セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談231

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】はち切れんばかりの巨乳に少し大き目の乳輪は、薄い褐色でした

大学のサークルの女の子…
今時珍しくおぼこい、セーラー服に
お下げ髪が似合う感じの純真な感じの
それでいて巨乳の娘だった…
本人の話によると、山奥の過疎の村で
育って、あまり村から出る事も無かったらしい…
無茶苦茶好きになって、今年の夏の合宿で
告ろうと思っていたら
チャラ男の彼女持ちの先輩にヤられてるのを目撃してしまった…
非常に鬱だが、思い出すとオカズにしてしまう…

大学に入って、まず眼を付けた娘が明里(仮名)だった
今時、こんな娘いないだろ…と言うような
黒髪ロングの眼鏡っ子だった
時々、髪を二つに分けて括っている事もあり、
なんか、彼女だけ、昭和の中期から
タイムスリップして来た様な独特の雰囲気を持っていた
そんな感じの娘だったので、余り人の輪にも
入って行けないらしく、1人で授業に出ている事も多かった

僕は、早い段階から彼女に眼を付けていた
地味だけど、目鼻立ちはハッキリしていて
かなりの美形だった
だから、彼女の隣にさりげなく座って
話しかけるようになった
始めは、彼女も警戒していた様だけど
段々と打ち解けて、色々な話をする様になった
北関東の山の中で、
同級生が2人しかいない様な
過疎の村の出だと言う事
勿論、彼氏などおらず、それ以前に
周囲に男の子がいなかったので
(高校は麓の女子高)マトモに恋愛すら
した事がないこと

話を聞いて、僕はチャンスだと思い
「もっと友達を作りたい」と言う彼女に
「じゃあ、ウチのサークル入りなよ」
と勧めた
オールラウンドな体育系サークルで
メインはテニスだけど、冬にはスノボに
行ったりと、まあ、遊び系のサークルだ
思えばこれが間違いだった
夏に海に合宿に行った時の事…

合宿先は小さな民宿を借り切る
(昔使われていた民宿を一軒借り切る感じ)
スタイルでした。
サークルと言っても、遊んでばかりの
良い加減なサークルだったので
皆、適当に遊んでいる感じでした
僕は海で泳いで、疲れたら民宿に帰って…
と言うような事を繰り返していました

明里ちゃんも友達と一緒に楽しんでいました
友達が出来て、本当に良かったと思いましたし、
明里ちゃんにも、感謝されていました

ぼぉーっと明里ちゃんの水着姿を見ていましたが
それにしても、あの胸!
トランジスタグラマーと言うのでしょうか
身長から何から小振りで華奢なのに
どうして、オッパイだけあんなに大きいのか…
尤も、明里ちゃんはその事を嫌がっていて
極力、胸を隠そうとしていました…

でも、水着になると、隠す事は出来ません
実際、今回、海に来て初めて明里ちゃんの
オッパイに気付いた男子も多く
「おれ明里狙い」と公言する奴も現れました
僕は余裕でした…
他の男子の誰よりも明里ちゃんと仲が良く
「○○の嫁」と一部からは言われたりしていました
今思うと、完全にその隙を突かれた事になります
僕は175cm65kg 中学高校と陸上(短距離)
をやっていました
さして取り柄のない男ですが
女性経験は3人、2人は彼女で、1人は
バイト先の年上女子大生です…
勿論、当時は彼女はいません

「チャラ男」と侮蔑的に感情的に書いてしまいましたが
僕は先輩の事は(勿論今でも)嫌いではありません
面倒見も良く、人に分け隔てなく接するので
男女どちらからも人気が有りました。
先輩の彼女は同じサークルの部長で、
美人でしたが性格がキツく
周囲との衝突の絶えない人で、
ボロカスに言われた後輩男子部員を
飲みに連れて行ったり
泣かされた女子部員をドライブに連れて
行ったり(その後喰っちゃうのが問題…)
と、何かと気を使う人でした

