セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談94

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】たまった性欲を抱え、悶々としていた【欲求不満】

たまった性欲を抱え、悶々としていたので、
ネットで舐め犬を募集してみました。

年齢・身長・体重に条件をつけて募集してみたのですが、
結構な数のメールが来てしまい、最初は丁寧に読んでいたのですが、
どれもこれも同じに見えてきたため、最初にメールくれた人に
返事を出し、メールの交換や、電話などで、しばらくやり取りをしました。

女の人とつき合ったこともあるし、仕事も普通のサラリーマンだし、
電話で話した感じも、ごくごく普通の25歳といった感じだったので、
会う日にちを決め、ご対面となりました。
事前情報では、某若手俳優(名前忘れた)に似ているとのことだったので、
ブサイクってことはないよね、と安心して待ち合わせ場所に向かいました。

相手のメールで、服装を聞いて、それらしき人間を発見しました。
ものすごく痩せてて、青白い顔の、おちょぼ口の人がいました。
服装も、微妙で、アキバ系の一歩手前な感じで、一緒に歩くのには
少し抵抗がありました。

性格は、悪くなく、挨拶をすませると
「あの、俺なんかでいいんですか?」
とおずおずと聞いてくるので、
「嫌じゃ」
とは言えませんでした。

相手の顔なんですけど、眉毛がハの字で、目が落ち窪んでいて、
口がすごく小さくて、色白なせいか、口の周りだけ、青々としているのです。
ブサイクではないけど、情けない顔で、想像していたルックスとは、かなり
かけ離れていました。
以下、彼のことは「麻呂」と呼びます。

麻呂と、食事をしてからホテルに行く約束をしていたのですが、
食事の様子は割愛させていただきます。
やたら、チラ見してくるのが気持ち悪くて、私の勘に触りました。

麻呂と、事前にお互いのしたいことと、NG事項を打ち合わせて
いたのですが、麻呂の希望は、「顔面騎乗」でした。
私は、「とりあえず舐めて欲しい」のと、挿入行為やキスは、流れを
見てどうするか決める、と伝えてありました。

食事が終わり、ホテルに向かう途中で、麻呂は肩を抱き寄せてきました。
「すごくいい匂いがする・・・」
と、髪の匂いを嗅いできます。
こんな情けない顔してても、積極的なんだー、と驚く一方で、
調子に乗りやがって、とちょっとムカっときて、
「○○くん、まだ街中なんだし、ちょっとベタベタしすぎ」
と釘をさしておきました。
麻呂は、ちょっとびっくりしたような顔で肩を抱くのをやめ、
かわりに手を繋いできました。
「これならいいでしょ?これもダメ?」
かわいい顔の男の子に言われたら、ぐっと来る台詞なんだけど、
麻呂に言われてもなぁ・・・。

これから、舐めさせる相手だし、手をつなぐぐらいでぐだぐだ
言ってても仕方ないか、と腹を括り、ホテルへ入りました。
ホテルに入り、バッグを置き、とりあえずソファに座った途端、
麻呂がぎゅっと抱いてきました。
そしてそのままキス・・・の流れになりそうだったので、麻呂の顎を
片手でつかんで、
「今日は舐め犬でしょ。普通にセックスするんじゃないんだけど。
犬だから、私の指示に従って、まずはシャワー浴びてきて。」
と言い放ちました。

麻呂は、元々Mなのか、そんな私の冷たい指示にも
「はぁい」
と素直に従いシャワーを浴びに行きました。
もう、こうなったら、ドS路線で乗り切ろうと決め、
頭の中で、作戦を練っていました。
「○○さーん、シャワー浴びたよ」
と言い、麻呂がパンツ一枚の姿で近ずいてきます。
「お願いがあるんだけど・・・シャワー浴びても、また下着付けて、
ワンピース着てくれる?脱がせたいんだけど」
お前が、私の服を脱がせるなんて、10年早いんだよ!
と思いつつ、
「じゃあ、このまま脱がせてよ。ストッキングから脱がせて、
足から舐めて。シャワー浴びないから」

