セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談68

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


やっぱり○○のマンコは最高にいい締りで気持ちいいなぁ~

2年前の夏の出来事があってから、もう二度と来ないと思っていた町にまた来てしまった
昔過ごした思い出の町に
私の通っていた幼稚園に行って見たけど移転してしまって公園になってた
小学校は当時一番新しかった職員室が有った建物だけが当時のままで、私の教室があった建物は建て換わってしまってた
体育館もプールも新しくなってしまってた
中学校も統廃合で名前まで変わってしまってて私の通ってた中学は無くなってしまった
そして昔住んでた私の家、数年前までは有ったらしいけどもう別の家が建ってる
町も人通りも昔に比べて少なくなってて雰囲気も寂しげになってしまってる
そして夕方暗くなり始めてあちこち明かりが点き始めてから
あの店に行った、あの出来事が有った店に

そのお店は昔付き合っていた元彼のお父さんが経営しているスナック
洋風と和風が混在したスナック風な飲み屋さん?
ドアを開けてちょっと大きめで明るくこんばんわぁ~って言ってみた
マスターと楽しく話してる人達たちがこっを振り向いた
昔ちっちゃかった頃の私に優しくしてくれてた魚屋さんお肉屋さん八百屋さんスーパーのおじちゃん
文具屋さん商店街のおじちゃんたち、なんか少しお爺ちゃんぽくなってるかも
会話が止まって皆驚いた顔をして固まった感じに見えた
マスターが「あっ、いらっしゃい、帰って着てたんだ」って言ってからまた会話が始まって
皆また動き始めた感じがしてなんかおかしかった
促されて奥角のソファー席に座った
皆も私の周りに集まり始めてたわいの無い話をし始めて一緒に飲んだ
私は思い出の所を回ってからここに来た事とか色々変わってしまって寂しかった事とか話してた
酔いが回り始めた頃私はテーブルの下のスカートの中の下着を脱いでテーブルの中央の上に置いた
おじちゃんの目つきが変わった2年前の時みたいに少し恐い目つきに変わったような気がした

そして隣にいたおじちゃんがスカートの中に手を入れて私の中に指を入れてかき回してきた
別のおじちゃんは後ろから服の中のブラをずらして乳を揉み始めた
私の中に指を入れてたおじちゃんとキスをし始めた時にカウンターに残っていた見覚えの無い少し若目のオジサン二人が居るのに気がついた
二人とも凄く驚いたみたいで二人で何か話をしてるのが見えた
そのとき私は抱きかかえられるようにして奥の座敷につれてかれた
手荒にされて胸ははだけてスカートはまくりあげられて
何人かいっぺんに私に覆いかぶさってきた
キスをしてくる
人乳をむさぼるように吸う人
股に顔をうずめて嘗め回し舌を入れてくる人
そしてキスをしてる人の顔が離れたとき八百屋のおじちゃんがズボンを下げ
私の股に顔をうずめてるおじちゃんを押しのけて私の中に入って来た

激しく乱暴に何回も突かれた
激しく激しく何回も突かれた
そしておじちゃんの体液が私の中に解き放たれると
おじちゃんは私の体の中から抜け出ていった
ハアハアと息をするおじちゃんの突き出たおなかの下で
私の中にさっきまで入っていた赤黒い物が艶やかに濡れていて
ヒクヒク動いていて白っぽい粘液が糸を引いて滴り落ちていて
おじちゃんの股間に別な生物がついてるみたいだった
そんなおじちゃんをボーっと見てると別のおじちゃんが私の中に入ってきた

また激しく何回も突かれた
今度は肉屋のおじちゃん?2年前と違って今誰が私の中に居るのが分かる
酔いが少ないせい?2年前と違って私の意志でこうされてるから?
肉屋のおじちゃんのものは八百屋のおじちゃんのより長い固い
体の奥を強く疲れてるからかお腹が少し痛い
気持ちいいだけとは少し違う快感が下腹部から内蔵から背骨まで突き抜ける
思わず背中が反ってしまって足が勝ってにビクビク動くと思ったら気が遠くなって来た
私の体に重い体重がのしかかりハアハアと激しい息すぐ近くで聞こえた
おじちゃんの汗臭さとヌルリとした感触が離れる時に
私の中に入っていたおじちゃんも抜け出ていった

意識がもうろうとしてきてだんだん誰が入ってきてるのか分からなくなってきた
分かるのは誰かが私の中に入ってきて激しく突き動かして出て行くのを繰り返されていることだけ
その最中に誰かが言ってるのが聞こえた
小さい時から可愛かったけど大きくなったら綺麗になった色気が凄いと
何人の男と・・・その後は聞こえなくなってしまった
気が付くとおじちゃんたちはもう終わったみたいで
服をちゃんと着てて目つきもやさしい目つきに変わってた
私は全身けだるい感じで下腹部からお腹奥まで鈍い痛みが残っていた
マスターが驚いた顔をしたままの見慣れない二人のオジサンに耳打ちしてた

そして二人も座敷の方へ来るとズボンを下ろして下腹部についた物をブルンって感じに取り出すと
私の中に突き入れてきた一人は長くて硬い?股間から内蔵全体を突き動かしてお腹が痛い
このとき早く終わって欲しいって思ったくらいお腹が痛くなった
ハアハアと激しい息をしながら動きが止まった時私のおなかの中でビクビク動く棒を感じた
ヌルリと抜け出ていく時に見たものは入れられる時に見たものより長くなっていて
あんなのが入っていたんだと驚くぐらい長かった
もう一人のは普通だった割りと普通に終わって安心したけど
その人がどいたとたんにさっきの人が入れてきた
痛さと恐怖心でアウアウ叫んでいてような気がするけどそのまま気を失ってしまった

