セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談160

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】処女、バージンってことか。あの巨乳はまだ誰にもさわらしてないのか。【JK】

「由紀・・・ああっ由紀!」
激しく自分自身をしごく。
あの女・・・、胸がでかすぎるんだよ!しかもこないだの合宿じゃ17年間彼氏無しだって?
じゃあ、処女、バージンってことか。あの巨乳はまだ誰にもさわらしてないのか。
男がどんな目で見てるか分かってるのか?お前を犯す妄想でいっぱいなんだよ!
「ううっ!」
テイシュの中に大量の精液が放出された。また由紀でぬいてしまった・・・。
脱力感が体中を支配する。立てかけてあった巨乳グラビアを閉じ、机に投げた。
何とかして由紀をレイプしたい。破瓜の苦痛に泣き叫ぶ由紀。
正常位で激しく突かれ巨乳を振るわす由紀。巨乳を揉まれながら後背位で貫かれる由紀。猿轡を咬まされ必死にうめく由紀。巨乳の谷間で肉棒をこすらされる由紀。
「まってろよ、由紀」

市原由紀、17歳。映像研究会に所属する長身のどこにでもいる女子高生。
頭も良く、成績はクラスでも上位に入る。だが、なによりも彼女を際立たせている特徴。
それは細身の体に似合わぬ巨乳であった。
異性は皆釘付けになったが、彼女は世の男性たちがそんな目で見ているとは思っていない。
その無邪気さ、男を知らぬが故の無防備さがより一層野獣たちの欲望をかきたてた。
夏用セーラー服では胸が盛り上がりすぎておへそがチラチラ見えたりする。
体操着で揺れる胸はまるで生き物のよう、水着にいたってはもう犯罪だ。
彼女の巨乳を自由にする妄想で多くの男たちが精液を発射していた。
舐めるように視姦し、網膜に焼付け必死にオナニー。
そんな中、その夢を歪んだ形で実現させようとしていた男がいた。

「市原!」
呼び止められて振り向くと、RV車の助手席から身を乗り出している男がいた。
映研の鈴木だった。別の高校だが撮影などで何度か顔をあわせたことがある。
鈴木はニキビ面でお世辞にも美形とはいえない。背も高くなく、由紀と同じくらいだ。
よっていい役が回ってくるはずも無く、かといって脇役や裏方で努力している風でもない。
やる気なく猜疑心の強い男、それが鈴木の印象だった。
「撮影にいい場所見つけたんだ、ちょっと見に行ってみない?」
「えっ・・・」
由紀は逡巡した。良く知らない男の車に乗るのは気が進まなかった。
「海だよ、海。ラストシーンにいい場所が見つかったんだ。」
「海!?」
いま映研が撮影している映画は、大詰めを迎えていた。最後のシーンは海辺なのだが、これといった場所が無く部長は悩んでいた。

「そう、海。少し遠いけどイメージぴったり。部長たちも電車で先に行ったよ。」
部長たちも・・・、そんなにいい場所なのだろうか?由紀の映画魂に火がついた。
「さ、乗って乗って!」
促されて由紀が後部座席に乗り込むと、運転席には鈴木と同じ高校の林がいた。
「じゃ、おねがいしまーす」
鈴木と林は一瞬だけ目を合わせ、かすかに唇をゆがめた。獲物は罠にかかったのだ。
運転中、林は後方確認するふりをして何度も由紀の制服を押し上げる胸を盗み見した。
由紀はそんな視線に気づかず外の景色を眺めている。他愛ない雑談を続け、1時間くらい走った後車は海岸に到着した。
「ぎりぎりまで近くに行くから」
そういって林は器用に車を操り砂浜の手前あたりに車を停めた。
「ここなの・・・?」

お世辞にも綺麗とはいえない浜辺だった。
人気の無いプライベートビーチといったところで、もちろん辺りに人はいない。
果たしてこの場所で撮影するのだろうか?
「まだみんな来ないなー、ちょっと海にいってみようか」
鈴木は由紀のようには考えていないらしく、海で遊びたいようだ。
「おお、行こう行こう」
林も同意して二人は車を降り、砂浜を歩いていってしまった。
由紀は降りずに見ていたが、彼らは靴と靴下も脱ぎ海水に脚を浸している。
「市原も来なよ!気持ちいいよー」
暑い日差しの中、冷たい水は確かに気持ちよさそうだ。由紀も車を降り、砂浜を歩きだした。靴と靴下を脱ぎ海水の冷たさを感じながら彼らに近づいていったが、結構遠くまで行っているようで、スカートが水につきそうだ。
膝上5センチのスカートを若干持ち上げながら由紀は進むことにした。

