セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談60

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


さすがは人妻だ。昨日のOLよりも気持ちいいよ。

思い出してもその晩しかなかったような気がしますが
婚前旅行でダイビングのライセンスを取りに沖縄に行きました
民宿みたいなところで、
レッスンの後は若いものが集まって酒盛りです
インストラクタの30くらいの体格のいいあんちゃんに
OL風がしな垂れかかって、
しばらくすると、ふと二人で消えたりしていました。
トイレかな?
と思っていると、いつのまにかまた戻っています
インストのあんちゃんは、いつの間にか他の女の子とにこやかに話をしていました。
やっぱ、こういうとこではインストラクターはもてるようで
夫婦で来ている人妻さんも、
いつの間にか、あんちゃんにビールを注いでいます
ちょっとうらやましい気も?

と思っていると、いつのまにかまた戻っています
インストのあんちゃんは、いつの間にか他の女の子とにこやかに話をしていました。
やっぱ、こういうとこではインストラクターはもてるようで
夫婦で来ている人妻さんも、
いつの間にか、あんちゃんにビールを注いでいます
ちょっとうらやましい??
でも
婚前旅行であることは明かしていたので
僕の彼女が「00君、00君」
と、ずうっと僕の隣から離れないので

僕の彼女が「00君、00君」
と、ずうっと僕の隣から離れないので
OLさんにも、人妻さんにも
「仲が良くてうらやましいわねえ・・・」
と、からかわれていましたが、
まんざらでもありませんでした。

民宿の壁が薄いのが気になりましたが
今晩のために、ためてきた僕は
回りに聞かれても
今夜は彼女を思いっきり啼かせるつもりでした。

僕らカップルの指導もその30前後のインストのあんちゃんでしたが
僕はともかく、彼女は金槌なので
しかたなく?、手取り足取り主として彼女を教える羽目になったのも
まあ、しかたないでしょう。
初めてのダイビングに怖がって彼女が
インストラクターのあんちゃんにすがりつくのも無理がないことです。

ただ、この一見眼鏡で、まじめ風のあんちゃんが
これほど女性にモテル存在であるとは、しりませんでした。
先ほどまで一緒に二人で消えていたOL風の女性は
軽く頬を染めて潤んだ目で見ていますし
人妻風の色っぽい女性は、亭主の前にもかかわらず
色白の肌を染めてあんちゃんにしな垂れかかって頬をよせんばかりです。

話は変わりますが
僕は恥ずかしながら童貞で彼女が初めて
彼女の方は全く出血なしと言うカップルでしたが
「ものすごおおく、痛かった」
「私処女だったのよ!」
と、いうカップルでした。

東京の女子大生時代にはいろいろあったのだろうな?
と、推測しましたが
こちらは童貞で彼女の経験を突っ込めるほどの知識もなく
学生時代のサーフィンやウインドサーフィンの話を聞いては
華やかな東京の生活にあこがれていた田舎ものの僕でした。
考えてみると、金槌の癖に良く海のスポーツばかりしていたものです。

僕の彼女ははっきりした顔立ちの美人と言うわけではありませんが
切れ長の色白で、むっちりした姿態はやたら色っぽく
僕は彼女が隣に座ってくれるだけでピン子立ちするかんじで
インストラクターのあんちゃんと人妻さんや、
他のカップルがべたべたしていても
そんなに嫉妬心のような感じはなかったのでした。

いつのまにか、彼女はインストラクターのあんちゃんと、
海のスポーツの話で盛り上がり始めましたが
僕の隣からは離れず、何かと僕に触ってくるので
ためてきた僕は、むしろ勃起を隠すのが大変で
周りがにたにたした顔でからかうので、ついつい杯を重ねてしまいます。