ちょっと可哀想かな?と思ったら、麻呂はなんと
「え?いいの?・・・夢みたい・・・」
と言いながら、床にひざまづいて、私の足に触ってきます。
「すごいキレイな足だなーって、会った時から思ってた」
と、足に頬ずりして、ストッキングに手をかけてきます。
あまりにも、うれしそうなので、こっちも興奮して、少し腰を
浮かせたりして、ストッキングを脱がせやすいようにしてあげました。
「足、洗ってないけど、平気?」
と聞いたけど、返事もしないで、足の親指から舐め始めていました。

変態行為に興奮はするけど、ぶっちゃけ、足の指はくすぐったいだけで、
何も感じなかったので、麻呂の顔をつかんで、
「ごめん、足もういいわ。もっと上舐めて」
と顔を太ももの方に持ってきました。なんだか、やりたい放題ですね。
でも、麻呂は、顔をつかまれて、指図されるのが好きらしく、
取り付かれたような顔をして、太ももに舌を這わせてきます。
だんだん気持ち良くなってきて、少し声を漏らしてしまいました。

「気持ちいい?」
麻呂が聞いてきます。
「うん。洋服がしわになるから、脱いじゃうね」
と言い、自分で服を脱ぎ、下着になりました。
「はぁ・・すごく大人っぽい下着だね。本当に女王様みたい」
とため息をつきながら、腰に抱きついて、下着にスリスリしてきます。
顔が麻呂じゃなかったら、結構カワイイのにね・・・と思いつつ、
「いつまでも抱きついてないで、早く舐めて」
とソファに座り、足を広げてみました。
「あぁ・・・○○さん、すごくエロいよ・・・」
エロいよ、以降は、何を言っているのか聞き取れませんでしたが、
興奮して、舐めはじめました。

麻呂の舐め方は、すごくソフトで、期待を上回る気持ちよさでした。
パンティーをずらして舐めてくる時に、
「すごく濡れてるよ」
とうれしそうに麻呂が指摘してきたので、またそれにちょっとカチンときて、
少し醒めてしまいました。私も本当にSなのかも知れません。
「じゃあ、今度は、お望みどおり、顔にまたがってあげる。ベッドに行って」

麻呂が仰向けになっている顔のうえに、膝をつく格好で、少しづつ
腰を落としてみました。
麻呂のパンツを見ると、もうかなりシミができていました。
「何か、もう出てるよ?」
と笑いながら聞くと
「あー、そんなこと言っちゃダメ。マジでヤバイ・・・。
下からのこの眺めだけでも、すごいのに。ホントすごいよぉ」
と言いながら、腰を引き寄せて、舐めはじめました。

普段、彼氏とのセックスでも、顔面騎乗はするのですが、
こんなものをまともに見せるのは、恥ずかしいとか、
長い時間、舐めさせるのは悪いかな?と思い、すぐに
彼の顔の上から、降りてしまうのですが、相手に好かれたいだとか、
良く思われたいとか、余計な心配が無いので、好き放題してしまいました。

最初は、下着をつけたままだったのですが、まどろっこしくなったので、
麻呂の顔の上をまたいだまま、パンツを降ろしました。
麻呂が、ため息のような喘ぎ声を出します。
自分の上体が不安定だったので、ベッドの端の壁に手をついて、麻呂の
顔をまたいでみました。
麻呂は、本当に忠実な犬のように、ピチャピチャといった感じで舐めています。
「指、使っていい?」
と聞いてきたので、入り口周辺なら、とOKしました。

