セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談34

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


彩のおっぱいに顔を埋め、下で乳首を転がす。そして下半身へ。

俺が大学3年、彼女が短大の2年のときの話。
彼女の名前は彩。俺たちはバイト先で知り合った。
俺が大学2年の4月、短大に入学した彩は俺がバイトしていたファミリーレストラン
にバイトの新人としてやってきた。
最初に出会ったときはそれほど意識しなかったが、素直な性格、童顔な顔に似つかわ
しくない身体つきに俺は少しずつ彼女の魅力に惹かれていった。

バイトの連中の中には、彼女のことが好きなやつが何人かいて、
競争率は高かったが、俺も彩もラスト(12時)まで一緒に仕事をする
機会が多かったこともあり、11月についに彩と付き合うこととなった。

12月のクリスマスの日、自分のアパートに初めて彩を招待した。
互いにプレゼント交換し、ケーキにロウソクを立て、雰囲気が盛り上がって
きたところで、キスをしようとしたが、拒まれてしまった。
なんと彩は処女で、キスもしたことがないと言う。
高校のとき、一人付き合ったことがあったが、その人からもキスを迫られた
が、軽そうでいやだったので拒みづつけ、しないまま別れてしまったとの
ことだった。

俺はそんな彩を大事にしたいと思い、我慢しつづけた。
その甲斐あって、2月のバレンタインの日、彩の方から俺の部屋に泊まりに
行くと言ってきた。
俺は3日前から、落ち着かなかった。
未だ見ぬ彩の裸体を想像して、悶々とした。
当日は、朝から部屋の片づけをして、彩が来るのを待った。

夕方、彩は買い物袋を両手にぶら下げてやって来た。
彩は得意のクリームシチューを俺に振る舞ってくれた。
エプロン姿の彩もとても可愛かった。
彩のことが好きで好きでたまらなかった。
食後、俺は夢中で彩を抱いた。
彩もこの前のように拒まず、キスを受け入れてくれた。
キスをしながら、セーター越しに彩の胸を触った。
ずっしりとした量感が手に伝わった。
想像以上の大きさだった。俺は夢中でセーターを捲くり、
ブラジャーをずり上げ、彩の胸をさらけ出した。
俺はその時の感動を今でも忘れられない。
彩の胸は俺の想像を越えて大きかった。(後から聞いたのだがEカップ)
そして18歳だけあって、張りがあり、色素の薄い乳首は上を向いていた。

他人に初めて裸を見られた彩は恥ずかしそうだった。
その恥じらいが俺をさらに興奮させた。

彩が処女であったことは間違えなく、色々と苦心したが、なんとか
その夜、初めて俺たちは1つになることができた。

それから俺たちは週1回は、俺のアパートで抱き合った。
俺は幸せだった。彩への気持ちはまったく薄れることはなかった。
こんな日がずっと続いていくことを疑うことなどなかった。

彩は短大2年になり、就職活動を始めた。
彼女はバイトも入らず、就職活動に打ち込み、6月には見事1部上場企業の
内定を獲得した。
大学3年の就活未経験の俺にはその価値は分からなかったが、相当すごいこと
であると彼女の友達から聞いた。
俺たちは二人で祝杯をあげた。
そのとき、なんとなく彩が少し遠くへ行ってしまった気がしたが、そんなこと
はないと自分に言い聞かせた。

そして事件は8月に起こった。

彩の就職が内定した7月、8月に内定者海外研修旅行があることを聞かされた。
彩は行こうか、行くまいか悩んでいるという。
それは、俺たちが軽井沢へ旅行する日程とダブっていたからだ。
俺は「これからの彩の会社生活にとって大事な研修なんだから、俺に構わず
行ってこいよ!」と精一杯の強がりを言った。
心の中では、行かないでいてくれることを願いながら。

彩は海外研修へ参加することとなった。
参加するのは女性5名に対し、男性20名とのこと。
それを聞いて多少の不安は感じたものの、
「〇〇君(俺)が欲しがってたビトンの財布、お土産に買ってくるね!」
なんて言ってくれるもんだから、不安を打ち消し、笑って見送った。

彩の旅行中、俺は何故か落ち着かなかった。
彩の置いていってくれた研修旅行の日程表に目を通すと
日程の中にSビーチ自由行動に目がいった。
彩はこの日のために水着を買っていた。
その買い物に俺は付き合った。俺は大人しめのワンピースの水着を
勧めたが、店員が今年の流行はビキニですとしきりに大胆なものを
選んで持ってきため、押し切られた形で青白のストライプのビキニ
になった。
ふとビキニを試着したときの彩の姿を思い出した。

