セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談66

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


クリトリスの皮をむき舌先で刺激すると

僕とKはバイト先で知り合いました。
僕は当時付き合っていた彼女がいました。でも、バイト仲間で呑みに行ったり、
遊びに行ったりしているうちに、Kととても仲良くなり、彼女のことが好きになってしまいました。
彼女は、顔はそれほど美人ではないのですが、細身でとってもスタイルがよく、
細身の女性が好きだった僕のタイプにぴったりでした。
彼女は高校時代に陸上の短距離でインハイに出ていたそうで、ウエストの締まりやお尻の上がり具合は最高でした。

バイトをし始めて半年ほど経った頃です。
仲間のうちの1人が、田舎で教育実習をするので一月休むことになりました。
僕がふざけて、
2週間目ぐらいが一番きついだろうから、週末に救援物資でも届けてやるよ、
というと、K美がとても興味を示し、行ってみたいと言い出しました。
僕としては冗談半分で言ったつもりだったのですが、思ってもみない展開に、
日程をその場で決め、K美とふたりで行くことになりました。

彼が行ってから2週間目の金曜日。
バイトを午後にあがった僕らは、僕の車で高速に乗りました。
初めてのデート、初めてのドライブです。
往きの運転中は彼女と二人っきりというだけで、とてもウキウキしていました。
ひとつ気になっていたのは、宿のことです。
実習に行った彼が、地元の安いホテルを予約してくれることになっていたのですが、
二部屋取れるかどうか分からないと言っていたのです。

そのときは、
K美は体育会系だから雑魚寝でも大丈夫だよ、
と笑って答えましたが、内心はドキドキしていました。
もちろん、そのことは彼女には秘密です。
それなら行かない、
と言われそうな気がしていたので。

現地に着いたのは、夜の八時過ぎです。
彼と落ち合い、地元の焼肉屋を案内してもらいました。
肝心の宿は二部屋取れた、とのこと。
少しガッカリしましたが、夜遅くまで3人で僕の部屋で飲み明かしました。
2時を過ぎるとK美は自分の部屋に帰っていき、僕と彼はもうしばらく呑んでいました。
朝10時にK美とチェックアウトして、街を歩いたり、昼を食べた後は海を見に行ったりしました。
初めて見る日本海を眺めながら、他愛の無い会話をしていました。
夕方になり、日本海の夕日で海岸が真っ赤になった時、思い切って彼女の手を握ると、
彼女は僕のほうに体を寄せて、寄りかかるようにして立っていました。

帰りの車の中で、そういえば夕べから風呂に入ってないよな、
っていう話になりました。
僕は多少ドキドキしながらも、わざと軽い口調で
シャワー浴びていこうか、と言いました。
さすがに彼女も今回は返事に困っていました。
その後車内は気まずい静けさが続きましたが、インターの近くまで来てもう一度、
シャワーどうする、と聞くと、うん、分かったと彼女は答えました。
インター付近のホテルに入った僕たちは会話らしい会話もせずに、交代で風呂に入りました。
僕が入る時に、寝てていいよ、と彼女に言いましたが、
彼女はベッドに座って待っていました。
二人でベッドに入りましたが、体が触れないように離れていました。
この現状を打開しなければ、と思った僕は、
暑いから窓開けさせて、と彼女の側にあった窓に手を伸ばし、自然に彼女に体を密着させました。
体を密着させたまま彼女の髪の毛を撫でると、彼女は少し照れ笑いをしました。
髪を撫でながら耳を触り、おでこや目、鼻にキスをして、僕たちは唇を重ねました。

首筋や耳にキスをすると彼女の口からは、何かを我慢しているような声が漏れました。
Tシャツ越しに触っただけで、彼女の乳首が硬くなっているのはよく分かり、手のひらで優しく撫でてあげると
「あぁ」と我慢しきれなくなったような声が漏れ、僕も初めてといっていいぐらいの興奮をおぼえました。
シャツを脱がし、彼女のよく引き締まったスレンダーな体が露わになると、益々僕は興奮し、
彼女の胸や腋の下、横腹に唇と指先を這わせました。
彼女は着痩せするタイプだったようで、実際に触った胸は想像よりふくよかでした。
彼女の右側にいた僕は、左手で腕枕をする状態で彼女の左手を掴み、胸を隠せないよう拘束した状態で、
右手で左の胸を包み、右の胸には唇を這わせ、天井に向かってピンと硬くなった乳首を強く吸いながら先っぽを舌先で転がしたり、
根元から先っぽまで、前歯で軽く噛みながら擦ったりしました。