不安定な足場で靴と靴下を脱ぐ由紀。男たちの視線は下半身に釘付けだった。
見えそうで見ないのがますます性欲をかきたてる。
スカートをたくし上げる動作で由紀の白い太腿が露になり、もうあと数センチで下着が見えそうだ。鈴木も林も前かがみになり、直立した男性自身を悟られないよう必死であった。
水遊びを終えて車に戻ったが、まだ誰も来ないようだった。
由紀が足を拭いて靴下と靴を履く時、チラリと白い布が露出したのを林はミラー越しに見逃さなかった。
(やっぱり白か!処女はこうでなくっちゃね・・・)
「なかなか来ないなあ」
鈴木がぼやきながら由紀の隣の座席に乗り込んできた。
「ねえ、電話してみたほうがいいんじゃない?」

狭い空間で鈴木がやけに近いような気がする。由紀は窓側に身を寄せながら言った。
「あのさあ、市原って男と付き合ったこと無いの?」
「えっ?」
「17年間彼氏無しらしいじゃん、どうして?」
「・・・」
なんでそんなことを鈴木が知っているのだろう?前回の合宿で女同士で好きな人の話になり、彼氏なし歴17年を打ち明けたのを誰かしゃべったのだろうか?
「市原って胸、デカいよね」
林が運転席から振り向いて言った。視線は遠慮なく由紀の胸元を捉えている。思わず由紀は視線から胸を守るように腕組みをした。

「学年で1番の巨乳だよね」
「やっぱり肩こりとかするの?」
「ちょっと!いい加減にしてよ!もう私帰る!」
その瞬間、鈴木の手がさっと伸び、由紀は胸をいきなり鷲づかみにされた。
「!」
制服越しとはいえ、鈴木に胸を下から持ち上げるように揉まれてしまっているのだが、あまりに唐突すぎて由紀は一瞬固まってしまった。
その隙を突くように鈴木は抱きしめるようにして顔を近づけてきた。
あっと思う間もなく由紀は鈴木に唇を奪われていた。(ファーストキス!こんな不細工な男に!)
動揺しながらも必死に鈴木を振り払った。
「いや!やめて!」

鈴木は調子に乗ってセーラー服の下から手を差し込み、ブラ越しに胸をつかもうとしている。
男の欲望に燃える強い力に由紀は驚かされたが、何とか押し返そうともがいた。
突然、背中がガクン!としたかと思うと由紀はいきなり仰向けになり、車の天井を見上げる態勢になった。
直後に頭の上から手が伸びてきて、両手首をつかまれバンザイをするように押さえ込まれてしまった。
「へへへへ」
林のいやらしい声で由紀はようやく悟った。林が後ろから回りこみ、座席を倒したのだ!振りほどこうと必死に力を込めるが、両手はビクともしない。
「無理無理、もう逃げられないよ」
鈴木が下卑た笑いで由紀を見下ろしながら、由紀の股の間に腰を割り込ませてきた。

「これから何されるか分かるよね?」
由紀は何も答えず、震えながら顔を横に背けて鈴木のほうを見ないようにした。
「まずは、おっぱいからだな」
鈴木はセーラー服のリボンをほどいて引き抜き、横のジッパーを上げて上着をズリあげ、現れた白いブラジャーに包まれた巨大な胸を凝視した。
「デカいブラしてんなー、巨乳用って種類が少なくて探すの大変なんだろ?」
「おっぱいが締め付けられて苦しそうー」
「なら早く解放してやれよ」
「わかってるって」
「どうやって外すんだ?」
「前にホックが無いってことは後ろだろ」
鈴木が胸に顔をうずめるようにして背中に両手を回してきた。

「いや!いや!やめて!」
必死に体をゆするが両手の自由が利かない上に体重をかけられてはほとんど効果が無い。
「おっ、これか!おい、じっとしてろ!」
「何手間取ってんだよ」
「上手くとれねえ、いくつもホックがありやがる」
「おっぱいが大きいと支えるのに力がいるんだな」
「よし、全部外れた!」
由紀は思わず目をきつく閉じた。負荷を失った胸が、弾むように露になり、男たちから歓声があがった。
初めて異性の眼前に晒される胸。あまりの恥ずかしさに由紀は耳の付け根まで赤くなるような気がした。
視線から逃れるように体をゆすると豊かな胸が波打ち、かえって男たちの興奮を高める結果となった。

「うおおお!」
鈴木が白い乳房にむしゃぶりついた。顔をうずめ、激しく揉みしだき、こねまわしている。痛いほど胸をつかまれ、由紀は顔をしかめた。
「何食ったらこんなにデカくなるんだ」
「乳首は小さいな、10円玉くらいか」
「あああっ!」
鈴木に乳首を吸われ、由紀はのけぞった。男2人に組み敷かれ、乳首を吸われている今の自分が信じられない。だがこれは夢ではない、現実だ。男を甘く見た罰だ。
吸っては揉み吸っては揉みを繰り返し、鈴木は飽きることなく由紀の胸を弄び続けている。

