セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談218

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】ペタンと座りこむと冷たい床が私の陰部を気持ちよく冷やしてくれた【少女時代】

小4くらいだったかな…クラブしていて、帰りのチャイムが鳴ったから、皆帰ってしまった
私は家が嫌いだたから、帰らずギリギリまで教室にいた
先生が放課後『早く帰れ』って言ってたんだけど、帰りたくなくて少し泣いたら抱き締めてくれた
…たぶん哀れんだんだと思う

私の頭の中のスイッチがオンになったのを覚えてる

先生の少しザラザラのほっぺに自分のほっぺを当てて、 私『ほっぺたきもちいいね』って言ってから、そのまま首の根元に顔をうずくめたんだっけかな
そしたら抱っこして机の上に座らされた

机の上に座るのは悪いことだから、先生の顔色を伺っていたら、先生『家で辛いことでもあるのか』と聞いてきた
(ちなみに私は片親)
優しくて嬉しかったけど、私は結構冷めている人からかな…私は『でたでた…』って感覚になって少しイラッとした
でも甘えたい気持ちもあったから、先生の服を少し引っ張ってみた。そのまま先生は、自分の話をグダグダ喋り初めてたけど、内容なんてどうでもよくて、私には帰らなくていい一つの理由ができただけ
んで、なんか一人漫談が終わった先生のに抱きついたか抱き寄せられたかは覚えてないんだけど
ぎゅうってした

先生の匂いが心地よくて、「悪くないな~」とか思っていて
でも先生が私を引きはなそうとしたから
私は首をふって「イヤイヤ」して、もっとぎゅうってしたら、
先生にでっかいため息をつかれてしまった。
私は、今もなんだけど他人に拒否されることがたまらなく怖い性格で、先生のため息が私には物凄い拒絶されたと思った

私『ごめんなさい』って言って先生から離れようとしたら
先生が苦しいくらいのぎゅうをしてくれた。でも私は軽くパニック状態
(私のわがままでイヤイヤ抱きしめられてるのが怖かったから)

その時多分私は震えていたか泣いていたんだと思う
先生が『大丈夫、大丈夫』って背中をさすってくれてた
少し落ち着いて私も空気変えなきゃと思って、私『先生の服しょっぱいよ(笑)』って言ったら
先生は私のおでこを舐めたかキスして先生『○○もしょっぱい(笑)』って言われた
たまらなく恥ずかしくて、またぎゅう~ってしたら、おへその下に固いものがあった
(今思えばフルボッキの状態ww)

私は父親いないし何かわからなくて、先生の顔を見て「なんかあるよ」ってアイコンタクトした

先生はそのアイコンタクトに応答してくれなくて、私はそこまで気にしなくて、そろそろ帰らなくちゃいけないのかなって思ってたら

先生が私の肩の紐をスルッと腕から外して、制服のシャツの裾をスカートの中から出して、シャツの中に手を入れて背中をさすりながら、うなじを手でつかんできた
(制服はちびまるこちゃんみたいなやつ)
なんか緊張?抵抗?してしまい背筋がピーンッてなっていたのを覚えてる
先生は『○○は背中汗沢山かいてるな』って言って
そのまま、うなじを重心?にして少し後ろに傾けられた

そのままの体制で先生が私の頭を触ってこっちをずっと見ていた。
時々『大丈夫』って言ってたけどその言葉には…なんか力が入ってなかった
ただでさえ、片手だけで支えられて不安定で怖いのに、
机の上だから私は動けなくて、机の端を両手でしっかりつかんでて、とりあえず先生の見つめる目から目がはなせなくて、そしたらドンドン先生が先生じゃない怖い男に見えてきて、
でも頭を撫でる手は優しくて、そこで人生初めてエクスタシーを感じたんだと思う

どのくらい時間たったかわからないけど
先生がおおきなため息をつきながら少し覆い被さった状態から、私の横に回り込み椅子に座って私のお腹に顔をうずくめた
と思ったらうなじに回した手を腰に回して私の上体を起こした、んでクルッとされてストンってされて、気付いたら先生の太ももの上にまたがされていた…