舌だけでも気持ち良かったのですが、指でひだをなぞられたり、広げられたり、
今までより、さらに奥まで舌が入ってきて、私も本気で喘いでしまいました。
「あー、なんか喘ぎ声だけでイキそう・・・」
と麻呂がさらに激しく舌を使ってくるので、私の理性もふっとび、
腰を使ってしまいました。麻呂の顔に、股間をこすりつけまくって、軽くイキました。
普段、あまり声を出さないので、すごく疲れて、休憩することにしたのですが、
麻呂の顔を見ると、私から出たもので、ベトベトになっていました。
テイッシュを渡して、
「ごめん、すごいことになっちゃってるね。顔拭いて」
というと、うれしそうに、
「すごい感じてくれてたみたいだから、良かったよ」
と言いました。その言葉で、少し優しい気持ちになって、麻呂の股間を見ると、
まだ大きくなったままだったので、耳元で、
「セックスしたくなっちゃった」
と言ってみました。

「え?いいの?」
と、なぜか、上体を起こす麻呂。
「胸舐めていい?」
と言いながら、キャミソールとブラの上から、胸を触りながら、キスをしてきます。
あー、そういえば、今日、キスもしてなかったっけ・・・悪いことしたな、
そう考えながら、舌を思いっきりからませてみました。
麻呂の股間が、さらに固くなったのがわかりました。
私も興奮が高まり、早く胸も舐めて欲しくなったので、自分でブラをはずして
「舐めて」
と指示しました。
麻呂は、片手でもみながら、もう片方の胸に吸い付いてきました。
やはり、口の形がいいのか、舌の形がいいのか、乳首の舐め方もすごく
気持ちがいいのです。歯の存在を感じさせないというか。

「あぁん・・・」
と素で声が出てしまいました。
麻呂みたいなM男に上に乗られて、乳首で感じているのは、ちょっと屈辱だわ、
そう思うのですが、体はすごく感じるし、声が勝手に出てしまいます。
ここで、やっぱり麻呂が
「気持ちいい?」
とうれしそうに聞いてきたので、主導権を握っておかなければ・・・と咄嗟に思い、
麻呂の股間を下から触りながら、
「いつまで(パンツ)履いてるの?」
と言いました。

麻呂は、すぐパンツを脱ぎだしたので、その隙に、上のポジションを確保し、
「私だって、舐めるの結構上手なんだよ」
と言いながら、手は股間を触ったまま、麻呂の耳から首筋に舌を這わせました。
「あぁぁん・・・」
と女の子みたいに、喘いで、麻呂は体をピクピクさせています。
もう完全に、どS魂に火が点いてしまい、今日は、とことん性欲を吐き出そう、
そう決めて、私のセックススキル全開で行くことにしました。
「乳首は感じるの?」
そう言いながら、軽く乳首をひねってみると
「あっ、あっ」
と言います。ビンゴみたいなので、そのまま乳首を舐め回し、空いてる手で
おチンチンを触っていました。

すっごく喘いでるね、女の子みたい」
と、麻呂の顔を覗き込んで言ってあげると、目にはうっすら涙が・・・
「本当にSじゃない?目つきが違うもん・・・こんな気持ちいいの初めてだよ」
「じゃあ、もう満足?こっちは舐めなくていいの?」
「・・・ホント意地悪だね」
「ちゃんとお願いして。犬がご主人様に舐めて貰えるんだよ?」
「お願いします。おチンチン舐めてください」

「はい。よくできました。」
そう言って、すぐには舐めず、太ももから少しずつ舌を這わせ、
まずは、タマの部分から、舐めたり、転がしたりしました。
その時、乳首が絶えず太ももに当たるようにヤらしく舐めて
いたのは、言うまでもありません。

麻呂は、絶えず、「ハァァ、気持ちいいよぅ」と喘いでいます。
少しづつ、ペニスに舌を這わせ、アイスキャンデーを舐めるように、
下から上に舐め上げたり、先っぽをペロペロしていると、麻呂が
私の前髪をどけて、顔を見ようとしてきました。
実は、彼氏もフェラしていると、必ず髪をどけて、顔を見ようとしてきます。
男の人って、みんなやること一緒なんだな、と少しおかしくなりました。