気が付くと朝って言うよりお昼前になっていて見覚えのある部屋にいた
元彼の部屋でベットに寝ていた
何も身に着けず寝ていて股からおなかの奥の鈍痛で
あの事が夢ではない現実の出来事なのだと思った
2年前と違って今は自分の意思で起った出来事なんだと
あいてるドアの向こうのキッチンで起きた私に気が付いたマスターが声をかけてきた
着ていたも物は汚れてしまったから洗って乾かして有るって
マスターの見てる前でその服を身に付けて
キッチンでコーヒー飲んでトーストを食べた
おばさんと元彼の妹は居なかった二人だけで無言の時間が流れて
おじさんの顔を見ていたら凄く寂しい気持ちになった
当たり前の事だけどおじさんの顔は元彼に似てる
年をとったら元彼もこんな顔になるのかなって思ったら凄く寂しい気持ちになった

お礼を言ってから帰りますって言うと
おじさんは普通に見送るようにまた来てよねっていった
私は無言で微笑んで会釈した
駅まで商店街を抜けて歩いていると普通の生活が始まっていた
私が住んでいた頃と比べると若い人が減っていて年老いた人が増え居ていて
あまり活気が無くなっている感じがして寂しい気持ちがさらに大きくなってきた
歩いているとプリプリっておならみたいな音がして
私の体の中におじちゃんたちが残した物が流れ出てきた
駅に付く前に薄い布では押さえきれずに足に伝い始めたけど長めのスカートなので誰にも気付かれない
私はそのままいつもの自分の住む町にもどっていつもの生活にもどった

2年前は行ったお店とされた事はほとんど同じような事ですけど
私の気持ち?が違いました、そんな気持ちはなくて無理やりやられてしまったのと
やられるとは思ってたけどそれを望んで行ってしまったことです

2年前は
地元の昔の仲間たちに夏休みに集まるからって誘われたけど
仕事の都合で行けなくて
世間の夏休みが終わってから休みが取れたんで昔住んでた町に帰ってみた
昼間はテキトーに思い出のある所を回って
夕方になってからたまり場みたいになってたお店に行ってみた
元彼のお父さんが経営してる飲み屋さん
もうほとんど昔の仲間たちは他の町に移ってしまってるから居なかったけど
お父さん年代の人達はまだその町に住んでたから
昔可愛がってくれてたおじちゃんたちは居て
昔話をしながらお酒が弾んで飲みすぎて酔いつぶれてしまった
座敷に寝かされてたけど
体にのしかかる感じとか揺さぶられてる感じとかしてきて
下半身にも違和感を感じて気が付いた
私誰かにやられてるって

目を開けると元彼のお父さんの顔があって激しく体を揺すっていて
私の体の中に入ってきてる物は下から内蔵全体を揺さぶるような感じがした
やめてって言ったけどやめてくれなくて
やめてーって叫んで体をよけようとしたけれどその時はもう他の人に抑えられて
身動きできなくてただ激しく突かれるままだった
オジサンの動きが急に止まってアアッて小さい声聞こえた
そのままじっとした時間が少し経ってから私の体からオジサンが離れた
と思った瞬間誰かが私の足首を持って少し持ち上げながら足を開かされて
また誰かが私の中に入ってきて激しく突き動かされた
そのとき声が聞こえた
○○(私の名前)と昔からやりたかったんだよな~
でもあの頃は××(元彼の寝前)の彼女だったから手出しできなかったんだよなぁ~
でも今は・・・笑い声と賛同する声が聞こえた
やっぱり○○のマンコは最高にいい締りで気持ちいいなぁ~
そしてたくさんの笑い声

そしてそのオジサンが私の体から出て行くと
また別のおじさんが入ってきて激しく突かれた
何人目かの時気持ち悪くなってきて
気持ち悪いからやめてぇ~って叫んだけどやめてくれなかった
気持ち悪いだとよ~気持ちよくてよがってるくせしてと誰かの声
そして私は嘔吐した
こいつ本当に吐きゃがったこれで拭いとけ言われ拭かれたけど
突かれる激しさは変わらなかった
また何人か入れ替わりで私の奥を激しく突かれて気が遠くなった

気が付くと別の部屋に寝かされていて
体を起こすと頭が痛いのと下腹部の鈍痛と気持ち悪さが有った
出全裸だったけど誰かが洗ってくれたのか吐いた物は付いてなくて綺麗だった
おじさんが気が付いて着ていたものはもう着れないからって元彼の妹の服をくれた
その服を着る事は凄く嫌だったけど
そのままその服を着て急いで外に出ようとしたとき気が付いた
昨夜拭かれたときの布は私の服だった事と無理やりやられてビリビリに破けてる事
ビニール袋の中にぐちゃぐちゃに入ってたけど分かった
外に出てからバッグを忘れていた事に気が付いて戻った時
おじさんは誰かに電話をしてた今大人しく帰って行ったと
そっとバッグを取って出て走った駅まで走った
後悔と悔しさと寂しさが混じって変な感情で涙が出た
駅に着くとおじさんたちが私の中に吐き出した物が流れ出ていた
トイレで拭いた声を出さず泣きながら拭いた

家に帰ってからも泣いた声を出さずに泣いてた
なぜか声を出して泣くのはふさわしくないと思った
何日かしてバッグの中を整理してると見覚えのない分厚い封筒と小箱が入っていた