セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談29

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


部屋にあったコンドームを財布に入れてたのを思い出した

俺と香織が出会ったのは高1のとき。出席番号は男女混合だったので、席が前後になったのが仲良くなったきっかけです。
香織は150センチないのにコンプレックスを持っているようでした。
自分も入学当時は160センチしかなかったので『チビは辛いよなぁー…(´・ω・`)』とか言い合ってました。

11月林間学校でも同じ班になったし、行く過程のバスでも先生の趣向により男女隣り合わせにする事になったのですが、お約束のごとく隣り合わせになりました。
普段から仲が良かったのでミーハーな女子が黙ってるわけがありません。安田くん(俺ね)香織と仲良いよね~好きなの?とか聞いてきましたがそんな気は全くありませんでした。

二年になるとまたクラスも一緒。出席番号もひとつ違い…香織に『コレって運命?w』と言われましたが『そうかもなww』と言いつつも本気ではありませんでした。もちろん香織もそうだろうと思ってたし。
話を戻すと僕は野球部に所属していました。香織は吹奏楽部。
僕は二年の時から試合に出てました。その時スタンドで応援してた福井が後に香織と付き合う事になります。付き合うと知った時ですら『おーおめでとう』とくらいしか思ってませんでした。

ただひとつ心配なことがありました。福井は初体験を中学の時にすでに済ませ、高校でも俺が知ってる限り2人に手を出してます。だから香織も福井に色々された上、捨てられてしまうのではないかと恐れたのです。
ただ香織はその点しっかりしてました。『うち高校生のうちにエッチなことなんてやらないもんw!勇馬(福井)だってそれでもOKしてくれたし♪』
この時初めてコイツしっかりしてるなぁ…と、好意を持ちました。

彼氏ができると女って変わるものですね。これまでのショートカットの綺麗な黒髪も、二年の冬ごろには肩くらいまで伸びてパーマって言うのかな?髪がちょっとくるくるしてるやつ。 とにかくより美人になってました。例えるなら…AVの麻美ゆまw似てます!

三年になると初めてクラスが別れました。
しかも俺が一組で香織が六組。結構離れました。そのうち話す機会が減ったのですが、6月頃に福井と香織が別れたという話を耳にしました。
福井はいつかヤらせてくれるだろうと思ってたのに結局ヤらせてくれないのでどーでもよくなったんだとか。アンタそれでも高校球児か?と思いました。
その夜香織に長電話しました。ひたすら慰めてた気がします。多分『今度福井の顔面にボール当ててやるよw』とか言ったと思います。あいつファーストだったし。

あの電話以来俺と香織は急速に仲良くなっていっきました。
夏大では僕の応援曲(必殺仕事人)のソロパートも務めてくれたし。
福井はあれからすぐ新しい彼女をつくったようです。 三学期を迎えたころ、三年生は受験を控えるため自由通学となりました。
そのせいで香織と逢う機会が減ったのですが、時間をみて短いながらも少しずつメールのやりとりもしました。
香織と俺は第一志望の大学に落ちて同じ大学に進学しました。『これも運命なのかもねw』と相も変わらず言い合いました。これが俺と香織のスタートラインでした。

僕には今まで彼女がいませんでした。何度か告白されたことがあるのですが部活で家に帰るのも遅かったし(全体練習後自主練で。福井は一切しなかった)学校から
家までチャリで3、40分かかったので余裕ないのでゴメンナサイと断りました。
香織もその事を知っていたので付き合い始めた時に色々迷惑かけても
『心配しないの!どんまいどんまい』と励ましてくれました。本当に素晴らしい彼女を持てて幸せでした。

今までヤったことのないカップルってのは味をしめたらのめり込むもので…多分毎日のようにヤってました。お互い一人暮らししてたので場所には問題ないし。香織も『うちと〇〇が結ばれるのも運命なのよねw』とかぬかしてるし。幸せでしたよ。

ア イ ツ に 出 会 う ま で は

俺も香織も知らなかったんだけどヤツ一浪してうちの大学来てたんだよ。福井。
坊主引退してから一段とカッコよくなったと思ったらさらにカッコよくなってやがる。少し心配してしまいました。

まぁ香織は一途だし大丈夫だろうと思ってた。でも福井が香織の所属してるサークルに入った時点で狙われてるのではないかと感じた。どう考えたって福井にオーケストラ鑑賞サークルなんて興味ないもん