私も『こんなことはしたらダメ今すぐこの空気をどうにかしなくちゃ』ってわかってたんだけど、好奇心とかが勝ってたんでしょうね

そのまま先生に恐る恐るキスをしてみたのを覚えてます
だってその後先生は激しいディープキスをしてきたから

そのまま先生の行為と私の好奇心は激しくなっていき

私の下着の上から指でなぞっていました
私はダイレクトに触ってほしいけど声にだせなくて
先生もしたんだろうけど躊躇していて

そこで誰かの足音が聞こえたので、パッと先生は私を床に置き椅子から離れました

先生は、我に帰ったようにいきなり明るい雰囲気になっていて
先生『もう遅いから、ちょっと職員室に来なさい』とのこと、滅多に行く場所じゃないから、ドキドキしながら先生についていった。
職員室に入るなり残っている他の先生方にお叱りをうける羽目になってしまった(;_;)先生は荷支度をしながら
先生『○○の下校が遅くなったので送ります』と誰かに(覚えてない)報告をし、車にのせてもらった
車の中で家庭の事を聞かれ、母は8時までは帰らない事を伝えた。晩御飯の心配をされ、コンビニのおにぎりとかを頂いた
そして家に着くちょっと手前の人気のない場所に一時停止した

そこで、男は危ないとか○○は女だから気を付けろとか寝ぼけた事を言ってた……
説教?に近い話しにネタにつきた頃『怖かったか?ごめんな…』と激しく落ち込んでいたから、私は可哀想な事をした気がして先生に
『甘えさしてくれてありがとうございました』って言った気がする…好きとか言ったらいけないことだと思ってたから
だけど気持ち伝え?たくて私は先生にキスをしようとしたんだけど
助手席から身を乗り出して運転席の先生の口まで届かなくてアゴにキスしてしまい
先生が笑ったからすごく恥ずかしくってすねていたら先生がキスをしなおしてくれた。んで帰った

あんな事があってマセタ私は、エロ系でませてる男子の上をいってる感覚になってた
フェロモン?出ていたのか変にモテ始めた
でも先生にバレたくなくて放課後外の公園とかに行って仲良くなった子と遊んでいた
告白とかされて、簡単に『yes』とか言って、付き合ったけど物足りないし生ぬるいし
で家に呼んだりしたけどコロコロとかの話ししたりして、本当にクソつまんない
ようやく抱き締められて何かするかと思えば相手はそれで満足
今考えれば小学生だししょうがないよね

その日の内に、その付き合った男の子に
私『なんか付き合うとか…何をしたらいいかよくわからない』って伝えたら、
少年『ぬいでみて』って私はバンザイしてぬがせてもらって
胸をなめだす…でも何にも感じなかった。
少年は下半身を私にこれでもかってくらい押し当てて
それが本っ当にうざくて少年が帰る時間までそれが続いた
それから会っても避けたり愛想笑いしてたら自然消滅
あげくの果てに、男子生徒にエロ女ってからかわれたり
期待して近づこうとするへんな子ヤンキーがいたりして
日々イライラしてたな

放課後残っていつものように後ろにある歴史の漫画とかを読んでいた
先生が見回りに来る前に帰ろうと気にはしていたけど
会いたい気持ちもあったから際どい時間までいたのを覚えてる
まぁそんなことしてたら、先生に遭遇しちゃって内心ドキドキして何か言ってくるか楽しみにしていた
でも『帰れよ』と言われただけの日が続いた
素直にでもなんか恥ずかしくて逃げるように帰った
だけど先生がいきなり後ろにたっていて『○○』と声をかけてきて物凄いびっくりした日があった

先生『○○はなんですぐ帰らないんだ…あれだけ言ったのに』と説教?語りが始まった
まぁ理由は帰って一人でテレビみるのもつまらなくて
ら○ま1/2とか見てたら鬱になりそうだたから
なんて説明するのもめんどうだから、『帰ってもさみしいから』なんてまるで可哀想な子の模範解答した
先生は『下まで送って行くから帰りなさい』と私に帰宅を促して
それがすっごいさみしくてでも先生の言うとうりにした

