セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談228

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】彼女は「中出しがこんなに良いものだったとは」と喜んでた。【セフレ】

新入社員の研修時にセフレ以上彼女未満なコがいて一年弱きゃっきゃウフフしてたんだ。
ちょっと小柄でCカップ、いい具合の抱き心地のコで、チョイMだったから目隠しや軽い縛りプレイくらいはしてたが、
俺が転勤で関西に異動になってしまい、お互い彼氏・彼女ではないから自由恋愛しようと円満に切れた。
暫くしてから本社に用事があり、ついでにそのコのところへ行って軽く雑談。久々だったので飯でも食おうということになった。

お互いの近況報告。
どうやらあのあと彼氏出来たが、相手が浮気性だったので嫌になって一年ほどで別れたばかりとか
俺は彼女らしきものがいたのでちゃんとその事を話し、エロエロラブラブしとるよーなんて自慢したのが、相手の被虐心をくすぐったのか
最近別れたばかりで淋しいから今日俺のホテルに泊まっていいかと聞いてきた。
ホテルには同じ支店から来てた人も隣の部屋にいるので、それはちょっとまずいと断る俺。
しかし何か火が付いている俺もいたので朝早目に帰る約束で新宿から道玄坂へ移動。ここなら会社の人に会うこともなかろう。

途中のタクシー内では発情したバカップルだった。運ちゃんゴメンw
ただ、タクシー内で揉んだ乳の感触で違和感が…。こいつこなに乳首でかかったっけ?

その違和感の正体はラブホに入って判明した。乳首が昔に比べて倍くらい長く歪な形に変貌していたんだ…。

流石にこれは突っ込みいれな!と軽い愛撫しながら聞き出そうとしても中々白状しない
仕方なく愛撫の威力をあげて、指マンしていい具合になった所で止めて尋問を再三行うことで白状しだした。
その別れた彼氏は俺と似て少し変態的なヤツで、乳首が伸びる程執拗に引っ張ったり、
糸につけた洗濯バサミで挟んだままハメて適度な頃合いで引っ張って外したりとしていたようだ。
その独白に、この変態娘が!等と軽い虐めを入れつつシャブらせるとこれまたかなり上達していた。

素直に、俺としてた時よりうまくなったね。と誉めたら、その彼氏に最初したときに何でこんなに上手いんだよ!
って嫉妬され、自分の色に染めるが如く半同棲中に散々フェラさせられたとか。
嬉しさ半分、嫉妬半分。
ちょっといとおしくなったので、何かして欲しいことはあるかと聞いたら、そこの自販機でバイブ買って使って欲しいとか。
そういえば前もバイブで虐められるのわりと好きだったっけな。と思いながら、コレデいい?と指差すと
ううん、そのしたのヤツがいいの。と指差し指名。

そこには普通のと違い、ちょっと細く長めの、玉がボコボコしているアナルパール的なバイブが鎮座。
流石にちょっとびっくりしつつも、これアナル用だよね?と確認すると、
「…うん」
と短い返事が返ってきた。

あ、でもヤッパリ普通のでいい。
と言い直す彼女に、イヤイヤ、これがいいならそっちにするよ。とそのアナルパールを購入。ついでにローションも。
流石にこういうとこのはゴム付けないといかんなぁと思い、
風呂場の熱湯で煮沸後、ゴムを被せたりローションまぶしながら追求。
前カレに仕込まれたこと、自分もそれにハマってしまったこと、でも引かれると思ってさっきのフェラ中の告白時にはいわなかったが
上気した状態でバイブ買ってくれるって言われてつい口に出てしまったことを恥ずかしがりながら打ち明けてくる。

さて準備完了、最初は前の穴に入れて遊んだり途中まで入れ掛けて戻してお土産付いてたらどうしょうと気になったりw
使ったことないわけじゃないけど、高校時代に興味本位でAFしたこともあるけど、あんまり良さがわからず
おれ自身はあまりアナルに執着があった訳じゃないので愛撫やクンニの時に少しノックする程度だった。
だから何処まで激しくしていいかわからなかったので、彼女にどういう風にしていたか聞く

出来るだけ詳細まで思い出して細かく描写しようとしてるので遅くてすまん。

もっと奥まで入れて一気に抜いたり、7分あたりでとめて掻き回したり、と大体の雰囲気を掴んだのと、
彼女もスイッチが入ってきてのけぞり出したので徐々に自由に動かせるようになり多少の余裕が出てきた。
元々Mっ気満載の彼女なので、別れたばかりの彼氏を思い出させながらどうやっていたかを告白させ、なるべくその通りを再現しようとする。