でも、福井はあまりににカッコよくなっている。俺があんなやつにかなうわけがない。
香織だって本当は顔がいい男が好きなはず。俺は中の下ってとこだ。
そして、福井がしつこくセックスを迫ったから、香織はあいつと分かれようと思ったんだけど
セックスしまくりな今の香織としては、特に福井を嫌いになる理由はないんじゃないだろうか。
そう思うとすごく不安になってきました。

それから一つの決断をしました。本当はアイツと関わりたくなんてないのだけど、久しぶり、とでも声をかけてあいつに近づいて様子を見ることにしました。
これならアイツが香織に近づいたとしてもそれが解るし、近づくことでアイツに俺の彼女である香織にそういう気持ちを起こさせないためでした。
学食であいつを見かけ『よう、久しぶり』と言うと『おお~○○~。久しぶりだな!』なんて軽々しく返してきました。
それからは毎日一緒に昼ごはんを食べて世間話をするようになりました。当然俺が香織とずっと付き合っている話もしました。
それにしても近くでみれば見るほどいい男です。切れ長の目に根元がすっと高い鼻、引き締まった薄い唇。
毎日間近で見ていると福井の顔のよさ外野というほど分かってきました。男の俺から見ても最高にいい男です。
そしてよく話してみてわかったのですが、イメージと違って福井はとてもいいやつでした。福井の印象が日に日に良くなって来ました。

そしてしばらくして昼の学食での一時が俺の幸せになりました。

それから一つの決断をしました。本当はアイツと関わりたくなんてないのだけど、久しぶり、とでも声をかけてあいつに近づいて様子を見ることにしました。
これならアイツが香織に近づいたとしてもそれが解るし、近づくことでアイツに俺の彼女である香織にそういう気持ちを起こさせないためでした。
学食であいつを見かけ『よう、久しぶり』と言うと『おお~○○~。久しぶりだな!』なんて軽々しく返してきました。
それからは毎日一緒に昼ごはんを食べて世間話をするようになりました。当然俺が香織とずっと付き合っている話もしました。
それにしても近くでみれば見るほどいい男です。切れ長の目に根元がすっと高い鼻、引き締まった薄い唇。
毎日間近で見ていると福井の顔のよさ外野というほど分かってきました。男の俺から見ても最高にいい男です。
そしてよく話してみてわかったのですが、イメージと違って福井はとてもいいやつでした。福井の印象が日に日に良くなって来ました。

そしてしばらくして昼の学食での一時が俺の幸せになりました。

よく考えれば、福井は何も悪くなかったんです。俺だって香織とセックスしまくってたし。
ただ香織は一方的に別れを切り出したらしく、福井としては突然の事で何がなんだかわからなかったみたいです。
それなのに、知らずに香織と付き合ってる話をする俺に福井はただ『そうか。お前いいやつだからきっと香織も幸せだよ』なんていってくれてたんです。

なんだか段々福井のことを知っていくたびに罪悪感のようなものが俺の心に芽生えていきました。
なんで俺はこんなにいいやつの事を勝手に敵対視していたんだろう。そうおもって一方的な敵対心で福井に近づいた自分が恥ずかしくなりました。
そういう罪悪感もあってか俺は福井に出来るだけ優しくしようと思ったし、福井もいつも俺に優しくしてくれました。

ある日、思い切って福井を遊びに誘うことにしました。なんだか福井を誘うのは凄く勇気がいったんですが同時に凄く楽しみでした。
そのときはちょうどバイト先の先輩にもらった歌広場の一時間無料券を持っていたのでカラオケに誘うことにしました。あいつも歌好きみたいだったし。
待ち合わせの日がなんだか怖くて、でも待ち遠しくてなんだか落ち着かない数日を過ごしました。
惚れ惚れするほどかっこいい福井と一緒に街を歩いてもいいように、二日前から着ていく服を選びました。ファッションのセンスなんて俺にはないけど。それでも一生懸命に頑張りました。

そして待ち合わせの当日です。あろうことか俺は緊張して眠れなかったために大幅に寝坊してしまい、一時間も遅刻してしまいました。
頭もボサボサでせっかく準備した服もヨレヨレで走ってきた俺に、福井はただ『お疲れ様』と言うだけでした。
また罪悪感が俺の中に芽生えるのを感じました。でもそれは今までの罪悪感とも違う。申し訳ないって気持ちと、こいつにも優しくしてあげたいという気持ちが混ざったような微妙な罪悪感でした。