荷自宅をして下まで歩いていると、先生があの少年の話の話を聞いてきた。私はすごく言いたくなくて
先生『(少年)と仲良くしてたのか?どこであそんでいたんだ?何時まで遊んでいたんだ』
とまるで取り調べみたいにネチネチと聞いてきて
私は普通の友達だと言わんばかりに普通の答えを返した
先生『変なことしたのか』
と言われた時、私は耐えれなくなって泣いてしまった
先生は何をした何をされたとまるでテレビの父親みたいに怒りながら質問責め
私は首をふるのが精一杯だった(だって少年悪くないし、でも教えたくないし)

先生も落ち着いた頃私も落ち着いてきて
そのまま下駄箱まで送ってくれた
私はこんなことなら、放課後残るんじゃなかったともう放心?鬱状態だたと思う
そのまま靴を履いて帰ろうとしたら
(後で行くから)ってボソッと聞こえた。小さい声だけど絶対に言った
そのまま帰ったけどそわそわして家の外を何回も見に行ったり、お気に入りの服に着替えたりしてた
暗くなってもいないけどやっぱり外を散歩したりしてたww

車はないけど先生がいた…先生はかなりご立腹のご様子
先生『暗いのになぜいるのか、いつもそんなことしてたのか、そんなのだから少年に変なことされるんだ、まだわからないのか』ってな感じだったかな
会えて嬉しいのに物凄い怖いし嫌われたって思った
せっかくおしゃれしたのにって、先生に会いたかっただけなのにって
私はごめんなさいって謝ることしかできなくて、先生が手を引っ張って(私の)家に連れて行った
エレベーターのボタンを押し待っていたら(家はマンション)
なぜか非常階段に連れて行かれた

『ごめんなさい』しか言わなかったと思う
先生は、あのおおきなため息をついて
先生は問答無用に『本当は少年と何をしたんだ』
私は『家にきて遊んでいた事、ギューのこと、付き合ったけどわからないっていったら胸をなめられた事、少年は悪くないから怒らないでほしいこと』を伝えた
今思えばだけど伝えてたとき先生は物凄いキレてたww
先生が『それだけか』ってしつこかったのがもう恥ずかしくて辛くて信じてくれなくて苦労した

先生『もう心配かけさせないでほしい』と私に悲願してきた
私『先生が心配しないようにします。』って泣くのをやめて一生懸命目を見て答えた
(母が謝る時は泣かない約束があったから癖かな)
そしたら先生がひざをついて私を抱きしめて顔を私の胸に当ててきた、先生が大人なのに可愛く感じたし幻想的だった
今でもあの一瞬はまるで映画みたいに感じるくらいです
先生が泣いている気がした

私は先生の汗ばんだ頭をギューってして少し臭かったけど、それが心地よくてしばらくその状態
もう一度『ごめんなさい』って謝ったけど。先生はそのまま何も言ってくれなかった
だけど地面に座って私を上に乗せ、今度は私の肩に頭を乗せてお尻をしっかりとつかみグッと体全体を抱きしめてくれた
先生のズボンの膨らみにしっかりと私の股が当たる状態だった
先生も私もすごく体温が熱くなっていて、私はまたあの性的な気持ちよさを感じていたと思います

私『先生…あつい』って言ったけど何も言ってくれない
喋ったらダメなのかな…私はまた余計な事を言ってしまったのかな…って不安になっていたら
先生はわたしを持ち上げて非常階段の奥に連れていきました
(かくれんぼでも使えるような場所です)
またあの体制に戻り今度は私の首筋に唇を当ててきました

先生は私のシャツのボタンを外して、下着を捲し上げて、胸を触ってきました
私は胸が全くないのでとても恥ずかしかったのを覚えてます
(成長の早い女の子はもうスポブラとかしてたから)
先生はそのまま物凄い猫背になり胸を舐めてきました
少年の時はなんともなかったのに先生にされると、体の力が抜けてしまって
全てを先生に任せていました
先生が怖い声で『少年にされたのはこれだけか』ってやっぱり怒っててその時体がブルッてなったのは自分でもびっくりしました
(多分絶頂に近い状態になった…のかもしれません)