新参者にすばやいレプライありがとうございます。
一応、婚前旅行時には、
彼女のおかげで、筆卸という段階だけはすませてましたが
女はひとりしか知らず、まあ、半童貞というところで
そのためにたちまち逆上せ上がって半分フィアンセ、
貯金叩いて婚前旅行と言う段階にまで進んだわけです

東京で都会的でカッコいい男たちを大勢見てきたはずの
都会的センスで色白で色っぽい彼女と、田舎もんの自分が結婚できると思うと
ついついピンこ立ち気分でしたが
彼女が握り締めては「おっきいほうよねえ・・・」
などと言われると
彼女の過去に少し不安になったりもしましたが・・・

そこが気に入ってくれたのかな?、と、思ったりもしたりしてました。
ただ、そういえば、
ちらっとシャワー室で見たインストラクターのあんちゃんも
体格に比例して結構なものだったような気もしていました。
僕にはわからないサーフィン用語などが出てくると
彼女とインストラクターのあんちゃんの話しに入っていけず、
ついつい杯を重ねます。

話がだんだん色っぽい方向へ進み
ますますのどが渇きますので、オリオンビールの缶がバカスカ減っていきます。
夕方から飲み始めているので夜半過ぎには結構へべれけ
本当に明日ダイビングできるんでしょうか?
ただ、インストラクターさんは、体格に比例した酒の強さで平然としています。
人妻さんは、いよいよベターっとしてインストラクターさんの股間に顔を伏せて
眠り込んでる風?です。

もともとそんなに強い方じゃないのに
こりゃあ、むちゃというもんです
結局、いつ眠り込んだのかもわからず、
気がついたら、部屋で一人寝ていました。
酒を飲むと朝早く目が覚める僕ですが、
時計を見ると、朝の四時でした。

頭はがんがん、
吐き気はするは、のどはからから
ぼおっとして、しばらくは自分がどこにいるかも思い出せません
あ、そういえば、彼女はどうしたんだろう?
気にはなりましたが、とてもおきられません
時計を見て、また眠り込んでしまいました。

六時ころ、また目が覚めました
少し頭の痛みは治まりましたが、吐き気はひどくなりました
少しは冷静になって、隣の布団を見ましたが、
人がねている様子はなく、ぺったりとしています。
頭痛と戦いながら、こんなときこそ奥さんがいてほしいなあ。と思いました
彼女はトイレにでも行ったのかしら?
頭痛に耐えつつ、いつも持ってる頭痛薬を飲んで寝ます。

「あなたあ・・・朝ごはんの時間よ!」
彼女に揺り起こされたのは八時過ぎでした
民宿の朝食です。
ああ、本当の彼女は色っぽい・・・
頬を、ほんのりと染め、上気した肌は一段と張りを持って輝き、潤んだ目で
いつにもまして、満足げな笑顔は本当に男の勃起を誘う感じです。

朝立ちとは別に、彼女の照り輝く笑顔だけでピン子立ちしましたが
勃起してきたらようやく頭痛薬で治まっていた頭痛がまたぶり返しました。
「ううん、飲みすぎて頭いてえ・・・」
「だいじょうぶ?、ちゃんと、今日もぐれるの??」

「ううん、午前中寝てよかなあ・・・」
「そのほうがいいかも?・・・、でも、私、泳げなくて貴方より遅れてるから、
少し、一人でインストラクターさんに習っておくわ。親切そうな先生だったし・・・」
・・・彼女が看病してくれるとちょっと期待していたのに・・・
でも、考えてみると、一緒に卒業できた方がいいし、
僕だけライセンスが取れてもしょうがありません。

やはり飲みすぎたのでしょう。
少し寝るつもりが、目が覚めたら、三時過ぎでした。
あちゃあ・・・午後のレッスンもサボっちゃった。
彼女は午後も個人レッスンかな?・・・
頭もすっきりした僕は、海岸に向かいます。
今日は海辺でスノーケリングのはず。

あれ?いないのかな?
彼女を探していると、なぜか宿舎の方から、
インストラクターの先生と彼女が笑いあって話をしながら歩いてきました。
彼女は僕の好きな黄色いハイレグの水着。
なにかやたらに親密そう。???

