セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談225

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】AVみたいな派手な音のしない本物のフェラチオは本当にエロかった。

その子は俺の勤め先の新入社員で、彼氏は別の会社に勤務。
彼氏は技術系の仕事でまだ新人なのにあちこちに出張していて
彼女となかなか会えなくなってデートもままならない状況だった。

彼女が彼氏が忙しくて最近休日もずっとヒマしてると言うので
職場の仲のいいグループに混ざって俺と一緒に遊ぶようになっていった。

彼女は俺のタイプだったけど彼氏持ちなの知ってたから積極的にはいかなかったけど
話がすごく合うので自然と俺と彼女は仲良くなっていった。

マンガや小説、CDの貸し借りも頻繁にしてて
盆休み前に結構巻数のあるマンガを貸して欲しいというので
折角の休みだし、まとめ読みしたいだろうから家まで持っていくと約束した。

彼女の家の最寄駅で待ち合わせたんだけど
そこにやってきた彼女は普段のジーパンとTシャツといったラフな格好ではなく
なんとも女の子らしい格好だった

ちなみに彼女は肩のちょっと上くらいまでのショートカットにしてて
普段はハキハキしゃべってテキパキ動くあまり女の子臭くない活発なタイプ。

そんな彼女の普段とのギャップにかなりドキドキした。

「ホントにきましたね?(笑)」
「きたよ(笑)」
みたいな会話をしたと思う。

彼女は車できていたので二人で乗り込むと
「ちょっとドライブとかしません?」と言ってきた。

当然断るはずもなくドライブに。
彼女の地元なので行き先は彼女におまかせした。

彼女の母校や学生時代に良く集まってた店。
彼女の地元は勤め先から快速電車で1時間以上かかる所だったから
俺は初めて見る田舎ならではのだだっぴろい畑とか見て感動してた。

CDもお互いのお気に入りのを流して雰囲気もすごくいい。
時間があっという間にすぎて気づくともう夕方。

本を渡してその日はそれで帰った。
彼女が「すーごい楽しかったです」と言ってくれたのが嬉しかった。

それをきっかけに盆休み後もちょくちょく二人で会うようになった。

相変わらずCD流しながらのドライブだったけど
会社とは違う彼女の女の子らしいところが発見できて楽しかった。

彼氏の話もよく出てきたけど、そのほとんどは
「全然会ってない」「最近連絡もあまりない」みたいな愚痴めいたものだった。
俺は彼女を好きだったけど寝取るとかはハッキリ考えてなかったから
きっと忙しいんだよとか彼氏をフォローしたりしていた。

いつも午前中に待ち合わせて日が暮れるまでがあっという間だった。

そんなことをしていれば当然周りにも話が伝わる。
彼女も俺もやましい気持ちはないのだからと特に隠してなかったというのもある。

するとグループの連中がおかしなことを言い出した。

グループの仲間曰く
「それだけ俺君と会うってことは彼氏と別れたんじゃないか」
「彼女は絶対俺君に惚れてる」
「別れてないとしても押したら絶対いける」等々。

その頃の俺は寝取りとか絶対しちゃいけい事だと思っていたので
否定したり受け流していたが仲間はどうしても彼女とくっ付けたいらしくて
次々とイベントを企画しはじめた。

定番のバーベキューに、シーズン的に泳げもしない海への日帰り旅行。
ボーリングに映画に夜景スポット。

毎週そんな感じだったけどそこで思ったのが
『これだけ俺らと遊んでるってことはホントに彼氏と全然会ってないんだ』
ということだった。

何度目かの二人でのドライブの時に
さりげなく彼氏とのことを尋ねてみると
「もう自然消滅ですかねー」という答えが返ってきた。

これを俺は彼氏とは自然消滅"した"と解釈した。

翌週、俺は気合を入れて彼女を俺の地元のデートスポットへ誘った。
俺はその頃車を持っていなかったので自転車で二人乗りをして地元を回った。
彼女は「自転車ー?」と笑っていたけど喜んでくれた。
いつものように楽しく時間は過ぎ日が暮れて
この日は電車で来ていた彼女を駅まで送る途中、俺は告白した。

