セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談91

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】ソファに座らせ、パンツを脱がせて、ゆっくりフェラを始めました。【出会い系】

彼氏との遠距離恋愛も、はや3年。
欲求不満がどうしようもない時は、出会い系でサクッと後腐れのない
セックスをするようになってしまいました。
去年は、抜群に身体の相性も良く、性格も良い人に出会ったため、
ずっとその人と会っていましたが、どっちが彼氏だかわからないような状態に
なってしまったため、泣く泣く関係を絶ちました。

季節はすっかり春、なんか身体がうずうずします。
前回、彼氏に会った時、私は生理中だったため、かなりたまってます。
定期的に、チェックしている某舐め犬スレで募集しちゃいました。
普通の出会い系より話が早いし、クンニの無いセックスをするくらいなら、
オナニーしてた方がマシだから。
メールの交換を二週間ほど続け、いざ、ご対面です。
ちなみに、私は写メを送るのは恐いので、相手にも要求しません。
相手から事前に聞かされていたプロフィールは、身長が若干高め、
体型は細身だけど、年齢的にも、少しお腹周りは自信がない、顔は至って平凡で、
芸能人の誰かに似ているとも言われない、とのこと。

時間どおり、待ち合わせ場所に着いた時、携帯が鳴りました。
バッグの中からごそごそと携帯を取り出していると、目の前に人影が。
「○○さん?」
あ・・・と思い、「あ」って顔をしました。
普通のスーツ着たサラリーマンです、と聞かされていたけど、どう見ても
怪しい似非リーマンが立っていました。
スーツも、ワイシャツもかなり派手で、絶対に普通の会社員ではない感じ。
30歳なのに、髪型も若作りしすぎで、大量のワックスで、後ろの毛まで立たせて、
手には、膨れ上がったトートバック。
顔は、鼻から上がモンキッキーで、口元は、麒麟の田村でした。
スーツや髪型の派手さとは不釣合いな、気弱で地味そうな顔です。
ブサイクってほどではないけど、負のオーラが出まくっています。
相手のことは、以下田村で。

田村はにっこり微笑んで、私の視界に割り込んで来ました。
「わかりますか?」
ええ、ええ、わかりますとも。
「聞いていた服装の人が来たので、携帯鳴らしてみたんですよ。
ホント、イメージどおりの人ですね?」
「どんなイメージなんでしょう?」
「あんなサイトを見ているとは思えない、上品で、清楚な感じです」
サイトってでかい声で言うなー。
このテンションの高さは、ヤル気満々なんだろうなーと鬱になる。

私の職場の近くまで来て貰っていたので、私がお店の予約をしていたのですが、
ダイニング・バーなんか予約しないで、居酒屋にしておけば良かった・・・と激しく後悔。
しかも、窓から景色が眺められるカップルシートに通されてしまい、口説いてください、
と言わんばかりのシチュエーション。
田村は、私の方に身体を向け、肘をつきながら顔をガン見。
「すみません、あんまりジロジロ顔見るのやめて貰えます?さっき会ったばかりなのに」
少しきつめの口調で言うと、
「あ、ごめんなさい。俺、調子に乗りすぎですよね」
あれ?意外と素直なんですね。
しかも、マメに料理を取り分けてくれてるし、高感度アップ。
田村が、聞き上手なのと、声と話し方は結構好みのため、最初ほど嫌悪感は感じなくなり、
いつしか会話はエロ方面に。

欲求不満って、前したのはいつ?」
「かれこれ3ヶ月くらいしてない」
「あのサイト以外に、エッチ系サイトは見る?」
「あー、あとはSM系ですね」
「え?SMなんて興味あるの?やっぱSですよね?雰囲気あるし」
「あー、男の人に舐めさせるのが好きなので」
「やっぱ、舐めて貰うんじゃなくて、舐めさせるんだー?俺も舐めさせて貰えそうですか?」
「あー、かわいくお願いしたら、考えてあげなくもないです」
「お願いします。舐めさせてください。足の指でもいいです」