僕は、海で遊んでいる明里ちゃんに
声を掛けました…
「晩飯の後、2人で抜けてどっか行かない?」
えっ?と言う表情の明里ちゃんでしたが
ほぼ即答で
「ごめんなさい、真紀ちゃん達とお土産買いに行くから…」
「あー、じゃあ、良い、良いよ」
身近に見る水着姿の明里ちゃん…
量販店どころかコンビニで売っている様な
ダサい水着でしたが
飛び出した胸!しっとりと濡れた髪!
穢れを知らず、引き締まった肌!
形の良い桜貝の様な、未だ男を知らない唇!
僕は自分のムスコを大きくしない様にするのに必死でした

夕食後、明里ちゃん達は確かに買い物に出て行きました
私は、暇なので、ボォーッと1人で海を見ていました
30分程すると、後ろの方の小さな小屋で
キャッ、キャと声がします
どっかのバカップルか?
私は、興味も手伝って、その小屋を覗きました
小屋の中は真っ暗で何も見えません、
困った……のは中のカップルも同じだった様で、
電気ランタンを、灯しました…
わざわざ言うまでも無いでしょう…

小屋は小型のボートを収納する場所で中板敷になっています
壁板もトタンもボロボロで、中は簡単に
覗けます、その中で明里ちゃんと先輩が
親しそうに話して居ます
流石に声は聞けませんでしたが、2人の距離は近く、
何故か明里ちゃんは水着を来ていました
その内に2人は海に向かって歩き出しました
水着を着ていたのは、2人で泳ぐつもりだった様です
とんでもない青天の霹靂でした…
その時は混乱していて…
なんとか、先輩を困らせてやろう…と思いました
その場に乱入してやろうとも思いましたが
明里ちゃんが傷ついてしまうんじゃないか…

とも考え、別の手段に出ることにしました
部屋に帰り、以前研修旅行から入れっぱなしになって居た
スティック状のボイスレコーダーを持ち出して
小屋に戻り、板敷の隅に仕掛けました
2人は海の方で遊んでいます。
やがて、帰って来て、板敷に並んで座ります

今日も明里ちゃん関係で色々とありました…
明里ちゃんの肩を抱く先輩…
しきりに自分の髪を触る明里ちゃん…
「それで、お婆ちゃんの代わりにトラクター運転してね…」
「ええっ?凄いじゃん!トラクターなんて、俺は無理だわ」
「そんな事無いですよー、簡単ですよー」
流石は名うての女たらしです…
僕が「ふーん」と聞き流す様な話に
一々大仰しく反応します。
明里ちゃんはそんな先輩に乗せられる様に
実に生き生きと、自分の実家の話をします
「でも、良いよな…」ポツリと先輩…
「俺も、(大学)出たら、明里ちゃんの家で、農家手伝おうかな…」
実はこれは先輩の本音で、先輩は事あるごとに農業がしたいと
洩らしていました

「農家なんてよく無いですよ」
明里ちゃんは髪を撫でながら俯いたままです
「でも、明里ちゃんと一緒なら多分楽しいと思うよ」
と、グッと明里ちゃんを抱き寄せます
明里ちゃんは少し拒絶します
「駄目です、???(聴き取れず)しちゃいますから…」
「俺の事嫌い?」「好きですけど、そんな…」
「春樹(僕)のが良いんだ?」
「??とかじゃないですよ」
ずっと俯いたままの明里ちゃん
多分、先輩の口からは、
僕に対する攻撃のことばが繰り出される
そう思い、少し身構えます

「あいつは……良い奴だよな、優しいし、気遣いも出来る…」
え?
「俺が女だったら、あんな奴と付き合いたいと思うよ…」
僕は、呆然としました…
多分、僕がこの状況なら、きっと先輩を
「女たらしの酷い奴」と罵っていた筈です
「俺みたいなチャラいのよりも、しっかりしてるよ、
きっと、幸せにしてくれるよ」
先輩が立ち上がります
…僕は、先輩の鷹揚な態度に驚嘆しました…
格の違いとでも言うのでしょうか…
「鬼マサ」とも呼ばれる
激しい気性の彼女に
シバかれ、揉まれまくって
すっかり角が取れてしまったのでしょう…