「俺と付き合ってください」

彼女は自転車を止めてと言った。嫌な予感しかしなかった。

自転車を止める。彼女が降りて、俺は振り向くと彼女は泣いていた。

「ごめんなさい」
「何で…別れたんじゃないの?」
「そう思ってたらこの前彼から連絡がきて…また会って…」
「そう…」

だまって後ろに乗るよう合図する俺。座る彼女。
無言のまま駅についてそのまま別れた。

駅前で一人めちゃくちゃ泣いた。

翌日、普通の顔をつくって彼女に挨拶した。
彼女も普通に挨拶を返してくれた。

このまま仲の良い同僚として接していくつもりだった。
もう休みに会うのもやめようと決意した。
彼女もそのつもりだったみたいだけど
どうしても顔を合わせれば話すことになるし
そうなると互いに楽しくて盛り上がってしまう。

数ヶ月もしないうちにまた二人で遊ぶようになり
冬になる頃には彼女の車で家まで送ってもらっていた。

ある日いつものように送ってもらっていると雪が降ってきた。
雪はどんどんびとくなり道路にはみるみる雪が積もっていった。
県境近くに差し掛かった頃にはいよいよ運転も危うい状況になっていて
「これ危ないんじゃない?」「どうしよう?」と二人で途方に暮れていた。

それまでの行き来で県境にラブホテルが多いのは知ってたけど
その時いたのがまさしくそのラブホテルが多くある辺りだった。

俺「どうしよう?」彼女「ラブホテルとか?」

車を停めしばらく考えて彼女はハッキリと「ラブホ行きましょう!」と言った。
そのまま車を発進させ近くにあったラブホテルの駐車場へ。

ナンバープレートの前に板を置く彼女。
「何してんの?」「みんなこうやって隠すんですよ?」
「何で?」「恥ずかしいからとかかな?」みたいなやりとり。

彼女は明らかに慣れていた。彼氏がいるから当然だけど。
俺はそのことにショックを覚えたのと
生まれて初めてのラブホテルに緊張して気分が悪くなりそうだった。

無人フロントだったのでパネルから空室を選び部屋へ。
全部彼女がテキパキと処理した。

今思うとかなり古い作りの部屋だったんだと思う。
料金をカプセルに入れて送る機械とかあったし。
彼女は「こんなのまだあるとか」と楽しそうだった。

俺は『ラブホに入ったからといってエロ目的じゃないんだから』
と必死に自分に言い聞かせていた。

ベッドに座っていると彼女が横に腰掛けてきた。
「すごい緊張してません?」と彼女。
「こういうところ初めてなんで」と俺。
「マジですかー!えー!彼女とはどういう…」えらく食いつきのいい彼女
「いたことないから」もう泣きそうな俺。

「えーはじめてー!なーんか嬉しいー!」
彼女はベッドに仰向けに転がり楽しそうに言いうと自分の脇をポンポンと叩いた。
「いやそれは」と拒否する俺。
「いーからきなさい」と命令口調の彼女。
何だこれと思いながら俺も仰向けになる。

すると突然彼女が俺に覆いかぶさってきた。

「いやダメだから」
俺の声は震えていてはずかしけどちょっと泣いてた。

「女はコワイんですよ」
そう言って彼女は俺にキスした。

何がなんだかわからなかった。

ファーストキスがまさかこうなるとは思ってもみなかった俺は
めちゃくちゃ動揺してグズグズ泣いてしまった。

彼女はそんな俺にやさしく何度もキスしてくれた。

「大丈夫だから」
「怖くないですよ」
「私こうなって嬉しいんですよ?」

そんな感じのことを言いいながら口や頬や額、鼻のてっぺん、髪にキスしてくれる。
俺も少し落ち着いてきて彼女としっかり抱き合った。

気持ちが落ち着いてくると体は正直なもので俺は完全に勃起していた。
密着してるもんだから彼女も当然気付く。

俺の目を見て「いいですよ」と彼女は言った。

汚いとかシャワーとかそんなことは全然思いつかなかった。

彼女はスルスルと服を脱ぎ下着になり、俺の服も手際よく脱がしていった。
すでに前がパンパンに張っているパンツを見ている彼女はとても楽しそうだった。
パンツに手をかけられた俺は少し抵抗したがそのままズリおろされてしまった。