そこには、服の上からは想像できない彩の深い胸の谷間があった。
(どっかの歌のフレーズにもあったが・・・・確か1993××)
この姿を20人の同期の男達に見られてしまう・・・・・
とても不安になった。
さらに日程表をみると『ディズニーワールド自由行動』
さらに不安になった。

目を閉じると男達の顔が浮かぶ。
男達は彩のビキニ姿をいやらしい視線で追いかけている。
そんな視線に全く気がつかず、無邪気にはしゃぐ彩。
彩のビキニの深い谷間。おっぱいが柔らかすぎて、走るたびに大きく揺れる。
旅行日程は一週間。その間、男達は彩のそんな姿を見て、我慢できるだろうか。

次に目に浮かんだのは、ホテルの一室。
女二人、男五人が狭いツインベッドの部屋で集まって飲んでいる。
その中に彩がいる。
彩の姿はタンクトップにデニムのミニスカート。
普段はタンクトップ1枚で外出するようなことはない彩だが、海外の
雰囲気がそうさせているのか。
男3人に囲まれて、お酒を勧められている。
彩はお酒に弱い。すぐ赤くなる。
飲んでいるうちにガードがだんだん緩くなり、正面の男からはスカート
の中がチラチラと見えている。
さらに両サイドの男からは胸元を覗かれている。

さらに男の手が彩の胸に・・・・・
そんなことがあるはずない!そんな想像を打ち消しながら、
日々を過ごした。
3日目に彩から国際電話があった。
内容は「早く会いたい!帰ったら直接アパートに行くから、空港に着いたら
電話するね!」という、俺の悶々とした思いを吹き飛ばしてくれるものだった。

それから4日間、長かった。
早く彩を抱きたかった。
彩がアパートにやってきたら、1週間の思いを叩きつけてやる!
と意気込んで興奮している自分がいた。

でも、4日後、その思いは無残にも打ち砕かれた。

彩が帰国する日、俺は落ち着きなくアパートの部屋にいた。
そろそろ到着時刻だ。
到着予定時刻が過ぎて1時間。電話は来ない。
彩の携帯に掛けてみる。つながらない。
「帰国手続きに時間がかかっているんだ」自分に言い聞かせる。
さらに1時間。電話は来ない。

それから40分程経って、電話が鳴った。彩からだ。
慌てて電話を取る俺。
俺「どうした。連絡待ってたぞ!」
彩「ごめん」
俺「今何処にいるんだ」
彩「新宿、今から帰るところ。今日疲れちゃったからそっちに行けない」
俺「いいよ。そりゃ時差もあるから疲れるよね」
彩「ごめんね」
俺「明日は大丈夫なのか」
彩「たぶん。明日学校だから、終わったら連絡するね」
俺「ゆっくり、休めよ!」

落胆した気持ちを押し殺しながら、会話を終えた。
明日会える。それだけが俺の気持ちを奮い立たせた。
いつもの彩と違っていたが、それは旅行疲れのせいだと言い聞かせ、
明日を待った。
そのとき、初めてぼんやりと彩を失うかもしれない恐怖を感じた。

彩の帰国翌日、俺は少しでも気持ちを紛らわそうと久しぶりにサークルに
参加したが、彩のことを思うと集中できず、途中で切り上げアパートに
帰ってきた。
午後3時、そろそろ彩の授業が終わる時間だ。電話を待つ俺。
午後4時、電話は来ない。
午後4時30分、痺れをきらして彩に電話をする。
かなり長いコールのあと、彩が電話に出る。
俺「どうした?」
彩「ごめん。友達とお茶してたら、遅くなっちゃった」
俺「今から、こっちに来れるか」
彩「・・・・・(沈黙の後)今日は外で会いたい」
このとき、俺の中で燻っていた恐怖の炎が大きくなりだした。

俺「分かった。今何処にいるんだ?」
彩「新宿」
俺「じゃあ今から新宿に行くから!5時半にいつものところでな!」
俺は急いで新宿に向かった。
いつもの待ち合わせ場所で彩と会った。
久しぶりの彩はいつもと変わらなかった。
俺は、彩を飲みに誘った。
居酒屋での彩は、いつもより饒舌だった。
話の内容は、楽しかった研修旅行の件がほとんどだったが・・・・・

俺は彩の笑顔を見ながら、話を聞いていると少しほっとしてきた。
彩は何も変わっていない、やっぱり俺の取り越し苦労だったんだと。
居酒屋を出るとき、俺の恐怖の炎はほとんど消えかかっていた。
俺はアパートに帰ろうと彩を誘った。
彩は「もう少し一緒に歩いて酔いをさましたい」と言ったので、
近くの公園に行って、ベンチに腰掛けた。

彩が徐に紙袋を取り出し、俺に渡した。
俺は紙袋を開けてみると、そこにはビトンの財布が入っていた。
彩「はい、おみやげ!」
俺は思わず、彩を抱きしめた。
こんないい子を少しでも疑ってしまったなんて!
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