先生『本当にこれだけか?○○はどうだったんだ…嘘ついたら絶対にダメだからな』と私を脅すように問いただしてきて
もう嘘をつくことは許されない嫌われたくないと思い
私『足にずっとおち○ち○をグッてされ……』って答えようとしたら、先生が静かに『あ゙??』って私をにらみました
(これは本当に怖かった)
私完全に怯えちゃって『ごめんなさい』って謝ったけど聞いてくれなくて
下着の上からお尻をつかんで
先生『ここは触られたか』私は触られてない事を伝えました

ふざけんなって静かに暴言吐くから、先生の機嫌とりたくて
私は頑張って大人のキスをしようとチュウして舌を入れようとしたら、先生の舌で押し戻されてしまい
口いっぱいに先生の舌が入ってきて、胸はそのまま触られて、お尻を掴んだ手で私の上体を動かしてそのせいで先生の足の骨が私の股を少し刺激して多分喘いでいたと思います
喘げば喘ぐほど先生の鼻息がすごくなって全ての動きが力強くなっていきました

先生『これがなにかわかるか』
って私にズボンの膨らんでる部分に私の手を持っていきました。私は首を横にふりました。
先生はこれは男が○○を傷つけてしまう証拠の物だって
でも好きだからなるから怖い物だけど怖くない物だって
でも今は知らなくていいって知るときがくるって
だから知るときまで絶対に男の子と二人きりになるなって、わかったかって
私を見つめてきたので頷いておきました

それから私は先生に抱きしめてもらい私はもうろうとなって寝てしまいました
だけど先生が『ヤバいよな~』とか『生徒じゃなかったら』とか言っていたの知っています
ちょっとだけ下着の中を触ったことも………
んで起きたら先生が住んでいるの階まで抱っこして上がってくれていました
そして『また明日な』って優しくお家に帰してくれました

4年に先生と変な関係になってもう2年私は、初潮も始まったし胸も少しだけ膨らんできた…
(人より成長は遅かったおかげで今もひんぬ~幼児体型)
卒業間近、先生との交流はあまりなかった。
土曜日は授業は昼まで、皆はそそくさと帰る。
私は暇だから学校探検に校舎を歩き回った。
んで、先生に遭遇した。話をしようと言うことになり理科室に入った

話してたら今までしてきたことを謝ってきた
私はもっとしたかったっていったら、先生がカーテンを全部閉めた
その後、先生がストーブ着けた。おいでおいでするからそっちにいった
後ろから抱きしめて、服をぬがされた

先生は約束は守っているのか、危ないことはなかったかっていつもの尋問が始まった
私も慣れてきて、ないです。って答えた
先生がこんなことになったのは自分が悪かったんだって言うから、
私『私は先生とギュ~するのが好きです』って今思えばくそガキが、わかったような事いったと思うww
先生『そうだよな』って妙に納得したのは凄い恥ずかしかった
先生は立ち上がりゆっくりと教室の窓の鍵を確認しながらカーテンを全て閉めた
先生は車に荷物をとってくる○○はここで待ってろと命令をしてドアに鍵をかけて、そそくさとどこかに行ってしまった


待っている時間は凄く長かったけど先生が帰ってきた。だけど何ももっていなかったから私を置いてどこかに行く気だったのかと落胆した
先生は寒いだろとストーブに火をつけてくれた。
先生『こっちにおいで』私『うん』
凄く優しかった初めて同じ目線で話してもらった
先生が後ろからギュッて、キスもしてくれた
そのまま自然にブレザーのボタンに手をかけた

ベストに手をかけた時、あることがバレたww
当時スカートの肩紐を外してウエスト部分をクルクル巻いて、丈を短くしていた
先生は呆れたのか、説教をしながらベストを脱がした
先生の方に向きを変えて大人のキスをしながら下着の中に冷たい手を伸ばしお尻を揉まれた