彼女は何も言わずそのまま俺のアレを咥えた。
「汚いから!」と反射的に言うと彼女は顔を上げて「いいですよ」と言ってまた咥える。

フェラの音と彼女のくぐもった声と有線のBGMがごっちゃになる。
彼女のフェラは(今にして思えば)普通の女の子としては十分なレベルで気持ちよかった。

彼女はフェラしてる間も片方の手で俺の手をしっかり握っていてくれて
俺が力をいれると同じようにグッと握り返してくれた。

AVみたいな派手な音のしない本物のフェラチオは本当にエロかった。

彼女の「ん…ん…ん…」というこもった規則的な声。
たまに聞こえる『チュ』『プチュ』という唇とアレの間で彼女の涎が生み出す音。
時折口を離した時に漏れる「はぁ…」という吐息。
『気持ちいい?』とも『どうですか?』と尋ねることもなく彼女はただ口を動かしていた。

気持ちよくて緊張で萎えることもないんだけど不思議と射精しそうな気もしなかった。
何分くらいフェラチオしてもらっていたのかわからないけど
こうなった以上最後までするのが男の務めだと俺は思っていた。

「それじゃあそろそろ」と彼女に言った。
彼女は頷く下着を全て取った。

初めて見る生の女の身体に俺はまた緊張が高まってきた。

ゴムを持ち歩くようなことは互いにしてなかったので
枕元にあった備え付けのゴムを使うことにした。

彼女が袋を開け取出し裏表を確認して
「着けましょうか?」と言った。
俺は自分で着けるからと言ってゴムを受け取り
初めてながらもなんとか装着できた。

横になった彼女の上に覆いかぶさり胸に触れる。
何とも例えようのない感触。

○kmで走る車の窓から手を出したときの感触とか
自分の二の腕の感触とか言うけど全然違った。

実際いまでも俺は女の胸の感触を伝えるうまい例えを知らない。
やわらかくて、でも芯があって、暖かいようでヒンヤリしてるような感触。

胸を触ると彼女は「あ…」と小さな声を洩らしたりフフッと笑っていた。

彼女の乳首はすでに硬くなっていて
俺はどう扱っていいかわからずとにかく吸い付いた。

「あっ」
初めて彼女の声のトーンが上がった。

俺が「ごめん!痛かった!?」とあわてて尋ねると
「ううん…気持ちいいよ…」と彼女は優しい声で言った。

乳首を吸って舌で転がしまた吸い付く。
彼女は俺の拙い責めでも感じてくれているように見えた。

俺は彼女の股間に手を伸ばした。
陰毛のリアルな感触を通り過ぎ彼女のそこに触れる。

割れ目があるのがわかったがいわゆる"濡れている"状態とは思えない。

割れ目に指を沿わせて少し開き指を中へ滑り込ませると
そこは表面と違ってヌルヌルしていた。

『これが濡れてるってことか』などと思いながら指をさらに差し込む。
恐々指の半ばまで入れていると
「もっと入れて大丈夫だから」と彼女の声がした。

彼女の言葉に安心し指を根元まで入れ引き抜く。
ゆっくりそれを繰り返すと割れ目の入り口も十分に潤い
指の差し入れがし易くなってきたのでストロークを早くした。

すると彼女も乳首を責めたときより強く反応しはじめた。
指が出入りするたびにヌチュヌチュと音がして興奮した俺は
了解も得ずに入れる指を2本にした。

彼女の声が一際大きくなる。
指は何の抵抗もなく、それでも十分に圧力を受けながら出入りする。

俺は彼女の身体に舌を這わせながら徐々に下へ下と頭を動かした。

初めて生で見る女の性器は今までみた裏モノ女優のモノと
似ているようにも違っているようにも思えた。

黒ずみはほとんどなく、小陰唇もさほど大きくない。
いま考えるとキレイな部類に入る性器だった。

シャワーも浴びてないから当然生々しい臭いがしたが
その時の俺は全然気にならなかった。

俺は目の前にある彼女の性器に夢中でピストンを繰り返した。

ピストンを続け大陰唇までヌラヌラと光るくらいに濡れた頃
彼女の切なげな「もう入れて…」という言葉が聞こえた。

俺は自分のアレを彼女にあてがい割れ目に沈めようと思った、が。

「ごめん」と俺。
「どうしたの?」と彼女。

「なんかフニャフニャになって」
恥ずかしいやら情けないやらで俺はまた泣きそうだった。
「あー大丈夫ですよ」そう言うと彼女は俺を抱き寄せた。

俺の頭を撫でながら彼女は
「大丈夫」「誰でもあるから」「無理しなくていいですよ」
と言ってくれた。

それから何度かキスをしているとまた勃起したが。
やっぱり挿入となると萎えてしまう。
唯一のゴムが伸びきってしまいこれではダメだろうということで
その日の挿入はあきらめることにした。
(備え付けの自販機でゴムが売っていればまた違ったのだろうけど)

