セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談6

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


愛とかのセックスじゃなくて、遊びのセックスも覚えていいんだよ

仲間4人で買ったばかりのWiiで遊ぶことに。そのうちエロの話題になり、その場所主のA君が彼女を呼ぶ事になった。
Aの彼女の千恵は、みんなでゲームをするつもりでやってきたが、Aが、「みんな千恵が好きだって言うから集まったんだよ。」
俺は千恵の事など知らなかったが「写真で見て惚れました」とかみんな適当な事を言った。
しかし、A「ファンクラブ集会一回目で唐突だけど、みんなの相手してやってよ」の言葉に、氷ついた。
千恵「いやよ。冗談きついって」
「大丈夫。愛とかのセックスじゃなくて、遊びのセックスも覚えていいんだよ。」
「付き合ってないと無理よ」
「付き合うって時間の問題? じゃ何時間からOKなの? それってただのパラドックスで自分でハードル上げてるだけじゃん」
延々と説得は続き、俺が近くのコンビニでお酒を買ってきて飲みながら恋愛論になって行った。
俺「軽いとか軽蔑する奴って、結局楽しい事出来ずに生きていく負け組だよね」
A「俺は千恵の愛情が変わったわけじゃない。もっと人生楽しみたいだけだ。千恵と一生楽しく生活したい」
プロポーズの様なセリフと共にAと千恵はキスをした。

千恵は「わかったわよ。でも人前でとか、回されちゃうのは絶対無理」
ここまで千恵が来てから3時間経過し、夕方になっていた。
A「ちょっと部屋から出といてくれ」とAが言うので
2人を残し、徒歩5分のコンビニで時間をつぶした。
20分程度経過した後、Aからメールで「順番決めて一人来い」
順番はB、C、俺となった。ビリだ。Bは、「じゃ次に繋がるよう頑張るよ」と部屋に向かった。
俺とCは、店内で勃起させてるのも色々な意味でヤバイので、駐車場の車止めで座って待った。
さらに長々と待ち、30~40分程度でAが来た。

「結構苦労したけどBとやっと始まったよ」
「Aお前本当にいいのか?」
「ああ大丈夫だよ。気にすんな」
「愛情なくなったのか?」
「いや、さっきも言った通りだ。愛情はむしろある。」
「Bには言う間が無かったが、部屋にビデオがセットしてあるからそのつもりで。」
「一人30分という持ち時間でよろしく」
BからAが戻って20分後に携帯で連絡があり、AとCが向かいBが帰って来た。

にやけたBに「どうだった?」と聞いた。
「かなり良かったよ。千恵ちゃん俺で2人目だって。俺ラッキーだな。」
突然、胸が熱くなった。
「何人かと、かなりな所までしたけど、挿入まで行ったのはAが初めてなんだってよ。Aは、実はかなり嫉妬深いらしいぜ」
「俺、千恵ちゃんで5人目だけど、その中でもかなり良かった。」
その後、色々質問したが、「まぁ自分の目で見てこいって」と取り合ってもらえなかった。
今度は、Aは10分程度で戻ってきて、店内でBとヒソヒソ話していた。

Cはかなり遅かった。GW中とはいえ、すっかり夜になり寒かったが、やりたい一心で想像膨らませながらまった。
30分を過ぎた頃からは、もう順番だと思い、1分が1時間位の思いで待ち続けたが連絡が来ない。

50分過ぎようとしているあたりでAがCに電話した。
「どうなの? 時間かなり過ぎてるけど。 ええっもう少しで出そう? あぁ・・・ D(俺)もまってるし、早くしないと夜だし・・・
じゃ10分後に・・・・ああ10分後。Dと向かうよ」
10分後にAと向かった。俺はもう心臓バクバクで常に胸がジーンと痛い感じだった
エレベータ降り、通路を歩くと、Cが丁度玄関のドアから出てくる所が見えた。
Cは赤い顔で熱そうだった。「お。D悪かったね」
体が冷えきった俺とは全然違う。
「頑張れよ~」と俺に声かけたが、俺は正直たいした理由でも無いのにむかついてシカトしたが、
Aに「気持ちはわかるが、女性と接するまえに熱くなるな。いつもの冷静なお前になれ」と言われて気分を落ち着けた。
部屋に入ると千恵は、毛布から上半身だけ出して座っていた。大きくはないがBかCカップと思う胸はかなり形が良かった。