海辺に立って待っている僕を見て、彼女がびくっと飛び上がりました。
「あら、だいじょうぶ、頭痛治った?」
彼女が何か、はにかむように聞いてきました。
「早めにスノーケリングが終わったので、ちょっと、
学科の勉強も奥様にしていただきました。ダイビングの試験には学科もあるので」
インストラクターの先生がさわやかな笑顔で話しかけてきました。

「だんなさんも、少し。勉強して置いてくださいね」
奥様といわれて、彼女が頬を赤らめます。
唇はぬめぬめと輝き、勉強していたにしては髪は寝乱れたように乱れ
なんか、沖縄に来てから、彼女はいつになく本当に一段と色っぽいです。
海水パンツの下で大きくなってしまい。窮屈になってきました。

考えてみれば、せっかく彼女のために、ためにためてきたのに
全く放出できず、
なぜかいつもより上気していっそう色っぽい彼女を見て、瞬間勃起するのも無理ありません。
「じゃ、ちょこっと、部屋に戻ろうか?」

部屋に戻った彼女の方に振り向くと
彼女は、さっと、ハイレグの水着の上にトレーナを羽織り、
「あ、私、ちょっと、台所手伝わなきゃ?」
と、部屋から逃げ出すように走り出していきました
僕は一人股間を押さえ、勃起の納めどころがありません。

夕食の後は、昨日のように飲み会が進むのですが
さすがに懲りて、今日は控えて飲んでましたが
彼女は今日は、夫婦連れのだんな様の方と、H話で盛り上がっています。
しかしこのダイビングスクールは夜はいつもこんな感じなのかしら。
確かに町は遠いし、泊り込み合宿製でライセンスをとるシステムなので
他にすることはないですが、よく肝臓が持つなあ・・・

ふと気づくと、だんなの方は彼女と盛り上がってますが
奥さんの方は見当たりません。
インストラクターの先生もいないみたい?
昨日のことでちょっと思い出して、トイレに行く振りをして、
気まぐれに外を見て回ることにしました。
奥さん浮気だったりして???

探すまでもなく、外の海岸沿いのベンチにべったりくっついている影が二つ見えました。
あは、昨日のOLさんも、ここでインストノあんちゃんにされてたしして?
遠地の裏の植え込みからちょっと覗いてみました。
「・・・うふふ、こんな太いの新婚さんに教え込んだりしちゃだめよ??・・・・」
奥さんの声が聞こえます。
え?新婚さん?

新婚。たぶん僕らの事だろう。
まあ、悪い気はしないので勘違いさせとけ。
何をしているのだろうと興味津々こっそり覗きます。
よく見ると奥さん、手でインストのあんちゃんの太いのをしごいているではありませんか。
僕は興奮してしまい目が離せません。
奥さんはしばらくするとインストのあんちゃんの前に跪き、
彼の太いのを咥ました。
「いいよーいいよー。さすがは人妻だ。昨日のOLよりも気持ちいいよ。」
「もう~。」
もっとよく見えないものかと、僕はつい身を乗り出しすぎてしまいました。

ガサッ!
しまった。調子に乗りすぎて音を立ててしまった。
二人はハッとしてこちらを振り返ります。
僕はとっさに身を隠し、腰を屈めたままその場から逃げ出しました。
何とか飲み会の席に戻ってくると、彼女が見当たりません。
特に気にすることもなく、部屋に戻りました。
すると部屋の中から、喘ぎ声が聞こえます。
彼女の声です。
びっくりして、そっと覗いてみると、
何と彼女があのだんなに後ろから突かれているではありませんか。
僕はビックリしてその場に卒倒してしまいました。
その後の記憶はありません。
翌日、荷物をまとめて沖縄を後にしました。