「おい市原、オマエこのデカパイ本当は自慢なんじゃないの」
「水着とかメチャクチャ目立つじゃん、男が見てるの知ってんだろ」
「合宿の時もタンクトップとか着やがって見せ付けてただろ」
嬲られ、苦悶の表情を浮かべる由紀に林は執拗に言葉を浴びせてくる。手を押さえているので巨乳が目の前にありながらおあずけ状態なのが林をいっそう苛立たせた。
「おい、早く代われよ!」
下半身の欲求がもう限界寸前の林は半ばキレ気味に怒鳴った。
「わかったよ、そう怒るなよ」
鈴木は名残惜しそうにおっぱいを離すと、由紀のスカートをめくり上げた。細い腰に、縦一本のヘソ、真っ白な太腿。そして下着も純白の木綿、フリルで縁取られており、ヘソ下にリボンがついている。

「いや・・・」
とうとう由紀の目から涙がこぼれた。
「セーラー服の下は生ブラ、スカートの下は生パン、こんなのでよく歩けるな!裸同然じゃねえか!」
「純白下着、たまんねーな!じゃあ、いただくぜ」
鈴木の手が下着の両端にかかるのを感じた由紀は必死に哀願した。
「お願い、やめて・・・」
「へへへ、嫌がられるとますます興奮するぜ」
下着がゆっくりと下ろされていく。太腿、膝、脹脛、足首と通過して由紀の股間をさえぎるものは無くなった。薄い繁みが外気に触れて由紀の恥ずかしさは最高潮に達した。

鈴木はカチャカチャとベルトを外し、ズボンとパンツを脱いだ。勃起しすぎてパンツを脱ぐのに少し手間取ったが。肉棒はそそりたち、赤黒い怒張で脈打っている。我慢汁で亀頭周辺はもうベトベトだ。
「市原、オマエ処女なんだろ」
由紀は答えなかった。自分の惨めさに涙が止まらない。
「実は、俺も初めてなんだ、オマエの誰にも触らせたことの無い部分に俺の誰にも入れたこと無いチンコが突き刺さるってわけだ」
由紀の股間に鈴木は手を伸ばし、秘所をまさぐり始めた。
「ああ、いやっ!」
「この辺か?これか?」
嫌がり、悶える由紀を無視して乱暴に指をいれ、かき回す鈴木。のたうつ由紀が暴れる度にユサユサと汗ばんだ巨乳が揺れる。

「どうやらここらしいな」
狙いを定めた鈴木は由紀の股間に肉棒をあてがった。入れようとして腰を突き出すが、由紀が動くせいで滑ってうまく入らない。
「いやっ!いやっ!」
必死に抵抗する由紀。業を煮やした鈴木は由紀の両脚を持ち上げ、自分の肩にかけた。そしてそのまま前傾することによって由紀の動きを封じることに成功した。
「よーし、もう観念しろ」
ゆっくりと鈴木は挿入を始めた。由紀は下半身に異物が押し込まれてくるのを感じたかと思うと、突如激しい痛みに変わった。

「い、痛い・・・」
「おい、はいったのか?」
「いや、まだ先っぽだけだ、中々入らねえ」
「もっと押し付けろ!」
きつい肉襞に亀頭を包まれ、鈴木はとろけそうな快感を味わった。だが、まだに肉棒は大部分残っている。錐をもみこむように鈴木はグイグイと腰を押し付けた。
「痛い・・・やめ・・・」
メリメリと貫かれ、とうとう肉棒は由紀の花芯にすっぽりと納まった。
(あったけー)
鈴木の脳から大量のドーパミンが放出され、夢中で腰を前後に振った。
(これが、オマンコか!最高だ!)
しかも相手は夢にまで見た処女巨乳の由紀。オナニーではない、実際に犯しているのだ。
「ああ、あああっ!」

10回ほど腰を前後したところで鈴木はあっけなく射精してしまい、ドクンドクンドクンと大量の精液が由紀の膣に注ぎ込まれた。股間から肉棒を引き抜くと、白い精液に混じって血がついている。由紀の太腿にも鮮血が一筋、破瓜の血だ。
「うっううっ・・・」
由紀はもう抵抗する力も無く、泣きながら嗚咽を漏らしている。
「よし、俺の番だ!」
林が由紀の胸に吸い付いた。
「やわらけー!」
「パイズリやらせよーぜ」
「俺はバックからやってみてーな」
「市原、オマエの胸がデカいのがいけないんだぞ、だからこんな目にあうんだ」
由紀が解放されたのはそれから3時間後。体内に4発、顔面と胸に2発の計6発の精液が発射された。昨日までの由紀は、もう帰ってこない・・・。