千恵の髪が少しだけ乱れているのが実に綺麗で良いのだが、少し泣きが入っているようだった。
千恵はAに甘え、「もう疲れた。今日はもういや。あとは明日にしようよ」
A「あと一人だよ」
「遅くなってきたし帰りたいよぅ」
A「そんな事言わずに、今日はもとテンション上げて、弾けて、そんで楽しもうよ」
「楽しめなかったよ。だって優しくないんだもん。」
「え~優しくしてやってと頼んどいたけど。Cいいやつだし」
「全然だよ。優しくなかった。手でするのも激しくて痛かったし、何回もしたがって体中いたい」
そういえばCは素人童貞だった。風俗では何人も経験があるらしいが見た目そんな悪くない奴なのに彼女が出来ない。
生身の女性に優しくできない、そんな本性が相手にばれているのかもしれない。
俺は、「千恵ちゃん。俺はスペシャル優しいモードで頑張るから、途中でいやなことがあったら直ぐ言ってよ。」
千恵「うん・・・・」
「して欲しい事とかあれば、頑張ってそれもやるからさ」

A「時間も長いと大変だよ。今度は30分丁度でもう迎えにくるから、美味しいもの食べに行こう」
それで千恵は納得しAは出て行った。
沈黙の中、俺は全裸になると、千恵はこっちを見ていた。
「千恵ちゃん、俺で4人目? じゃ4本観察してどう?」
「入れたのはAからだけど、中学の頃から彼氏にはフェラまではしてたし。」
「へぇ~みんな入れたがらない?」
「入れたがってたけど怖かったし、2人は試したけど入らなかったから、私セックスって出来ない女だと思ってた」
俺は手が汚れているのに気がつき、手を洗ってきてから毛布に入った。
すでに全裸の千恵の肌を体の横に感じ、千恵を抱き寄せて顔を見ると、涙いっぱい溜めていた。
「千恵ちゃん大丈夫?」
「ごめん・・ずずっ大丈夫。優しくしてね。ゴム自分で付けてね。・・・・ズズっ」泣きだす寸前の千恵だった。

涙に凹んで、チンが萎えたが、胸を優しく下から持ち上げると千恵は目を閉じた。
勃起した俺はゴムを装着し、下に手を伸ばすと千恵は足を開いた。
優しく指で愛撫し、千恵の足の間に座って、千恵のアソコを広げた。形に崩れは無いが色は濃い。
確かに入り口あたりが赤く腫れている気がする。指を入れると
「ん・・・ちょっと痛い・・・・もう入れちゃって」。しかし、千恵は両手で顔を隠し、また泣きが入ってきた。
俺の物が少し入り始めると、ついに千恵は両手で顔を隠したまま、かなり泣き始めた。
「うっ ぐぐっ、ごめん。痛いの。早く終わらせてね。」
「千恵ちゃん、もういいよ。」
「ごめん、大丈夫だよ。大丈夫だからやって」
俺は我慢出来ない気分もあり、とりあえず最後まで入ようとしたが、この時点でも千恵は、かなり泣いていて、俺は参った。
「千恵ちゃん。もう俺はいいから、時間まで休もうよ。」
「大丈夫よ、男はここまで来て我慢出来ないんでしょ。早くやってよ。わたしAと約束してるの。」

俺は自分の手で射精する寸前まで擦った。千恵はただ見ていた。そして正常位で千恵に挿入した。
千恵は、長年使い古した俺の彼女の香織より気持ちいい道具を持っていた。「ぐうっ」と顔を隠し泣くのを我慢している千恵の中で、
俺は3往復程度ピストンし、ドクドクと出した。俺はそれでもかなり興奮したので気持ち良く、涎が垂れそうだった。

Aは空気を読んでBとCを帰宅させており、3人で有名な焼き肉屋に行き、出来るだけ楽しく話をした。
自分としては、またやりたかったし、泣かせたまま終わりってあり得ないと思った。そんな心配を吹き飛ばし、何事も無かった様に
楽しく食事を済ませ、俺は遅い電車で一人家に帰った。帰り際に千恵が「今日はごめんね」と謝ったが
「いや俺、幸せだったよ。でも、もう一度チャンス頂戴ね」と言って帰った。
手を振る千恵は、今日一日で何人もの相手に輪姦され精子を受け止めたとはとても思えない、可愛い女性にしか見えなかった。
後日Aから電話があった。
「ビデオで見たよ。悪かったね」
「いや全然余裕。でも、可哀相だった」
「いや事実上Cが泣かせてるから、その時点で終わってたと思う」

