか行う。
俺は朝のさわやかな空気や誰もいない静かな街の佇まいが好きだった。

ある晴れた金曜日の早朝。
いつものように公園にジョギングで向かうと公園の遊具と少し離れた広場に
見慣れた人影があった。
同学年の女子マネージャーだった。
スレンダーで背が高く顔は整っており、どこかのモデルかと思わせるルックスをしていたが性格が男勝りで気が強く、本当は気の弱い俺は苦手なタイプだった。
女子マネとしての彼女はすごくしっかりしてて、真面目でよく気が付くし黙々とした働きぶりが部員たちにも人気があった。
その彼女が思い詰めた顔をして立っていた。
俺は驚いて声を掛けた。

「おー。おはよう。珍しいね。どうしたの?」
女マネ「○○(俺の部屋係の後輩)から聞いた。毎朝ここにいるって」
俺「うん。自主トレしてるんだ。目が覚めるよ」
俺はストレッチを始めた。
女マネ「邪魔して悪い。………実は悩みがあるんだ。聞いてほしいんだけど…今日練習終わったら会ってくれない?」
と単刀直入に俺に聞いてきた。
自意識過剰な俺は一瞬こいつ俺に惚れてんのかなーと思ったが
言うと殴られそうなので黙って考えた。
俺には大好きな幼なじみの彼女がいるのは知ってるはずだし、
女マネと仲の良い別のマネージャーから、家庭環境がかなり複雑だと聞いていたので、
そっちかなと思った。俺に思い詰めたように相談したいことがあるということは、
かなり困ってるんだろ。
金か?俺の貯金はいくらあっただろうかと考えた。

今夜は幼なじみの彼女の部屋へ行くはずだったが、女マネの悩みを出来る限り聞いてやり、
助けることができるのならば助けてやろうと思った。下心は本当になかった。
俺「いいけど。午後7時すぎになるよ」
女マネは少しほっとしたような顔をして時間と場所を指定してきた。
近くの駅前の全国展開しているおしゃれ系な居酒屋だった。
二人きりで酒を飲むのは、ワンルームマンションで俺の帰りをじっと待っている幼なじみの彼女に少し悪い気がした。
でも悩みを聞くだけだからなーと自分を納得させ了解した。

約束の時間に店に行くと女マネは店の前で待っていた。
いつもの見慣れたジャージではなく当然私服だった。
ローライズ気味のジーンズを履いていて足の長い女マネによく似合っていた。
引き締まった下腹が少しだけチラッと見えてた。
不覚にもこんなに可愛かったんだなと思ってしまった。
俺は女マネの長袖ちびTのすそを持ち上げてへそを見たくなる衝動にかられたが、
絶対にそこを見ないよう視線を逸らし平静を装った。
女マネは予約していたようで俺達は個室に通された。

幼なじみの彼女以外の女の子と二人で個室にいるのは初めてのことだった。
「何、緊張してんの?」
女マネは笑った。
「し、してねーよ。悩みをきくだけだろ」
俺は動揺したが、ポーカーフェイスで言った。
「○○(俺の苗字)は正直だねw 平静を装ってもすぐに分かるよw」
女マネはまた笑った。
俺は無視して店員を呼び、とりあえず大生を2つと腹も減っていたので
がっつり系のつまみを何皿か頼んだ。女マネも「それでいい」と言った。
くだらない仲間の噂話や先輩たちのその後のこと、コーチの悪口とかで妙に盛り上がった。
女マネはなかなか本題に入らなかった。
飲むペースが異様に早かった。
少しだけやばい気がしてきた。
女マネの長袖ちびTの下が気になってきた。
早く抜け出して彼女の部屋に行かないとまずいと思ったが女マネが楽しそうで悩みの事を
聞けなかった。

「卒業したら会えなくなるね」
突然、女マネは感傷的に言った。
その言葉を聞いて俺は急に大学生活の全てがすぐにでも終わりそうな気がして寂しくなった。
卒業すれば多分もうほとんど会うことはないと思ったが口に出来ず俺は黙った。