俺「彩、ごめんな。昨日から彩の様子がおかしかったんで、旅行中に彩に
なにかあったんじゃないかと疑ってた。ほんとにごめん!」
暫し、沈黙。
彩「〇〇君。謝らないで・・・・・」
彩は下を向いてそう答えた。
再び、俺の中の恐怖の炎が燃え上がりだした。

俺は意を決して、彩に話し掛けた。
俺「何かあったのか?」
彩「ごめん」
俺「ごめんじゃ、わからないよ。ちゃんと話をしてくれなきゃ」
彩「・・・・・」
俺「少しは覚悟していたから大丈夫。何聞いても驚かないよ」
彩は旅行中の出来事を少しずつ話はじめた。

最初の夜の夕飯後、内定者歓迎会のレセプションがあり、
この時に真由と小林は隣になり、真由は小林の関西ノリのテンポのよい
トークとちょっとジャニーズ系な容姿に惹かれ始める。
彩は、部屋に戻ってきてから、真由からそのことを聞いて、なんとか
力になってやりたいと思った。
本田は最年長でもあったせいか、全体のまとめ役で、中心的存在で、
彩も話し掛けやすかったので、本田にそのことを相談した。

本田は、以前、内定者の集まりのときに彩を見かけ、気になっていたので
彩から相談を受けて、自分にとっても好都合だったのだろう。
快く、二人の橋渡しをするこに協力することを約束してくれた。

3日目のビーチでの自由行動のチーム決めも本田は、真由と小林を一緒に
するように根回ししてくれた。もちろん、本田も彩も同じ班だった。

彩は、小林が苦手だった。
ビーチでは、平気で「お前、乳でかいな!」なんて面と向かって言われた。
それまでは、自分のビキニ姿をそれほど気になっていなかったが、
小林からそう言われてからは、男性陣の視線が気になりだした。
話をしている間、他の男性は、彩の胸をチラチラ遠慮がちにしか見ないのに
小林だけは、遠慮もせずに覗き込むように見ているので、
「小林君、見すぎです!」って注意したら、
「減るもんやないやろ!お詫びに俺のを見せたるで!」と
自分の海パンを脱ごうとしたりして、彩をからかった。

日程が進むにつれて、真由と小林の仲は良くなっていったような感じだった。
一方、彩も本田の自分への好意も感じ始めていた。
5日目の夜、彩は本田に呼び出された。
薄暗いホテルのロビーのソファーで二人はいろいろな話をした。
1時間くらい経った時、ふと本田が沈黙した。
彩「どうしたの?」本田を覗き込む。
本田はいきなり、彩にキスを迫った。
彩は顔を背け、かろうじて逃れた。

さらに迫ろうとする本田。
彩「本田さん、ダメだよ。私、彼氏いるから!」
本田「そんなの関係ないよ。それでも俺の彩ちゃんへの思いは何も変わらないよ」
本田は彩をソファーに押し倒しながら、強引に唇を奪った。
彩は少し思わせぶりな態度で接した自分も悪いと思い、キスくらいはしかたない
かと我慢した。
本田は彩の抵抗が無くなったことをいいことにTシャツ越しに胸を触り始めた。
彩「それはダメ!」
本田の手が彩のTシャツの中にのびる。
彩は懇親の力で本田を押しのけると一目散に自分の部屋に駆け込んだ。

彩は落ち込んだ。
明日から、本田とどう接すればいいのか。
自分が思わせぶりな態度で接してきたからいけないんだ。
最初から、彼氏がいますとはっきり公表しておくべきだったんだ。
そう思いを巡らせているとドアがノックされた。
まさか、本田では・・・・・
彩「誰?」

「彩、夜遅くごめん。真由です」
真由だった。扉を開ける。そこには泣いている真由が立っていた。
部屋の中へ入れて、話を聞く。
今晩、意を決して小林の部屋へ押しかけて、小林に告白したが、
前の彼女が忘れられないと受け入れてもらえなかったらしい。
落ち着くまで真由の話を聞いてあげた。
彩は自分のことも話をしようかとも思ったのだけど、真由と逆の立場の
話なので、感情を害するのではないかと思い、話すのをやめた。

次の日、彩は憂鬱だった。
朝、本田に明るく「おはよう!」と声をかけたが、本田から無視された。
仕方ないとは思ったものの、研修中気持ちは晴れなかった。
そして、最後の夜のお別れのレセプションが始まった。
賑やかな場の中で、彩はひとりでぼんやりしていた。
なんとなくひとりでいたいという気持ちと寂しさが交錯していた。
そんなとき、後ろから声を掛けられた。