反省会を2人で行う事になり、撮ったビデオを見にAの家に行った。Bのビデオは、見せてもらえなかったがCのビデオは見れた。
Cは何と3回も発射してる。Cは「千恵ちゃんごめんね。大好きなんだ」と言いながらも腰を動かしていた。
言葉や態度は優しいのだが、愛撫やピストンがハンパ無い。それも殆ど休まずやり続けている。
ビデオを見ながら談笑していると千恵がやってきた。Aは早速「リベンジさせてやりたいんだけど」と切り出したが千恵は
「もうやんないよ。辛かったし」
しかしAは強気に押して、千恵の上半身を脱がせた状態で、俺が執り成し反省会をする事にした。
Aは、「二人きりになったのが失敗だと思う。俺がいれば無茶させないし、安心出来る」
千恵は、「私はアソコが弱いので、回数とか時間とか人数は少しだけにしたい。」
俺は、「千恵ちゃんの気持ちいい所とか、やって欲しい事を2人でサポートする気持ちじゃないと自分勝手になる」
それを元に大体のルールを決めて始めることにした。口とは裏腹に、千恵はグズらず、実はかなり吹っ切れていた。

Aの前で全裸になるのは恥ずかしかったが、3人裸になり、先にAと千恵がシャワーを。後から自分がシャワーから出た時には
Aが千恵の股間を舐めていた。俺はサポートしなければと、胸や耳の後ろや首筋を舐めたりした。
「D君気持ちいいよ。上手ね。結構、経験あるの?」俺は長年付き合ってる彼女の香織と、ナンパ1名の2人しか知らず、香織に受けがいい
部分を千恵に試しているだけだ。省略するが、Aがバックで挿入している時に、千恵の手コキで俺は出してしまった。
約束は一日に1発だが特別に2発目を許してもらい、俺は上半身を起こし、千恵の両膝を両手で持って広げ挿入した。
しかし、千恵の上半身にはAが覆い被さっていて、Aの背中を見ながら出した。
その日は吹っ切れた千恵の「アソコ観察ショー」とか、千恵のオナニーの方法を見せてもらったり楽しく過ごし、BとCには秘密で
毎週3P会を行う事に決めて終了した。
実際には毎週3P会を開催出来た訳ではないが、慣れて来るとサポートとか面倒な事をせずに、ただ順番待ってセックスした。

初輪姦の時には誰も中で出してません。自分の手で出そうになって入れたのではなく、素で早かったですがゴムはしてました。
千恵は完璧に吹っ切れて俺をセフレ化し、俺は彼女の香織をほったらかしで千恵の所に通い香織に捨てられました。
「香織と別れた俺を慰める会」で初めて避妊無しで千恵に出しました。千恵は座椅子に座る俺にまたがって、出るまで腰を振ってくれました。
Aは、黙ってそのシーンをビデオに撮り、精子が流れ出る所を記録していました。生理がくるまで自分は千恵との事を色々と覚悟しました。
ある日、千恵は浮気を白状しました。連絡とれない日が数日続いたからです。
隣県の出会い系喫茶で、出会った3~40歳の背が高いカシミアの高そうなコート着てネクタイ締めた自営業の男と、寝たそうです。
自営業のその男は非常に喜び4万円出し、千恵が断わっても無理に2万円を渡し再会の約束をさせられたそうです。会って無いようですが。

千恵は「お金って簡単にもらえるんだね。D君も次からお金頂戴ね」と明るく話していました。
自分は詳細を聞きたいし、すぐにでも千恵を抱きたかったのですが、Aが「2人にしてくれ」と千恵を連れて消えていきました。
そんな事していても千恵は自分からAに腕を組んで寄り添い、ラブラブ状態でした。
3P会はその後も数回ありましたが、結局Aは捨てられました。あまりに拘束したり、色々と要求しすぎたのが原因です。
千恵が学校を卒業し環境が変わったのも理由の一つだと思われます。

リアル千恵とは、その後も仲が良いですが、一度も相手にしてもらってません。新彼氏も出来たそうです。
そのくせ就職先の飲み会でお持ち帰りされたり、ナンパに付いて行ったりと言う話を自慢します。
また、実はBと初輪姦後一回関係を持ったとカミングアウトしました。初輪姦で千恵の貞操観念は壊れたのだと思います。
千恵はそれほどには可愛くないですが俺は初輪姦の時から千恵が好きでした。