気づいたらブラウスのボタンが外れて下着の中から胸を触られていた
パンツは少しだけ下にずらして、私の股をクニクニ揉まれていた
一番に気持ちのは、キスだから他の行為には恥ずかしいとかキモチイイとかはなかった胸は少し痛かった気がする

足の力が入らなくなって座り込んでも、その状態が続いた
その後、机にすわるように脇を抱え上げて促された
ストーブの火が当たっていた机は変に暖かかった
先生が頭を撫でてくれて、私の耳をなめはじめた。耳が凄くくすぐったくて肩をすぼめながら逃げていたら、先生は私の足を机の上にのせた
(Mじ開脚状態)
先生は満をピタピタって感じで指を着けたり離したりしていた

先生『男が○○にしようとしている事をする、俺は○○が好きだからするからなって』(まだまだなんか言ってた)
私はドキドキしながら頷いた(当時パス*ルっていう未成年専用?H本があったから知識はあった)
そこで初めて満に指を入れた。最初は浅めにドンドン奥になり最後は今の私がされているくらいの激しい手満になった
先生は手を動かしているだけで中腰になりこちらを見ていた
(多分しごいてたんだと思う)

その指がいきなり止まり中腰の先生の頭が股に近づき手で満を広げて私の中に舌を入れてきた。
正直ガッツキ方が怖くて、なんか気持ち悪くて後ろにズリズリと下がっていった
そしたら満を広げていた手が腰に回りグッと先生の方へもっていかれた
私の下半身は少し持ち上げられ見えるのは先生のオデコから上の部分
反対の手は、やっぱりお留守でしたww
先生はもう人間じゃないみたいにがっついて、そしたらいきなり先生が『うっ!!』てなるから
私なんかしたかと様子を見ていたら
先生『○○気持ち悪くないか』って心配してくれました
(今思えば昇天したんでしょうね)

先生がネクタイを外して少しラフな姿になった
私に今から先生のを触らせるから目隠しをしろって
見たかったら自分で外してもいいからって、そのネクタイで目隠しをされた
そして、パンツ越しの珍に手をもっていかれた
『男の人はこんなのからしっこ出してるのかぁ』って思ってたww
先生『俺も○○の触ったから今度は○○が触るか』私『はい』ってなって本物を触ることになった
(長くなるのでぶっとばしで書きます
机から降りて、そのままFをすることになり、パクっと口にくわえた。上下に手を動かす事や珍を満に入れる事を教えてもらった
そして先生が
『今コレを入れてはいけないから俺がかわりの物を用意したから』といい
私をもちあげストーブの近くのパイプ椅子に座らされた
私は目隠しを外せずにいたので後で気づきました

そして先生にネクタイを外してもらって、『本当は布団の上ですることだけど、布団はないから痛くないようにしてあげる』といいパイプ椅子の上でまたMじ開脚
ポケットからクルクル巻いたネクタイをもう1本だしてきて太ももと足を結んできました
(当時柄が似てて手品したかと思てた)
(ここらへん私の意思聞かずにサクサクとご用意をなさりました)
物凄い格好になったら今度はポケットから青紫?の長い卵みたいなのをだして私の口に入れてきました
先生が出し入れする機械を私はひたすらなめていたけど変なイタズラぐらいにしか思えなくて
私『先生いっぱいのチュしたい』ってお願いしました
だけど先生は『後でな』ってしてくれなかった

そのままローターフエラを強要されよだれまみれになった
やっと抜いてくれたかと思うとローターに電源をいれた。聞いたこともない機械音がとっても怖くて、硬直した
(電気でも流れてるとんでもないものかと思た)
先生はそのローターを内ももに当ててきた。ブルブルして少しくすぐったい
ローターが陰部にゆっくり近づけば近づくほど足に力が入った
『思った事を声に出していいから』って先生はいうけど、何をいっていいのかわからない
ローターは私の満スジの上部分をクルクルしていた
(違うそこじゃない中に欲しい)そう思った私はお尻の位置を変えた
『もうそういう事をするの?そんなんだから変な目に遭うんだ』とそのローターを口に入れられた
(イヤだイヤだイヤだ)私は先生の手を握りローターを口から離そうとした