『ご飯食べてきた?俺食ってきたからお前お腹すいてるんだったらマックでも行こうか。』福井はそう言ったけど、俺は『大丈夫食ってきた』と返事しました。
そして俺は福井の手をつかむと歌広場のほうに歩き出しました。本当は寝坊して急いで走ってきたからスゲー腹減ってたけど、それよりも早く福井と一緒にカラオケで落ち着いて話したかった。

歌広場について受付を済ませようと思ったとき、まだ俺が福井の手を握ってたことに気づいて慌てて手を話そうとしました。
でも福井はそんな俺の顔を見てククッ、と笑うとギュッと俺の手を握り返してきました。さすが球児だっただけあって握力を感じたし、何よりも男らしい手でした。
でも右手を握られたままじゃ字がかけません。それでやっぱり俺は手を離そうとしたんですが、福井が繋がれてない右手を出すとサッと几帳しました。

その何気ない動作が俺の気持ちを変えたきっかけでした。

カラオケルームに入るまで俺はずっとドキドキしっぱなしでまともに福井の顔を見れませんでした。
福井はそんな俺を気にしてかエレベーターの閉めるボタンを押したあと、どこの階も押さずに扉を閉じたままにして俺の頭に手を置きながら『どうした?走ってきたから具合悪いか?』と優しく声をかけてくれました。

カラオケルームに入ると福井はゆっくりつないでいた手を離し『ほら、座りなよ。もうすぐ飲み物くるからさ。』と言いました。

福井が好きだ。

心からそう思いました。俺は勇気を振り絞って福井に抱きつきました。思ったよりも細い福井の体。その感触に頭が真っ白になってしまった。

福井は俺の突然の行動にビックリしたようでした。ビックリして少し後ろに体を引きました。でもそんなことは全然俺には関係なくて、福井に抱きつきたい、その気持ちがただあるだけでした。
俺は福井の細いけれど逞しく包容力のある体を、俺の細くて華奢な体で精一杯抱きしめました。今、俺の腕の中に福井がいる。それ以外何も考えられなかった。

福井が香織と同じサークルに入ってからなるべく関わりを持たないようにしろと言いました。不安はありました。少なからず未練が残ってたはずだからです。サークルの飲み会がある時など心配のしっぱなし。30分に一回のペースで電話しました。

福井は本当にどうしていいかわからないみたいでした。俺はとにかくそんな福井が愛おしくて、自分の精一杯の気持ちを込めて福井を抱きしめました。
俺はトントン、という扉のノックの音で我に返りました。店員が飲み物を運んできたんです。
急いで福井から離れました。カラオケルームに一瞬微妙な空気が流れましたが、店員が出て行ったあとビックリした顔の福井と目が合うと二人で声を出して笑いました。
ああ、やっぱりこんな素敵な笑顔で福井は笑うんだな。そう思って俺は笑いながらなんだか福井と一緒にいる嬉しさのような寂しさのようなものがこみ上げてきました。
ああ、俺は男なんだ。いや、そんなことがなんだってんだ。でも俺には香織という彼女がいる。香織を裏切ることは出来ない。

『あのさあ・・福井』俺は自分の気持ちを福井に伝えようと思ってそう口にした瞬間、俺の言葉はさえぎられて福井の顔が俺の目の前にあった。
福井の舌が俺の唇をこじ開けるように入ってきた。俺はビックリして『ウン・・ウッ・・ウッくぅい・・』とふさがれた口からうめき声を出してしまっていました。
自分から福井に抱きついたとはいえ、まさかこんなことになるとは思っていませんでした。福井の下が俺の口の中でゆっくりと動いて俺の舌と絡み合っている。そう考えただけでおかしくなりそうでした。
しばらくゆっくりキスをしたあとヌポッという小さい音を出しながら唇を離した。
福井はその綺麗な瞳で俺の事を真っ直ぐに見つめながら『わかってる。大丈夫。今は俺たち二人しか居ない。香織にとっては二人でただ買い物に行ってカラオケしただけ、そういうことだ。今はただ二人で居ることを楽しもう。』

電話をかける度に香織の酔い度が上がってる気がしました。元々酒に強くない彼女でしたし…11時半回った時はさすがに帰ってこい!と電話を入れました。しかし彼女は
『ダメだ!歩けないから友達ん家に泊まるわ~プツッ』
ヤバいと思いました。友達ってもちろん女だよな?え?え?男もいるの?てか福井は?