「よっ!ボインちゃん!」
小林だった。
彩「なによ。おっぱい星人!だいたいボインなんて死語でしょ!」
小林「なんか、元気ないじゃん!どうしたんや?」
小林の思いがけないやさしい言葉に我慢していた思いが溢れ出し、
涙が出てきた。

彩は、この場で泣いてちゃいけないと思い。
「小林君、ごめん。ありがとう」と言って立ち上がり、部屋へ向かった。
部屋に戻るとひとしきり泣いた。
暫くして、トントン、部屋をノックする音が聞こえた。
ドアを開ける。そこには小林がワインとグラスを2つ持って立っていた。

小林「何があったか聞かんけど、こんな時はひとりでいるな!
俺がとことん付きあったるから」
そういいながら、持ってきた赤ワインを持ち上げた。
彩「心配かけてごめんね。そうだね、飲もうか」
彩は自然に部屋に小林を招き入れた。
それから、二人はいろんな話で盛り上がった。
あっという間にワインがが1本空いた。

彩と小林、二人ともいい感じで出来上がっていました。
小林「そういえばさっき、お前俺のことおっぱい星人っていいやがったな!
なんで、そんなことわかるんかよ!」
彩「だって、ビーチで私の胸ばかりみてたじゃん!エッチ!」
小林「あんなビキニ着てたら、おっぱい星人じゃなくたって見るよ!」
彩「そうなんだ。じゃあ小林君はおっぱい星人じゃないんだ」
小林「そういうわけじゃないけど」
彩「やっぱり、おっぱい星人なんだ!やーいおっぱい星人!」

小林「彩、元気になったね!よかった」
彩「えっ、ほんとだ。すっかり嫌なこと忘れてた。小林君いい人だね」
小林「元気のない彩は彩じゃないよな。あと、胸の小さい彩も彩じゃない」
彩「ひどいなぁ~。またおっぱいのこと言ってる!」
小林「元気なのもおっぱいも彩の取柄だから」

彩はこの時点で、小林のことが好きになっている自分に気がついた。
彩「小林君も私の胸に興味あるの?」
小林「そりゃそうだろ!今回参加しているやつらでお前の胸に関心の
ないやつなんていねーよ。ビーチの日の夜なんて、お前のおっぱいの
話で男子部屋は持ちきりだったぜ」
彩「他の人のことなんてどうでもいいの!小林君はどうなの?」

小林は無言で彩に唇を重ねる。
それを受け入れる彩。長い時間二人はキスを続けた。
そして、小林はTシャツの中にすばやく手を伸ばし、彩のブラを外した。
ビーチでビキニ越しに視姦した彩のおっぱいがこぼれる。
彩のおっぱいに顔を埋め、下で乳首を転がす。そして下半身へ。
酔っているせいなのか、小林への気持ちなのか彩は異常に感じたらしい。
彩は小林を完全に受け入れた。

西新宿の高層ビル街のベンチ。
俺は、脱力感と少しの興奮の中で、彩の話をじっと聞いていた。
その中で心は決まっていた。
彩と別れようと・・・・・
どうしても彩を許せない自分を消すことはできなかった。

研修旅行の最終日、空港で自由行動が1時間あり、誰にも内緒で
彩と小林は一緒に行動した。
最後の10分、彩は思い切って小林にこれからどうするのかと
聞いた。
「お前も彼氏がおるし、俺も前の彼女のことを引きずっている。
お前は東京やし、俺は大阪にもどらなあかん。お互い帰ったら、
もう一回将来のことを真剣に考えようや。そして1ヵ月後また
会おう!」
小林はこう彩に答えたらしい。

再び西新宿の高層ビル街のベンチ。
長い沈黙の後、それをやぶったのは俺だった。
俺「これから、彩はどうしたいの?」
彩「どうしていいか分からないの。私にとってどっちも大事だから」
俺はそんな彩の言葉に少し腹が立ったが、冷静に言葉を選びながら
話をした。
俺「彩の中では小林を受け入れた時点で結論はでているんだと思う。
これから小林とお付き合い始めるのかどうかは知らんけど、きちんと
俺とのケジメをつけて、がんばんな!」
泣き出す彩。
泣きたいのは俺のほうだった。でもここで泣くのは俺のプライドが
許さなかった。

もっと取り乱すかもしれないと思っていたが、意外に冷静な俺がいた。
泣き止まない彩の手をとり、タクシーを拾った。
タクシーで自分のアパートまで、彩を連れて行った。
最後と思い部屋で彩を抱いた。最後の思いを彩にたたきつけた。
彩も最後と思ったのか、素直に俺のことを受け入れた。
最終電車に乗るため、最寄の駅まで彩を送っていった。
駅までの道、二人とも無言で歩いた。
最後に乗るときに彩が「また電話してもいい?」と聞いたが
俺は答えなかった。