明里ちゃんは、そんな先輩を後ろから抱きしめました
「春樹くんの事、好きだけど…???…だから…(泣き声で)分からない!」
先輩は振り返って、明里ちゃんを抱きしめました…
そして、明里ちゃんの顔を持ち上げます。
潤んだ瞳を見つめます
今度は、明里ちゃんは嫌がりませんでした
「俺が初めてでいいの?」
「はい…」「???(彼女いる?)けど、いいの?」
「はい…」「じゃあ…」
2人は唇を重ねました…
明里ちゃんが18年間ずっと護って来た真っ白な純潔は
今から、少しずつ先輩の色に染められて行くのです
そして、その様を僕は黙って見ているしかないのです
この間、とても長い間、ボイスレコーダーには
何も音が入っていません

その代わり、僕はこの目で見ていました
少し緊張した表情で目を閉じ、顔を真っ赤にして
先輩と唇を合わせている明里ちゃんを…
ショックでしたが、凄く幸せそうな明里ちゃんの姿を見ていると
それはそれで良いのではないか…とも思い始めていました
ただ、こんな事が「鬼マサ」にバレる様な事になれば…
先輩も明里ちゃんも可哀想な事になるんじゃないか
(実際、つい先日までは修羅場でしたが)
そんな変な心配をしてしまう程
この状況を俯瞰的に捉えている自分が居ました

夜の闇の中で、豆電球の照らし出す
ぼうっとした微かな灯りに照らし出された
明里ちゃんは、先輩のキスに、緊張して
カチカチになっているのが
傍から見て居ても分かります
まともに男性に触れられるのも初めての
明里ちゃんが、いきなり、男に愛撫されるのです
「んっ、キス…好きです…」
「明里ちゃんの唇、凄く気持ち良いよ」
「先輩も…」
唇を付け合いながら、お互いに想いを
語り合います…
やがて、先輩は手練れた男の本性を
見せ付け始めます

明里ちゃんの頭を抱きしめると
ひときわ激しく唇を押し付けました。
恐らく、明里ちゃんの口腔に、自分の舌を
押し入れたのでしょう
産まれて初めて自分の身体の中に、男が侵入したのです…
明里ちゃんは驚くそぶりを見せ、逃れ様と足掻きましたが
ガッチリと頭を抱きしめられていて、動く事が出来ません
プチュ、ピチャ、と言う粘液が合わさる音が周囲に響き
次第に明里ちゃんが脱力して行くのが分かりました
それと同時に、明里ちゃんが完全に先輩のモノになったのだ
と言う事も分かりました
まるで貪る様に執拗に明里ちゃんのくちを吸う先輩…
無垢で真面目な女の子に興奮しているのでしょうか?

明里ちゃんも、ぼぉーとして、先輩に抱きつき
先輩のなすがままにされていました
自分から積極的に舌を入れるような事は
ありませんでしたが
必死に先輩のキスに応える様に唇を合わせていました。
やがて、先輩の手が、彼女の最もの武器である
胸に伸びて行きました
そこで、彼女が拒絶します…
「なんで…??…?じゃん」
「良いけど、シャワーを浴びさせて下さい

「大丈夫だって、気にしないから…」
「お願いします…」「じゃあ、俺はまってるよ」
「直ぐに……??…戻って来ます」
明里ちゃんが出て行った後に先輩は
スマホを取り出してメールを始めました

彼女にメールを送っているのか、或いは他の女性でしょうか…
僕の大好きな明里ちゃん…
いつも、地味だけど素直で笑顔の愛らしい明里ちゃん…
照れ屋で、照れた顔も可愛い明里ちゃん…
その明里ちゃんの笑顔も照れた顔も、唇も
そして、これから…オッパイも、アソコも
僕が自分のものにする事は出来なくなってしまうのです
やがて、明里ちゃんが戻って来ました
ドット柄のワンピースです…
正直、田舎の中学生見たいな感じで
センスは悪いです…