バイブが出入りしてる所を鏡に写して見せながら、今右の壁に当たってるとか、
ゆっくり引き抜くと漏れちゃいそうな感じがするとか、根元の大きめの玉が入り口をぐりぐり拡げるの!
とか大興奮で実況 する彼女、バイブ持つ俺の手もバイブの根本も彼女のまん汁かローションかわからない液体でぐっちょぐちょ
彼女が乳首弄ってください。と懇願するのでパールをゆっくり抜き差ししつつ手を上の方へ持っていく

ヌルヌルの手で触るおっぱいの感触はキモチイイ。でもまんこバイブより少し遠く感じるなぁと思いながら
後からだっこちゃんの体勢でヌメヌメこりこりと触っていたが、彼女は少し物足りない様子。
はいはい、分かりましたよ。とそれまでの水かきの部分から親指あーんど人差し指に替え、
ぐりぐり捏ね回し乳首を引っ張り、中指から小指を駆使して下乳をまさぐったり。
彼氏にも毎晩こういう風に強くされてたの?と聞くと、んー!と言わないでとももっと虐めてとも取れる反応で首筋にキスしながら
「もっと強くされてた」と。
じゃあこのくらい?と指で乳首潰してみると、「あぁもっと強くして!」

いつもこんなに強くされてたから、こんなにイヤラシイ乳首になっちゃったんだね。
と言うとイヤイヤと首をふるので、アナルで適度に抜き差ししていたバイブを激しく動かして意識を下へ。
彼女にバイブを持って自分で出し入れさせつつ左手をクリへ、俺の右手はまんこの中、左手を乳首を左右交互に強くひしゃげさせ
人差し指と中指で、中をかき回し、くっと曲げてスポットをかき回す。
彼氏にもこうされてたんだろ?と問うと、こんなに一杯されるの久しぶりなのー。だって。

ひとしきり暴れた後で再度フェラさせて挿入。
が、アナルにはバイブ刺さったまま、上に乗っかっり、身体を密着させてくる彼女。
きつい、というかナニの裏側に固くて柔らかいものが当たる感覚。
ずっぽり入ったあと、どうするのかと思えばアナルパールをまさぐり出す。
ハァハァ言いながら「ゆっくり動かして…。」と言うのでこちらもねっとりと、いや、恐る恐る動かす。
なんつーか不思議な感覚。
キモチイイっちゃキモチイイけど、普段してるセックスの気持ちよさとは違う。
ヌチョコリ的な感覚とでもいうのでしょうか。

いつもこういう風にハメてたの?
「うん…」
お尻とおまんこはどっちの方がきもちいい?
「わかんない、どっちもきもちいい」
前からお尻スキだったの?
「前はしらなかった」
じゃカレに仕込んで貰ったんだ?
「…。」
良かったね。気持ちイイこと教えて貰って
「でも、変だよね…」
気持ちイイんでしょ?両方のアナに突っ込まれるのスキなんでしょ?

こんなピロートークしながら嫉妬とか色々なもんで徐々にエンジンが掛かる

んで、再開

女性上位でぐにぐにもいいんだけど、ヤッパリおまけはないほうがいい!
とアナにバイブを抜いて騎乗位にさせ、お尻を前後に動かしたり、
正常位で激しくパンパンするのがいいぜ!
ときあい入れてやってると、彼女ボソッと。
「お願い、お尻にも入れて、欲しいの。」

多少戸惑いながら、そこに転がっているバイブを手に取り、正常位でゆっくり抜き差ししながら
バイブをアナルにあてがおうとすると、
「そっちのじゃなくて、このおちんちん入れて!」
ヤッパソウデスヨネー
相変わらず正常位で抜き差ししながら、ゴムとローションを準備。
まぁさっきから散々バイブ入ってたし平気だよな…と多少ドキドキしながらアナルに挿入
やっぱりきつい、が、昔チャレンジして痛いくらいだったときよりは平気だな。
なんて思いながら一度半分あたりで引き抜き、またゆっくりと中へ。
彼女は、おっきいから苦しい。すごい。おかしくなりそう。
なんてお世辞でこちらの気持ちを高めてくる。