「んー、じゃあ、試しに、指舐めてみて」
そう言って、人差し指を田村の前に突き出しました。
躊躇なく咥える田村。
舌がものすごくやわらかく、しかも自由自在に動く。
き・・・気持ちイイです。不覚にも濡れてきました。
あー、今夜限りのバター犬にしてもいいかな・・・
酔いも手伝って、トローンとしていると、田村が
「正直、俺のことどう思います?合格ですか?」
と聞いてくるので、
「うーん、今夜限りでいいなら」
と、かなり嫌な感じの答え方をしたにもかかわらず、
「じゃ、ホテルに行きますか」
と、ものすごい早さでチェックを済ます田村。

ホテルまで、大した距離でもないのに、タクシーを拾う田村。
ホテルに着いても、パネルの前で、躊躇なく一番高い部屋のボタンを押す田村。
お前のヤル気はわかった。とことん舐めさせてやろうじゃないの、と密かにS魂に着火。

部屋に入ると、田村はクローゼットからハンガーを取り出し、まずは、私のコートをかけてくれる。
なかなか躾けの行き届いた犬です。
「あの・・・シャワー浴びないで欲しいんですけど」
「出たーっ。匂いフェチ?」
「匂いフェチというか・・・自然なままの状態を舐めたいんです」
「じゃあ、手洗いと、歯磨きだけ済ませてきて」

お互い、手洗いと歯磨きを済ませ、私はソファに座り、田村は床に座ってスタート。
ストッキングは、スペアを持っているので、ストッキングの上からの足舐めを許可。
足の指は性感帯ではないので、太ももあたりから舐めるよう、指示。
やっぱり、舌がやわらかくて、頭が真っ白になるくらい気持ちいい。
足の付け根と、下着の際をしつこく舐めてくる。
すごく焦らされているようで、たまらなくなって声が出る。
ようやくストッキングに手をかける田村。
全部は脱がさず、片足は、ひっかけたまま。
「すべすべで気持ちいいですね。少し、顔をはさんで貰っていいですか?」
「えー?本物の変態っぽいね」
笑いながら、リクエストに答えつつ、足に力を込めて、首を少し絞めてみる。
ちょっと苦しそうにしつつ、顔を上げ、
「やっぱセンスありますね」
真性の貴方に誉められるのは、光栄です。

田村の舌は、下着と、毛の生え際部分にねじ込まれ、執拗に舐め回してくる。
あー、それ大好きなんです。ときどき、舌がビラにも伸びてきては、何ごとも
無かったかのように、また生え際部分を舐める。
そんなに焦らされたら、腰が動いちゃいます。
「あぁ、イヤらしく腰が動いてますね。最高です」
「本当?私も気持ちイイ。もっと舐めて」
自分で下着をずらし、田村の顔に押し付けてみる。
そこから、さまざまなバリエーションで、田村の怒涛のクンニが始まった。

ソファと床に小さな水たまりができていました。
私は、スカートとストッキングを脱いだだけ、田村はネクタイを外して、
ズボンを脱いだだけ、という間抜けな格好のまま1時間くらい経過していました。
田村の下半身が、何度か身体にあたって、ものすごい硬さなことに気がついたので、
「舐めるだけで満足?」
と聞いてみると、
「クンニで逝ってくれたから、満足はしているけど・・・」
と言葉を濁すので、
「私は挿れて欲しいな」
そう言って、田村をソファに座らせ、パンツを脱がせて、ゆっくりフェラを始めました。
「あぁっ、そんなことされたら、本当に我慢できないけど?」
「我慢しなくていいよ。何で?彼女に悪いとか?」
「んー、そんなんじゃぁなくて・・・」
何故かとても歯切れの悪い田村。
少し経って、意を決したように、ワイシャツを脱ぎ、下のTシャツを捲り上げる。

田村の肩から胸のあたりに、般若がいて、目を見開いていました。
「若気の至りです。ごめん。ひいた?」
「・・・え?」
「最初に言うべきでしたよね?すみません」
「○○さん、恐い人なんですか?」
もうほとんど半泣きで、とってつけたように敬語を使う私。
田村はずーっと、私に敬語使ってたのに。
あんなことも、こんなこともさせてしまって・・・どーする?