でも、そのもっさり感が逆に明里ちゃんの
手垢に塗れていない良さをアピールしている様でした
「何してたんですか?」
「明里ちゃんの事考えてた…」
「うそ~」
明里ちゃんの声と私の心の声がハモりました
2人は再び唇を合わせています。
唇が離れると、互いの唾液が名残惜しそうに糸を引きました

やがて、先輩の手が明里ちゃんのオッパイを撫で始めます
一瞬、身体を強張らせた明里ちゃんは
直ぐに脱力して、身を任せる様に目を閉じました
先輩は、ゆっくりと、物凄く目立つ膨らみの
表面を、撫で始めました

「うぉ!すげえ、マジですげえよ」
撫でながら、感嘆の声を上げる先輩…
細身のラインのワンピースが体格線を
強調している、と言うのもあるのでしょうが、
様々な女と浮名を流して来た先輩を
ここまで驚かせるのだから
彼女の胸の感触は相当なものだったのでしょう
撫でられる度に、明里ちゃんは目を閉じて溜息を吐きます
先輩は、次第に力を入れて胸を…
明里の象徴とも言える胸を揉始めました
柔らかさの中にも程よい弾力があり
それでいて、肌はスベスベで、石鹸の香りがふっとしました…
やがて、ワンピースの背中のチャックを降ろすと
ワンピースの上半身部分をずり下げました

紫のセクシーなブラが現れました
ダサいワンピースとの余りなギャップに
驚いたのは、私も先輩も同じだった様です
「可愛いよ」
「先輩もこの方が良いかなって…」
「勝負下着?」
今度は先輩と私の心の中の声がハモりました
しかし、私的には余り好きな感じではありませんでした
セクシーさを強調するあまり、様々な装飾が施されており、
けばけばしい程の装飾は、地味な明里ちゃんには
どうしちゃったの?とも思える程、不似合いでした

真面目な奴が精一杯ハメを外しました的な滑稽さがありました
先輩もそう思ったのか、比較的あっさりと
ブラを外してしまいます

しかし、中身は素晴らしい…
はち切れんばかりの巨乳に
少し大き目の乳輪は、薄い褐色でした
明里ちゃんは手で胸を隠しましたが
先輩は許しません…
暫く揉んだ後に、乳首を吸い始めました…
明里ちゃんは少し様子が変です
「ん~」とか「ふぇ~」とか変な声を出して居ます
先輩も気になったのか…
「どうしたの?」
「なんか…どうして良いのか…分からない…」
全くの初めてで、「どう喘いで良いのか分からない」
と言う事のようです…
私も初めての女の子とシた事がありますが
別に普通に感じていましたが…

「思うままに声を出せば良いんだよ」
次第に、明里ちゃんが「普通に」声を
上げる様になりました
「私、自分の胸なんて嫌い」といつも言っていた明里ちゃん…
その大嫌いな胸を夢中で攻められ
物凄い快感を齎している事に、明里ちゃんは
戸惑っている様でした…しかし、凄い胸です、
田舎の娘で、良く動くので、引き締まった身体をしています
お腹もペタンとしていますし、腕や足の肉付きも程よく…
そこに不自然に盛り上がった巨乳は
男なら誰もが自分のモノにしたいと思う筈です。
先輩も、長時間に渡って、彼女の胸を
攻め続けました、それ以降はむしろ、
あっさりしていました…

胸を攻め終わると、今度はアソコを弄ります
指を入れ、クリを摘み、撫で回します
初めの内は声を圧し殺していた明里ちゃんも
百戦錬磨の手練れの手に掛かって
次第に声が漏れる様になりました
此方から見える彼女の肢体は、艶かしく
アソコの毛も申し訳程度で、綺麗な形をしていました
彼女はこれまで味わった事のない快感に身を震わせていました
唇を噛み締めて、清純な顔を歪ませて喘いでいる姿は凄く妖艶でした
次第に、先輩の指マンが激しくなり、明里ちゃんの声も大きくなります