挿入はあきらめたがやはりキスすると勃起するので
彼女は「じゃあ口で」と言いまたフェラチオをしてくれた。
俺はそれじゃあ申し訳ないと言って彼女のアレを責めた。

天井の鏡に写る二人の姿はまさしくシックスナインのそれだった。
彼女の尻の谷間越しに俺の舌がチラチラと見え興奮した。

ただ指をピストンするだけで彼女が感じてたとは思えないが
しばらくすると彼女が「もうイきそう」と言ってくれた。

その言葉で興奮が最高潮に達した俺は
彼女に仰向けになってと言い体をすばやく入れ替えた。

彼女の横に素早くヒザ立ちになると
俺は仰向けになった彼女の胸めがけて思いっきり射精した。

自分でもすごい量だったと思う。
彼女も「めちゃくちゃ出ましたねー」と笑っていた。

テイッシュで後始末をし彼女と横たわる。

彼女は俺の胸に顔を乗せるとまた笑った。
「なんかいま幸せ」
彼女がハッキリそう言ってくれたのを憶えてる。

俺はこれから二人はどうなるんだろうと考えていた。

ラブホテルで一夜を過ごしてから数日後
彼と会ってキッチリ別れ話すると彼女が宣言し
俺もそれが済むまではラブホでしたようなことは一切しないでおこうと言った。

数週間後、彼女が前に行った俺の地元のデートスポットに行きたいと言ってきた。
俺は前と同じように彼女を自転車に乗せてあちこち走って回った。

夜になり前に告白して振られた時と同じように俺と彼女は駅へと向かっていた。

彼女がちょっと停まってと言い俺は自転車を停めた。
そこはちょうどあの時振られた場所だった。

彼女は俺の顔を見て下を向いてまた見て
今度は目をそらしてソワソワしながら言った。

「私と付き合ってください」

彼女のその言葉に俺はまたしても泣いてしまい
彼女にいつぞやのようになぐさめられるという格好の悪さだった。

それからは仕事が終わるとそのまま二人で彼女の家に行き
食事してドライブして俺の家に送ってもらう毎日だった。

互いの家は逆方向なのに同じ電車に乗って帰る俺たちの噂は
すぐに社内で広まり、古い体質の会社ならではの暗黙の了解で
ほどなく俺の異動が決まったが俺には全然気にならなかった。

本当の意味で初めてのセックスは彼女の家でだった。

食事が終わりくつろいでいた俺に彼女はキスして言った。
「この前のアレは慣れないホテルに緊張したのもあるんじゃない?」

そのまま彼女は俺にキスしながら覆いかぶさってきて
俺は床の上に押し倒される格好になった。

セックスはまだだけどキスはいつもしてたから
この頃にはずいぶんディープなキスをするようになっていた。

舌を絡め、お互いの口の中を舐め合う内に俺のアレは固くなっていた。
彼女はそれをズボンの上からさすりながら「しよっか?」と言った。

彼女が布団をひき互いに裸になって横たわる。
俺はぎこちなく前回のおさらいをする。

胸を触り、乳首を舐め、彼女のアレに指を使って…
ここにはゴムがないことに気づいた。

そのことを告げると彼女は「大丈夫」と言った。

後にその理由を聞いたところ
彼女は基礎体温を記録して自分の生理周期を把握していたので
その日は生でも大丈夫だと考えたそうだ。

それじゃあ、と自分のモノを彼女のソコにあてがう。
俺のアレは全然萎えることなく硬さを保っていた。

「いい?」
「いいよ」

初めて経験する女性の中の感触。
その感想は『痛い』だった。

早くに自分で皮を剥き包茎でなくなった俺は
それまでのオナニーで激しく亀頭を刺激することがなかった。
剥けていると下着でこすれて感度が鈍ると聞いていたのだけど
どうも俺の場合そうならなかったみたいで
この時はとにかく膣内で動く度に刺激が強すぎて『痛い』と感じた。