その日は寝れませんでした。ずっと留守番だしメールこないし

次の日キャンパスで彼女を探しました。けれども見当たりません。そのかわり香織のサークルに会いました。そこで聞いた話に愕然…香織の介抱をしたのは福井だったらしい。
俺は手に持ってたクリアケースを落としてしまいました。

俺は速攻電話をかけました。
香織『もしもし〇〇?昨日は…ゴメ…』
俺『今すぐ食堂に来てくれ。必ずだからな』
香織『え?どうしたの?』
俺『昨日なんで電話出なかったんだ?』
香織『だって…寝てたんだも…』
俺『もちろん女の家に泊まらせてもらったんだよな?そうだよな?』
香織『も、もちろん…』
俺『わかった。とにかく早く食堂に来いよ。』
多分付き合い初めてから香織の話を聞かず一方的に話したのは初めてだと思います。とにかくキレました。

電話してすぐ、彼女はやってきました。
香織『ちょっと…どうしたの?いきなり』
俺『俺が言わないと解らないか?』
香織『昨日の事?うちかなり酔ってたのよ。今だって頭痛いし。心配させてごめんね、』
俺『なぁ。本当に女のところに泊まったのか?福井とはなんにもなかったのか?』
香織『そりゃぁ…あるわけ…ないじゃん』
ここで俺、ありもしない嘘をつく
俺『昨日心配で福井のアパートに行ったんだ。そしたらお前と福井が入っていっただろ。見たんだよ。』
普通に考えると、俺は福井のアパートなんてしらないし、彼女にお前呼ばわりしたのは初めてです。でも彼女は福井と言う単語が出てから明らかに動揺してました。

その後ずっと沈黙を続ける彼女。
俺『よし、福井呼ぶか。』香織『ちょっと…なんでよ。やめてよ…』
俺『じゃあお前の口から話せ!』 クリアガラスの机を思いきり叩いてしまいました。

香織『本当は…勇馬の家に行ったの…』
俺『そりゃわかるよ。家でどうだったのか聞いてるんだよ。』
香織『私…やってない!寝てただけ…』
ここで彼女は泣き出す。女は卑怯だよ…
俺『財布見せろ…』と半強制的に奪いました。先日彼女とラブホ行ったとき、部屋にあったコンドームを財布に入れてたのを思い出したからです。 案の定ありませんでした。

俺『どーゆーこと?』
香織『ちがう…家に置いてきたの…』
俺『じゃあ今から香織の家に行くか?』
香織『ワァーン』
さすがにこの状態はまずい。香織ととりあえず近くの喫茶店に入りました。
出来るだけ優しい声で
『俺は香織が一番好きだ。高1からずっと一緒だったんだ。簡単にお前を離さないよ。だから…俺にはなしてくれ』

結論から話すと、ズバリやってました。福井は経験豊富だからそのテクにはまってしまい、三回イってしまったそうです。しかも前は愛し合ってた者同士。また福井に惹かれているそうだ。浮気してしまった自分が許せないからふってほしい。
だと。ふざけるな!とまたキレました。香織は泣くばかり。

『なんだ?俺と別れて福井と付き合うのか?』
『……昨日告られた…またヨリ戻したいって』
『あのなぁ…一度ふられたんだぞお前。体目的なんじゃねーの?』
『勇馬はそんなやつじゃない!それに…あなたと付き合ってるときも勇馬が私の頭の片隅に残ってたの』
俺ノックアウト。

次の日、福井を呼び出しました。バツの悪そうな、それでもかすかな笑みを浮かべる福井。
『お前本当に香織を幸せにできるのか?』
『あぁ…大事にしたい』
『これで別れたりしたらぶっ飛ばす。俺の幸せ踏みにじったんだからな』
『あぁ…みていてくれ』


俺は彼女にあんなこと言われたら愛情が薄れていった。あんな冷酷なヤツだったか?あんなに非常識だったか?
おれは彼女が高校の打ち上げの時、騒ぎまくって店に迷惑をかけたときみんなが店を出てから一人レジの人に『迷惑かけて申し訳ありませんでした』と謝ってたのを知ってる。
大学入試の試験会場に行く途中に発作を起こした子供を病院に連れてったせいで第一志望を受けられなかったのも知っている。
あんなに優しくて礼儀正しかったのに…

結局アイツらが付き合ってから3ヶ月たたずに別れたそうです。その時に福井を殴りました。じゃあ何故俺から香織を奪った?あの日交した約束はなんだったんだ?
何発殴ったか覚えてません。その後香織に会いたいとメールが来ましたが無視してメアドを変えました。あんな簡単に別れたのを見たら馬鹿馬鹿しくなって醒めてしまいました。
今は結婚した妻と幸せに暮らしています。香織は…どうなんだろう。少なくとも福井以来は彼氏つくってなかったと思う。