根元までずっぽし入ると彼女は
「前のカレのよりおっきいから苦しいけどスゴイキモチイイの、どうしよう、スゴイキモチイイ!」
なんていいながら腰を突き上げてくる。
正常位の体勢なのでそのままベロチュー少し口を離して彼女に志多を伸ばさせる。
前の穴に人差し指と中指をいれ親指でクリを引っ掻きながら腰は彼女主導でそれに応える格好。

一度抜き、後ろから覆い被さるような格好で挿入し、バックに。
まんこには指をいれながら、本当はこっちにはバイブ欲しいんじゃないの?
今買ってくるから一度抜くね。って軽く虐め込みでゆっくり抜こうとすると、
「いらない!おっきいの入ってるからバイブいらない!」
いいコですよ。
変態だけど。

舌を伸ばしてお尻、腰辺りから背中、肩へとキス&リップサービス。
身体柔らかくしといて良かったと思う瞬間w

首筋から耳へ向かうのと同じくして舌を伸ばして此方を振り向く彼女とその口。
もうグロスなんてすっかり剥げ落ちた彼女の口の奥にある舌と俺の舌、俺の息と彼女の息がひとしきり混じりあったあと、
「乳首も虐めて…」
と吐息と共に懇願する彼女

もちろん、今度は容赦なく虐めますよ!

乳首ぐりぐりしながら腰を振っていると、彼女の両手がしたから伸びてきて、
自分の中に指を入れ、ぬるぬるになった指先で俺の玉裏や竿の根元にまん汁を塗り付けてくる。
昔確かに教えたが、突然思い出した訳じゃあるまい。

彼氏にもそうやって一杯まん汁塗り付けてたの?
「」
返事はない、額をベッドのクッションに押し付けてもくもくと指を動かしてる

彼女の頭に手を伸ばし顔を近付け、無理矢理こちらを向かせると、赤い目をして熱い息を漏らしていた。
軽い嗚咽と共に。

「すごいキモチイイの、どうしよう、すごいキモチイイの」
彼氏にもそうやって言ってたのか?泣くほどキモチ良くなってたのか?
何だか嫉妬まみれで、そんな立場じゃないのに、髪の毛を掴むようにして彼女の舌を、
少ししょっぱい彼女の舌を味わいながら、
「まんこの方にナマでいれるぞ」
とアナルから抜いてゴムを外し、枕元に転がっている、先程活躍したローションを使って
バスタオルの上でナニを軽く洗浄(になるのかな?w)

そのまま湿ったベッドに横になる
彼女は何も言わなくても俺の右足を自分の股の間に挟み、
ぐちょぐちょのまんこを擦り付けながら顔を俺のちんぽに近付けてくる。
誰がいきなりシャブっていいっていった?
「…ごめんなさい」
しゃぶりたいのか?
「しゃぶらせてください」
昔何度もやりとりした内容。
気持ち良くさせろよ。と言うタイミングと彼女がくわえるタイミングはほぼ一緒だぅた。

「いれたい」
「ねぇ、入れて」
「もうコレちょうだい」
腰は騎乗位をしているかのような動きで俺の右足に媚を売りながら、
一心不乱にフェラチオをしながら言葉でオネダリをする彼女。

ちゃんと濡らさないと入れないよ。
俺が言うと、俺の手を取り、股の間に引き寄せる。
「もうずっと欲しがってるよ。おかしくなっちゃうよ、おねがい。」

お尻じゃなくていいのか?
ずっとアナルで感じるように仕込まれてたんじゃないの?
「ナマでおまんこに入れてください!」

対面座位でディープキスをしながら、右足で俺の左足を跨いで俺の上に股を拡げ、一気に腰を下ろす。
お互いの性器がヌルヌルなので殆ど抵抗感も感じずズッポリと彼女のまんこに納まる俺の愚息。
ディープキスしたまま、俺の息を彼女が吸い、彼女の息を俺が吸う、そんな倒錯しそうな状態。
素直にキモチイイ。
やっぱりちょっときつくて窮屈なアナルより、こっちの方がきもちいいわ。

しばらく彼女に任せ、対面座位で腰を振らせ、一度軽くイッたのを見てからそのまま彼女の身体を後ろに倒して正常位に。
彼女の腰を持って、両足は俺の腿の上、枕を彼女の腰の下にひいて彼女の腰が浮くような格好に。
"これ好きだったよね。"
そんなことをいいながら激しくつく。
「いっちゃう!いっちゃうよぉ!」
演技でも嬉しい瞬間です。はい。

まだダメだよ
…って俺が持たないだけです、はいすんません。

枕を抜き取り、右手は彼女の首から、左手は彼女の腰から回し、がっちり密着。
彼女も両手を俺の首に回し、両足を俺の両足に絡めてくる。
フレンチキスをしたり、舌先同士でチロチロしながら、どうしようか?ど訊ねると、
「今日は多分平気な日だけど、一応外に出して。ごめんね。」
いやいや、安全日じゃないのにナマでやっちゃって、こっちこそごめんなさい。
と、イチャイチャゆっくりハメハメタイム。

再度枕を腰の下にひいて、今度は全力疾走!