しばらく沈黙が続いた後、女マネは言った。
女マネ「○○(俺の苗字)は選手としてダメだ」
俺はカチンときた。
女マネ「性格が弱すぎる」
追い討ちを掛けるように言った。
図星だった。監督にも言われていたことだ。(詰めが甘い。最後の頑張りがない。
性格が弱いからいいもの持ってるのに一流になれない。怖がり。気が弱いから鬼になれない。
強くなれ。鬼になれ。そうすればもう一つ高いところに行ける。)
監督から叱咤される時の言葉が頭に浮かんでは消えてく。

女マネから言われなくてもそんなことは一番俺がよく知ってる。
そして、いくら努力をしても変えられなかった俺の欠点だった。
…俺にもプライドがあった。
「おい。さすがの俺でもそれ以上言われたら怒るぞ。」
俺は女マネの目を見ずに言った。

「いいよ怒ってよ。……なんで今日来たの?」
挑みかかるように女マネは言った。
俺は少し冷静になり
「いつもしっかりしてるお前が悩んでるって言うからだろ」

女マネの目からみるみる涙が溢れてきて一滴こぼれた。
「いつもそう。○○は優しすぎるんだよ。それに鈍感。私の悩みのひとつはあなたのこと
言わないと思ったけど、聞いてくれるって言うから言うけど……
私はあなたが好きなの……どうすればいい?」
と一気に言った。
俺はドキドキとしてきた。やばいと思った。
それでも、
「酔ってるだろ。…俺には大事な彼女がいる。無理に決まってるだろ。
 聞かなかったことにしてやるから帰ってもいいか?」
と俺は突き放した。
「それは知ってる。でもあなたは来た。」
少し神経質にいらいらとして女マネは言った。
「悩みがあるって言ってたからだろ。じゃ、帰るな」
俺は繰り返し言って席を立とうとした。

「待って。もうひとつの悩みを聞いてよ。」
女マネは必死に言った。
朝の思い詰めた顔を思い出し
俺は座りなおしてウーロン杯を一口飲んだ。
「何だよ?」
「絶対誰にも言わないで。私誰にも言ったことないから…」
女マネは長袖ちびTの左腕の袖をゆっくり捲り上げて俺に二の腕の腹側を見せた。
俺は思わず2度くらい見返し衝撃を受けた。
何本もの痛々しいリストカットの傷痕が残っていた。
「私は汚ない。大嫌いな人にしか抱かれたことがない。」
彼女は自嘲気味に微笑んだ。
「でも感じてしまう。」
女マネの目にまた涙が浮かんできてた。
俺は何も言えなかった。
掛ける言葉が見つからなかった。

女マネは俺の目をみつめて
「一生に一度でいいから大好きな男の人に抱かれたい」
と静かに言った。
女マネは息継ぎをしてゆっくりとまた口を開いた。
「…だから、抱いて」
俺の口はパクパクしたが声にならなかった。

俺達は店を出た。
少しだけ涼しい風が頬を通り過ぎた。
女マネはふらふらと俺につかまり歩いた。
女マネのアパートは近かった。
部屋の前まで行き彼女がドアを開けた瞬間、俺は帰ろうとした。
だが腕をつかまれ引っ張られ部屋に入ってしまった。
女マネは鍵を締めた。
俺はついに覚悟を決めた。やろうと思った。

女マネは俺の唇を吸った。
無理矢理舌が入ってきた。俺もそれに答え彼女を抱きしめた。
力を入れれば折れてしまいそうなくらい華奢だった。
いつもならディープキスでびんびんなのに全く起たなかった。
俺と女マネはキスをしながらベッドまで歩いていった。
女マネはキスをやめると俺のズボンとパンツを下ろし元気のない俺のチン○をくわえた。
吸い付きながら舌も使われ口全体を使って前後に擦られると俺の愚息はすぐに脈打ち
勃起してきてしまった。
少し恥ずかしかった。
女マネは嬉しそうに笑って
「すごい。すぐ大きくなったw」と言った。
普段の女マネからは想像できないエロいフェラが急激に俺を興奮させた。
俺は彼女を立たせ今度は俺がひざまずくとゆっくり長袖ちびTのすそをめくりへそを舐めた。
彼女は「んっ」といいながらもともと細い腹をさらに引っ込めた。