中学から大学まで陸上一筋だったことから、あまり経験の無い子を想像していたのですが、
彼女の反応はとても敏感で、最初は恥ずかしがって出るのを堪えていた声も次第に大きくなり、
舌を這わせるたびに、体をくねらせ、止まることはありませんでした。
脇腹を撫で、臍や下腹部に唇を這わせながらスエットパンツに手をかけると、自分から腰を浮かせて脱がせやすくしてくれました。
すらりと伸びて引き締まった両足に益々興奮した僕は、彼女の内腿を舐めまわします。
急に両足を開かれた彼女は恥ずかしかったようで、僕の頭を挟み込むように足をぎゅっと閉じようとしましたが、
両膝に手をかけた僕は無理やり開かせ水色のショーツとの境目を舐めあげました。
彼女の股間は一瞬ビクンと動き、「いや」と小さく言いながら体をくねらせ、彼女はうつ伏せになりました。

うつ伏せになった彼女を見下ろす僕の興奮は一層昂揚しました。
普段はジーンズ越しにしか見ることが出来なかった、形の良いお尻が目の前にあるのです。
背中やお尻をむさぼり、両足を嘗め回しました。
足を嘗め回すたびに彼女のお尻がキュッと締まります。
彼女はシーツを掴み、ベッドに顔を押し付けながら声が出るのを防いでましたが、
膝の裏や足の指の股を舐められると、「うんっ」と甘えるような声を何度も発しました。
僕は再び彼女を仰向けにし、再び左手を拘束しました。
腿の内側を撫でながら徐々に足を開かせ、ショーツの上から股間を触るとすでに濡れていました。
「いっぱい濡れてるよ、どうして?」とわざと意地悪く耳元で言うと、彼女は恥ずかしそうに少し笑いながら「んー」と何ともいえない声を発しました。
股間にショーツの上から指5本を掻くように細かく動かすと、彼女は腰を左右に動かします。
快楽に反応し、もっと激しく体を動かしかったようですが、左手を拘束されて上半身は思うように動かせず、
何かをねだっているような目をしながら、僕の顔をじっと見つめていました。

それでも股間への愛撫は続け、クリトリス付近を人差し指の爪で掻くように刺激すると、
僕を見つめていた顔は、「あぁっ」という声を発しながら何度ものけぞりました。
さらにクリトリスへの愛撫を続けながら、開きっぱなしの彼女の口にキスをすると、
さっきまでの恥じらいが嘘のように、舌を伸ばし僕の口の中に這わせてきました。
耳元で「脱ぐ?」と聞くと、彼女は少しかすれた声で「うん」と答えました。
彼女の両足の間に入り、シミが広がったショーツを脱がし、僕はそのまま彼女の股間に顔をうずめ、
下から上に向かって舐め上げました。
クリトリスの皮をむき舌先で刺激すると腰を激しく動かしながら感じていました。
「指入れるよ」と言うと、「してして」と彼女は焦れったさそうでした。
最初は第一関節だけ入れて円を描くように動かしていると、自分から迎え入れるように腰を動かしてきて、
早く深く入れて欲しそうです。
しばらくは先だけ入れたり出したりして彼女の反応を楽しんでいました。
突然奥まで指を押し入れると、彼女の体が一瞬硬直したように見え、入り口がぎゅっと締まったような気がしました。

その後は指で中を激しく掻き回しながら、同時にクリトリスを舌で刺激し続けました.
彼女は指の動きにあわせて腰を激しく動かし続け、声のボリュームも段々上がります。
「あぁー」という大きな声と共に、彼女の動きが突然止まり、股間もぎゅっと締まり、体はのけぞり硬直しました。
彼女が絶頂を迎えたことはすぐに分かりました。
力の抜けた彼女にキスをしながら、入れたままの指をちょっとだけ動かしただけで、
彼女の股間は痙攣したように反応しました。
指を抜いて彼女を抱きしめると、「上手すぎるよぉ」と彼女は冗談ぽく笑いました。
「いっぱい感じたからもう終わりにする?」と聞くと、「だめ」と彼女は答えました。
彼女の感じ方に興奮の冷めない僕の股間を撫でながら、彼女は僕の服を脱がせました。
彼女は僕の上に乗り、僕の首筋や胸にキスをします。
彼女の行為、そして自分の上でなまめかしく動く彼女の体に興奮を我慢しきれなくなった僕は彼女を下から抱きしめ、
これ以上無いくらい硬くなった肉棒を、彼女の股間にに向かって突き上げました。

彼女の中は愛液でヌルヌルになっており、突き上げるたびにいやらしい音をあげていました。
もっとも僕を興奮させたのは、彼女が上になった状態で自分から腰を激しく上下させてきたことです。
じっと目をつぶって、気持ちよさに集中しているかのような彼女の表情は今でも忘れられません。
結局僕らは明け方まで何度も愛し続けました。
そして当然のように僕らは付き合い始めたのです。
僕は当時付き合っていた彼女に一方的に別れを告げて、K美との付き合いを始めました。
バイト先では意識して距離をとっていましたが、毎日一緒に帰り、月に何度かはフリータイムの安いホテルに行き
お互いの体を求め合いました。
彼女の抜群のプロポーションの体に、益々僕は虜になり、二人の仲はどんどん深まっていきました。
僕は春からの就職が決まっていて、やがてバイトを辞めなければいけませんでしたが、
そんなことに不安を感じないくらい、僕らは愛し合っていました。