頭は真っ白で、目の前は真っ暗。
「違いますよ。これ、和風だけど、和彫りではないんですよ」
みたいなことを言われたけど、よく意味がわからず、パニックになる。
あー、調子に乗って、出会い系なんてやってた私のバカバカバカバカ・・・

「本当に舐めるのが目的で、私の募集に応募してきたんですよね?」
と訳のわからない質問をしてみる私。
「うん。もう止めて帰ってもいいですよ」

少し冷静になって考えて、自分だけが気持ち良くなって帰るのも何だし、
田村も、本当に恐い関係の人ではなさそうなので、続行することに。
洋服を脱ぎ、下着になって
「ベッド行こうか」
と田村に声を掛ける。田村もTシャツを脱いで、私を抱き寄せてキス。

Tシャツを脱ぐと、胸だけでなく、肩から二の腕にかけてもびっしり何か描かれている。
なるべく見ないよう、目をつぶっていると、田村が照明を落としてくれた。
ベッドに入ってからの田村は、人が変わったかのように荒々しく、私の身体を貪ってきた。
クンニだけでなく、とにかく舐めるのが好きなのか、胸はもちろん、両手を拘束して、
脇の下を執拗に舐めまわす。
青白い照明の中で、上半身にびっしり彫り物をした男に身体を貪られるという、
この先二度とないであろうシチュエーションに、私の下半身は、ぐっしょりです。
ベッドでも、さらにクンニしようとする田村を制して、私がフェラをすることに。

さっきのフェラでは、変わったところはなかったけど、真珠などが埋め込まれていないか
よくチェックしながら丁寧に舐めた。
太さも大きさも、普通だけど、ものすごーく硬い。
射精寸前のような硬さだけど、射精前の血管がピクピクする感じは伝わって来ない。
田村は、人のことは執拗に舐めても、自分が舐められるのには弱いのか、
すぐにギブアップして、挿入したいと言い出したので、私がコンドームを装着する。
これで、コンドームに何か仕込まれる心配もない。
そんなに心配なら、セックスしないで帰るという選択肢もあったのに、
本当に性欲に負けまくりな私。

正上位で、田村が入ってくる。
か・・・硬いです。鉄の棒が突っ込まれたかと思うくらい硬い。そして熱いです。
10代の男の子とセックスしている気分。
しかも、動きも荒々しい。さっき、私の太ももで、頚動脈絞められて喜んでいた人と
同一人物とは思えない。
硬いー、熱いー、死んじゃうかも(激しくって)って思ってたら、
「ごめん、もうイキそう」
って、10代の男の子並みの早さで終了。1回くらい、体位をチェンジして欲しかった。
痛みは我慢できても、快楽には弱いんだろうか?
あまりの早さに、気まずい沈黙の中、部屋に鳴り響く着信音。
田村が腰にバスタオルを巻いて、携帯を取りに行く。

「彼女から?」
「うん。メールして、1時間以上返信がないと、電話かけてくるんだよね」
「ふーん、そんなに愛されてるのに、何でこんなことしてるの?」
「相手がまだ若くて、あんまり舐めたりできないから」
田村は、自己申告30歳だけど、20歳の彼女がいるらしい。
舐めたりできない、って理由で浮気されたら、彼女もたまらんだろうなー。

「もう、帰ろうか。彼女とこじれたくないでしょ?」
口ではそう言ったけど、私もスッキリしたところで、早く帰りたくてたまらなかったので、
ナイスタイミングの電話だった。
ホテルの精算を済ませたところで、今日の私の分、と言ってお金を差し出した。
「○○さんって、キャリアウーマンなんですか?」
と、財布にお金を仕舞いながら田村が聞いてくるので、
「普通に会社に勤めて年取ってきただけで、そんな立派なもんじゃないけど」
「その気になれば、女王様として需要があると思うよ。まあ、そんなつもりないだろうけど」

「私にデリヘルやれって言ってる?」
と言うと、
「うーん。今みたいに、ちょっと人を蔑んだような目をされるとね、たまらない気分になる。
 最初に声かけた時も、一瞬そんな表情してたから、まさかこんな展開になるとは思わなかったけど」
「本当?ごめん。人見知りするから」
と誤魔化してみたけど、顔に出ていたんだなーと反省。
「でも、次はないんですよね?」
「おかげ様で、スッキリしたので、当分いいです。ありがとうございました」

ホテルの前で、男の人に向かって、
「スッキリしました。ありがとうございます」
と頭を下げている女を、酔っ払ったサラリーマンの集団が振り返って見ていたので、
「では、私はタクシーで帰ります」
と田村を置き去りにして帰ってきました。