だから正直、初体験最中はなんとかイクのに必死で
彼女の反応を見てる余裕がなくてほとんど憶えていない。

痛みに耐えつつようやくイきそうになったが
大丈夫とは言われてもさすがに中出しはマズイと思い
最後は彼女のお腹に出して終わった。

そんな俺に彼女は笑ってキスしてくれた。
これでやっと本当の恋人同士になれたと俺は思っていた。

それからは彼女の家に泊まることが増えた。

何度もセックスを重ねるうち挿入後の痛みもなくなり
俺はセックスの気持ち良さに夢中になった。

慣れてくると当然セックスの時も余裕が出てくる。
回数を重ねながら俺は彼女から徐々にセックスの主導権を奪っていった。

一方彼女は彼女で性欲が強い上に
その頃は互いにハッキリ気づいてなかったけどM気質を持っていたから
俺の要求に応える様になっていった。

最初は暗い駐車場に停めた車の中でお互いに触りあう程度だったが
それがスーパーの屋上になりコンビにの駐車場になり
彼女の普段使ってる駐車場になった。

彼女の車は軽自動車だったのでカーセックスは難しかったから
車内でのハードペッティングで盛り上がるとホテルへ直行していた。

海岸近くで停めていつものようにペッティングをしている時
ふと思いつきで「防波堤の影でしよっか」と言ってみると
彼女はすんなりと受け入れ俺達は人気のない夜の海岸へと降りていった。

誰もいないとはいえ屋外でなので
防波堤の階段部分に身を隠しつつ
激しいディープキスをしながら互いの性器を刺激し合う。

でもさすがに挿入までする度胸がなく結局フェラだけに終わった。
いつもなら出してすぐにティッシュに吐いてもらっていたのだけど
この時は勢いで海岸に着てるから当然ティッシュなどない。

『なんかしまらないけどその辺に飛ばすか』と俺は考えていた。

「最後その辺に飛ばすから」と俺が言うと
彼女は「そのまま口に出していいよ」と言った。

『吐き出して後で口をゆすぐとかでいいのかな?』と思いつつ
そのままフェラを続けてもらった。

改めて周囲を見回し、誰もいない海岸とはいえ野外で
服をきたままの彼女にフェラチオさせてることに興奮した俺は
ほんの数分で射精した。

彼女の口の中にザーメン全部出し切ってからモノを抜き
俺は彼女がザーメンを吐き出すのを待っていたが
一向に吐き出す様子がない。

しばらくすると彼女は立ち上がり「行こうか?」と言った。

「あれ?アレは?」と聞いてみると
「飲んじゃった!」と彼女は嬉しそうに答えた。

それまでも彼女が生理でセックスできない時はフェラで済ませていたけど
飲ませることはなかったから俺はビックリして
「何で?おいしくないのに?」みたいなことを言った。
すると彼女は「俺さんのだったら飲んでも平気」みたいに答えた。

俺は思わず彼女を抱きしめて思いっきりディープキスした。
それまで雑誌やネットで男に嫌々ザーメンを飲まされた子が
『あんなマズイもの自分で飲めるのか』みたいなことを
言ってるのをよく見かけていたために思わず出た行動だった。

正直味はよくわからなかったけど
後々彼女は「あれはすごく嬉しかった」と言ってくれた。
尤もその後の「前の人は絶対イヤって言ってたから」という言葉に凹みもしたけど。

初体験も済ませ彼女の家に入り浸る日々が続いていた。

俺が彼女を大事にしたかったから
野外以上に変態プレイは発展しなかったけど
とにかく互いにヤりたがっていたから
気持ちが昂ぶった時に色んな所でした。

彼女の両親が古くなった住まいから引っ越す際
入居予定のマンションを彼女と二人で下見に行ったんだけど
その場で発情してご両親の新居で生ハメ精飲。

彼女の母親の誕生日にお祝いで行ったハワイ旅行。
お父さんが散歩に行き、お母さんがお風呂に入った隙に
服を着たまま立ちバック。
ティッシュとかでバレないように口に出して精飲。

会社に早めに出勤しての倉庫で立ちバック。当然ここでも精飲。

ホテルと自室でやる以外は後の処理に困ることから
毎回必ずザーメンを飲ませていた。

たいていはやりはじめた後で
俺が白々しく「どうしよう、ティッシュとかないけど?」とか言って
彼女に「口に出したら飲むよ」と言わせていた。

俺はむしろこういう類の言葉を言わせることに興奮していたから
ワザと彼女が自分から飲むと言うように仕向けていた。

顔射もしたかったけどそれはさすがに我慢した。
この頃は彼女との将来も考えていて大事にしたかったからだ。