やっぱ、おまえのおまんこが一番きもちいいわ
「わたしも○○○のが一番キモチイイの!イクっ、イクっ!」
みたいな定番のトークを交わしながら俺がイク二歩手前くらいで抜き出し、彼女の足を跨いでお腹の上にちんぽを持っていく
彼女は首をもたげながら少し下にずりっと移動。口を開けて舌を伸ばし、俺のザーメンを口周りで受け止める。
わざとくわえられない辺りに亀頭をずらして彼女の舌先に当たるようにして精液を切りながら、
亀頭を少し口元に寄せると、にちゃっとした唇と舌で俺の愚息を舐り始める。


半立ちになったちんぽを舐らせながら、口の周りに飛び散った精液を指で掬い上げ、指ごと味あわせる。
俺の人差し指と中指を一心不乱に舐め取る口元に、俺も口を近付けると、それに気付いた彼女の舌が俺の口の中に入ってくる。
にちゃにちゃした音だけが響く。
それと精液の匂い。

「ヘンタイ。」

笑いながらそう言う彼女が、いとおしいと共に、
もう次はないかな。
とちょっと寂しい予感もした。

------------------------------------------------------------------------


今から4年位前だけど、Yahooのメッセで
知り合った女と意気投合した。
ほんど毎日メッセやメールをした。
同じ県内だけど家は遠かった。1ヶ月くら
いしてから、彼女がこっちのほうに来る
用事があって会うことになった。
お互いに写メも交換してなくて、携番だけ
聞いて駅で待ち合わせた。初めて会う彼女
は芸能人でいうと眞鍋かをり似で可愛かっ
た。目が大きくて小悪魔的な雰囲気。
で、その日はあまり時間がなかったから、
カフェで話しをして別れた。
こっちのは既婚で向こうは彼氏持ち。
それ以上の進展はないだろうと思っていた
が、その日夜すぐにメールがきた。

会うまではそんなに可愛いって知らなかっ
たから、メールとかメッセで下ネタで盛り
上がっていた。前に何かの賭けをしてい
て、俺が勝ったから、会った時にちゅーをする権利を獲得してた。でも予想以上に
可愛いかったていうか綺麗できつそう
だったし、メッセで話しをしていた時
ほど盛り上がらなかったから、ちゅーの
タイミングを測れなかった。
で、彼女と別れた後、彼女からメールが
きて、「何で私にちゅーしなかったの?
全然してくれないこら、こっちから
しちゃおうかと思ったよ」みたいなことを
言ってた。向こうも俺にラブラブ光線を
送っていたらしいが、鈍感なおれは全く
気が付かなかった。

それから、会う前以上にメールとか電話で
話しが盛り上がって、また会うことに
なったが今度はエッチしたいと彼女から
言ってきた。でも本気になるかも知れない
から覚悟は出来てるかとか、今までエッチ
でほんどいったことがないから、いけな
かったらゴメンねとか、実は年をサバ読ん
でたんだけだけど、許してとか、会うまで
色々な注文やら曝露があった。

寝落ちしようかと思ったけど、私怨してく
れる人がいるのでもう少し続けるね。

それで彼女の言うことを全部受け入れて、
会うことにした。一番重かったのは、
本気になるから覚悟しろという言葉だった。
でもその時、既に彼女の事が好きになって
いて、彼女のらためなら今の生活を
捨ててもいいかな?と少し思ったので
覚悟を決めた。

で、2回目は会った時は、離ればなれに
なっていた恋人が再開したかのように
会った瞬間抱き合ってDキス。そのまま
車でホテルに直行した。
ホテルに入っても立ったまま、やっと会えたねと言いながら、しばらくDキス。