先輩は自分のイチモツを取り出します
「デカい…」思わずつぶやいてしまいます
明里ちゃんは恥ずかしいのか、目を逸らしています
「これ、舐めてくれる?」
「え?」「舐めるの…」
「ごめんなさい…無理…」
「そっか…」
と彼女のアソコに押し当てました
「痛い!痛いです!」
「大丈夫だから!我慢して!」
「痛い!痛い!やめて!」
「もう少しだから!」
「やめて!ください~」
最後は殆ど泣き声でした

さすがの先輩も強引な挿入を諦め
明里ちゃんの股に自分の巨根を当てがい
素股を始めました、これは明里ちゃんも
気持ちよかったらしく、
先輩の動きに併せて喘ぎ声を上げました
ウブな女の子のあられもない姿に興奮したのか
先輩は呆気なく達してしまいました。
しかし、先輩は、射精の時に
明里ちゃんの膣口から中に向かって
射精してしまいました…
(これが今に繋がります)

その場で抱き合ったり、キスしたり
その後も2人のイチャイチャは続きました
私はその場を離れ、翌日にボイスレコーダーを回収して
そのまま、体調不良を原因に家に帰り
サークルも辞めました。
明里ちゃんとは勿論その後も顔を合わせましたし話もしましたが
彼女は先輩と付き合っている(と思っていた)ので
ぎこちなくなっていました
一週間ほど前のことです…
僕の携帯が真夜中に鳴りました

携帯は明里ちゃんからでした
良く内の親が「呼ぶより謗れ」と言っていましたが
こんな偶然が…一瞬、明里ちゃんがこのスレを見ていて、
怒って電話して来たのかとも思いましたが
勿論、全く違いました
「子供が出来たかも知れない、多分先輩の…」
「そんな事俺に言われても…先輩に言えよ」
「メールで伝えたら、連絡取れなくなった」
「分かった、今からそっち行くわ」
私は妊娠検査薬を持って彼女の家に行きました
なぜそんなものを持って居たのかと言うと
元カノが置いて行った物でした
明里ちゃんのマンションに着くと
明里ちゃんが真っ青な顔をしています

「お前、先輩と付き合っていたのか?」
わざとらしく聞きます
「付き合っていたと言うか…雰囲気に呑まれちゃって…」
「やっただけなのか?」
「付き合って下さいって言ったんだけど、彼女が怖いからって…」
「したのは合宿の時だけか?」
「なんで知ってるの?」
「あ、いや、その…雰囲気に呑まれるのって大抵海だから….」
「うん、その時だけ…」
「じゃあ、これ、妊娠検査薬、これ使え」
「どうしたの?これ」
「買って来た、明里の事が心配だから」「ありがとう…もし」
「ん?」「もし陽性だったらどうしよう」
「堕ろすなら…」
「堕ろすなんて…私はだめ…赤ちゃん可哀想」
「じゃあ、産むのか?」「それは…」

俯いてしまう明里ちゃんは凄く可愛いらしく…
僕は思わず抱きしめていました
「じゃあ、産めよ…俺が父親になってやる」
「え?」
「明里の事、好きだから、明里の子供も
同じだけ好きになれると思う」
明里ちゃんはひとしきり泣いてトイレへ向かいました
そして……
明里ちゃんが検査薬を私に見せます…
そこには妊娠の証はありませんでした…
その後、先輩も加えて話をしました
先輩は僕に殴られるんじゃないかと
ビビっていたそうです
この人は本当に「色男、金と力はなかりけり」
の典型みたいな人です…

今、明里ちゃん故郷に居ます
付き合うに当たって、
明里ちゃんの生まれ育った所が見て見たかったからです
しかし、静かです…時折走る車の音以外
鳥や犬の鳴き声しかしません…
田舎の人は大らかで、僕の様な者でも歓迎してくれました
明里ちゃんの部屋に布団を二つ敷いてくれたのには驚きましたが…