先生はすぐやめて、上の服を脱いだずっとストーブに背中を向けていたからか汗が凄かった
そして椅子の後ろに回り私の手をジャケットでグルグルに結んだ…それにもびっくりしたけど足を開いている方向からストーブの熱気?が熱くてたまらなかった
先生はまたローターを手にとって私の陰部を刺激しはじめた
今度は穴のふちをなぞるように…『イヤらしいことをしてもいたかったら口に出して言わないとダメだからな』
『何も…ありま…せん』私はしてもらいたいけど指より太くて長い物が怖かった
先生は、私の満スジにローター全てをあてがいひざでそれを押し当てた

電気が走ったと共に、叫びに近い喘ぎ声をだした
先生はすぐ私にキスをしたググググと押し当てれば当てるほど私は動けない体でのけぞった
ビクっと体が痙攣したと同時におしっこを漏らしてた
先生はゆっくりと椅子から降りて、『ちゃんと言わないからだよ』と変な顔で私をみた。
私『ごめん…なさい』先生『痛かったか?』私『…わから…なくなりま…した』
先生は、びちゃびちゃの満をなめだし体には刺激がビクビクと走りローターをまた私の穴の入り口を出たり入ったり…穴のふちの皮膚がローターの棒に着いていくのが痛くて、入れて欲しいのはわかるのに怖いでも言わなくちゃ
どう伝えればいいのかわからず『あっあっ』と言っていると先生『お願いできる?』私『…どういえ…ば』
先生『コレを入れて欲しいのか?』私『(頷く)』
先生『○○先生ください』私『先生ください』
先生『声が小さくてわかりませんなんですか』私『先生…ください』
『聞こえるまでわかりませんちゃんと言えるまで頑張ってください』

『先…生くださ…い』『先生…く…ださい』『…先生くだ…さい』
先生はずっと言わせた最初は凄く恥ずかしかったけど、しだいに恥ずかしい事も忘れていた
『先生……お願い』とフレーズを変えたとき、ズンとローターが私の中に入ってきた
私は言葉をなくして、椅子が揺れるほどのけぞった…(キモチイイ…イタイ…)変な感覚が私を襲う中
『何をしてほしいかいいなさいって言ったのに勝手におねだりはよくない』
『こんなに全部入って初めてじゃないのか…もうキモチイイのか…』先生はまた語りはじめていた
私はその言葉に答えれずにいた。ゆっくりと足を縛っていたネクタイをほどいた………
緊張状態の私はネクタイほどかれてもそのまま足を休ませることはできなかった
ローターをくわえこましたまま私の体をもちあげそのまま先生は床に座り私を足の上にのせた
その時私の中に入っていたローターが床におち『ブブブブブ』とローターが床の上でブルブルと踊り?出していた

『さっきお願いしていたのにもういいのか』とローターを手に取り電源を切った
『わかるか…今の行為を男はしたいんだ。○○がスカートを短くしたり、夜中に歩いたりしていると好きでもない奴にされるんだ…それでいいのか?』
私は首をふった。先生は自分の陰部を取りだし、『本当はこれを入れるんだ。先生も男だから今○○に入れたくて仕方がない』とローターより大きな物を私の陰部にあてがった
私は怖くて首をふった先生はジャケットでグルグルにした手首も自由にしてくれた
『大事だと思っているから○○にはできない…今度からもっと○○を大事にしてくれる男をみつけなさい』
私(…えっ?)
制服を丁寧に着せてくれた私は足がガクガクで股もヒリヒリしていて先生が支えてくれないと立っていられなかった。先生はゆっくりと床に私を置いた
ペタンと座りこむと冷たい床が私の陰部を気持ちよく冷やしてくれた

そのまま、先生とキスをしたり抱き締めたりしていた
先生は片付けがあるから、先に帰りなさいと私を教室から優しく出した
帰り道中学校から聞こえる吹奏楽の音が寂しく聞こえた