それからローライズジーンズを脱がせた。水色のTバックを履いていた。
俺はおー!Tバック!と思ったがそれには触れず、ちびTを脱がせ片手でブラのホックを外して小さめのおっぱいを揉んで乳首を吸った。
俺は自分の足に絡まってたズボンを脱ぐついでにポケットの財布からゴムを出して
速攻でくるくる着けた。
女マネを後ろ向きにして手をベッドに置かせてTバックを脱がさず、横にずらして前戯もせずにいきなり突っ込んだ。
女マネはのけぞってあえぎ声を出した。
気の強い彼女を後ろから力任せに腰を振っている状況がさらに俺を興奮させた。
彼女のあそこからとめどなく愛液が溢れてきてグチャグチャぱんぱん音が出てきた。
しばらく全力で腰を振り続けていたが、早漏のはずの俺なのに全然いきそうもなかった。

女マネは息も絶え絶えに手を伸ばしてこちらを向きたがっているようだった。
彼女は嫌いな男にしか抱かれたことがないと言っていた。

俺は腰を振るのをやめてゆっくり抜いてTバックを脱がし、女マネを仰向けにしてやり
覆いかぶさってキスをした。
彼女は貪るようにディープキスをしてきた。
今度は正常位で入れた。
ぬるぬるで場所を確認することなく、あてがうだけでにゅるりと入っていった。
彼女の中をゆっくりと感じながら抜き差しした。
女マネは
「しゅー。大好き」と俺を下の名前で何度も呼んでしがみついた。

俺はキスをして腰を動かすのを早めた。
彼女のあえぎ声が一際大きくなってきた。
女マネは自分で声が出ないよう枕を噛んだ。
彼女の様子がもう少しでイキそうな感じだった。
今の妻が初めてイったのは結婚してからなので、女の子をいかせたことは俺にはなかった。
俺のチン○でイきそうな女マネが愛しくなってきた。
突きながらキスをして俺も下の名前で呼んだ。
「○美。綺麗だ」
彼女は目をあけて驚いたように俺を見て
すぐに苦しそうな顔になり
「あぁ…いっちゃう」
と言った。

それを聞いた俺は猛烈に腰を動かし突きまくった。
彼女は息が吸えないような状況になり首を左右に振ったかと思うと
激しくクリトリスを擦り付ける感じで腰を浮かせてグリグリ俺のチン○にまん○を押し付けてきてびくんびくんとした。
それを見て俺も突きながら果てた。

俺は後始末してから女マネの脇に横になった。
女マネは俺に抱きつき
「ありがとう。今までで一番良かった。」
と言ってキスしてくれた。
「もう、嫌いな人となんてするなよ。」
と俺は言った。
「うん。吹っ切れた。あんな奴の居る実家には絶対帰らない。」
女マネはさっぱりとした表情で言った。

「さっき居酒屋で酷いこと言ってごめん。しゅーは弱くなんかない。
繊細で優しいだけ。しゅーと可愛い彼女が羨ましくて意地悪を言ってみただけだよ。
本当は心からしゅーを応援してるんだ。だってしゅーの内股(柔道技)は小さい頃
一度だけ試合で見た、死んでしまったお父さんの技とそっくり同じなんだよw」
と涙目で言って笑った。それから女マネは
「ああ何だか、言いたかったこと全部言えたし、私の中がすごくきれいになった気がする。
もう、しゅーを困らせない。今日のことは誰にも言わないけど絶対忘れない。
明日からいつもの私に戻る」と元気に言ってくれた。
俺も一瞬、彼女の苦しみを感じて涙が出そうになったが何とか我慢して
「俺こそありがとう。俺も絶対忘れない。」
と言って女マネの左腕のリストカットの傷痕をなでて、一番大きな傷痕にくちづけした。
女マネは口づけしている俺の頭をなでて静かに涙をこぼした。
「いつかあなたよりいい男見つけるからね」
彼女は笑った。
「いねーよwww」
俺も笑った。