それからシャワーを浴びて、ベッドに
入った。彼女の胸は小さめで可愛かった。
前戯は彼女のほうが積極的だった。
でも彼女の中に入れてからは、立場が逆転
して、こっちのベースになった。
彼女のアソコは狭くて、気持ちいいのに
不思議な感じだった。いきそうになるのを
コントロールできて、いつまでも付き続け
ることができた。いこうと思えば、すぐ
いけるのにいつまでもガマンができる
初めての感覚だった。ゴムを付けると遅漏気味のせいもあるが。
最初はエッチであんまりいけないと言って
いた彼女は、反応がイマイチだったが、
そのうち声が大きくてなって、「すごい、
いっちゃう」と言いながら、最初の絶頂。
それからしばらくして、またいってしまった。

彼女を二回もいかせたことがうれしくて、
おれは無我夢中で頑張った。それから先は
彼女が何回いったか覚えいない。
おれも体力の限界がきたので終わらせることにした。
時間を見てビックリしたが、1時間近く
腰を振っていたことになる。
嫁とやる時は面倒ですぐいってしまうのに、
こんなに夢中になったのは初めてだった。
彼女はグッタリしていたが、少し恥ずかし
そうにして、気持ちよすぎてお漏らしし
ちゃったみたいとシーツを気にしていた。
触ってみると、たしかにアソコの汁に
してはシーツが濡れすぎている。
もしかして、これがいわゆる潮?と
思って、彼女に聞いてみたが、彼女も
初めてなのでわからないと言っていた。

彼女は、本当にこんなの初めてで、エッチの相性も良いし、この出会いは運命だとか
盛り上がっていた。俺もそうかなと思い始めたが、ホテルの休憩の時間が終わりそう
だったのでその日は退散。
その日から俺のS気と彼女のM気が目覚めた。

初めてエッチをしてからは、彼女は俺の良いなりになって、仕事中にエッチな写メを
要求してもトイレでこっそり撮って送って
きたり、こっちが夜遅くまで残業してる
ときにTELエッチをしたりした。
彼女はこれまでな彼氏とのエッチではあまりいけなかったけど、オナニーの常習犯
であることとか、色々白状させた。
職場ではきつ顏と毒舌のせいでドSだと思われていて、自分でもそう思ってたのに
実は不覚にもMかも知れないと、彼女の眠って居た部分が目覚めさせたようだった。

それから、何回か会ううちに入れなくてもパンツの上からクリを触ってるだけで、
「いっちゃう」よら先に「出ちゃう」という位に大量の潮を吹くようになエロい
身体になってしまった。
こっちがいっても、おれの乳首を責めて、無理矢理アソコを立たせて、上に乗って
来るようになって、初めてお泊りした時は朝まで寝れなかった。

それなのに彼氏とはセックスレスだという。彼氏からはプロポーズされていて、
断ろうかとか形式だけ籍を入れようかとか、そうすればW不倫になるし、将来はバツイチ同士で一緒になろうねとか、彼女は
盛り上がっていた。

でもその頃になると、俺のやりたいことは
全て満たされた。後ろバージンも奪った
し、夜人が少ない駅のホームのベンチで「しゃぶれ」と言えば、素直にしたがった。
目の前でオシッコさせたり、おれのをかけてやったり、思いつく変態行為はだいたい
やった。
彼氏とエッチをしないように、全身にキスマークを付けたり。
その頃から仕事が忙しくなり、海外出張が重なり彼女と会う回数が減ってきた。
それと俺の婆さんの不幸がかさなり、しばらく連絡もできなかった。

生理の時、中出ししてやったら、あそこが精子を吸い取るみたいに締め付けられて
彼女は「中出しがこんなに良いものだったとは」と喜んでた。
彼氏とは中出しは勿論、生でしたこともなかったらしい。その後は生理のとき以外も
生で入れて、最後は口で受け止めてくれるようになった。

で、話が逸れたけど、婆さんの葬式のあとの法事の時、知らない携帯番号から電話が
掛かってきて出てみると、彼女の婚約者からだった。こっちは親戚一同集まっている
時で、嫁も妹も俺に注目してるので、「何かの間違いじゃないですか?」と言って電
話を切った。妹は勘がいいので、「さっきの電話番何?」と食いついてきた。
そのあと、彼女へ電話をしたが、携帯は解約されていた。PCのメールもYahooのメッセもアカウントが削除されていて、
それっきりになってしまった。
それ依頼、連絡もできず会っていない。
そから2ヶ月くらいして、携帯の
メールに知らない目アドから「お元気ですか?」と一文だけのメールが届いた。
迷惑メールかと思って削除したけど、もしかすると彼女だったかもしれない。

いまからでも彼女に一言謝りたい。