「何?舐めてるとこ見たい?」
「うん。どんな顔して舐めてるか、見たい」
と言うので、わざとよく見えるように、ゆっくり舐めたあと、
本格的に咥えて、口を上下させると、
「あぁっ、イキそうだよ」
と麻呂が言うので、
「イってもいいよ」
と言うと、まだ、手も使ってないのに、麻呂は、私の口でイッてしまいました。
すごい量だったので、ティッシュに上手く吐く自信がなかったので、情けないけど
全裸で洗面所にダッシュしました。

とりあえず、口の中のものを吐き出し、バスタオルを巻いて、歯磨きしていると、
麻呂がいつの間にか後ろに来て、腰に抱きつき
「ごめんなさい。これから舐めてもいい?」
と言ってきたので、また、ソファで舐めてもらうことにしました。
最初と違い、恥ずかしい感覚が麻痺してきたので、バスタオルのまま、
M字開脚をしました。
舐められなくても、M字開脚をしただけで、めちゃくちゃ濡れてきます。
麻呂は、もう何も言わずに、股間に張り付くように舐め続けていました。

麻呂に限界まで、舐めさせ続けるつもりだったのですが、ずっと
「あと、もう少しでイキそうだけど、何か足りなくてイケない」といった状態に
少しダレて来た感じがしたので、挿入することにしました。
ベッドへ移動し、麻呂のおチンチンをチェックすると、充分固かったので、
今度は、簡単に舐めて、私がコンドームを装着し、上から跨りました。

ゆっくり腰を沈めると、
「あぁっ・・・」
と麻呂が喘ぎながら、下から腰を使ってこようとしたので、
「私が動くから」
と言い、腰を使いました。自分が気持ち良くなることだけを考えて、
勝手に動いてみました。
麻呂も、そのシチュエーションが好みだったとみえて、すぐに
「なんかもうイキそうだよ・・・」
と訴えてきます。私は、まだまだだったので、麻呂に、上体を
起こすように言い、対面座位の形になり、麻呂の目の前に乳首を持っていき、
「舐めて」
と言いました。

挿入したまま、乳首を舐められると、頭がジーンと痺れたようになり、
下半身にも伝わっています。
「あぁっ、気持ちいい・・・」
そう口に出すと、理性が飛んで、さらに腰が動きます。
あー、なんかイケそうかも・・・そう思っていたら、麻呂が
「あっ」
と言い、動きが鈍くなりました。
どうやら、我慢できず、先にイッてしまったみたいです。
「ごめんね」
と謝ってくるので、
「謝らなくていいから」
と言い、少しの間、ぎゅっと抱きしめてあげました。

麻呂がイッて、しばらく落ち着くのを待って、体を離しました。
ティッシュを渡して、お互いの後始末をして、少し横になりました。
麻呂は、当然のように、腕まくらをしてきます。
「ねー、ホント見かけからは、想像つかないくらいエロいね。
びっくりしたよ。会ったときは、こんなことしてもらえるって思わなかった」
「見かけからして、いかにもエロい人の方が少ないんじゃないの?
私だって、普段会社とかでは、こんなことする人間だとは絶対思われていないし、
こういう一面を絶対に知られたくないから、わざわざサイトで募集したんだけど」
と話しながら、麻呂だって、麻呂みたいな外見のくせに・・・くせに・・・と
思っていました。すでに、性欲が解消されて、相手が全く好みでない現実に、
憂鬱な気分になってきました。

時間も気になったし、携帯で時間を確認すると、あと30分くらいで、
3時間経つことになります。
「もう、時間だね。すぐにシャワー浴びなきゃ」
そう言って、体を起こすと、
「もっと一緒にいたいなー。もう時間も遅いし、泊まろうよ?」
と麻呂が言い出しました。

「あのさー、ホテルの料金のシステム知ってる?
今、休憩だけど、泊まったら、宿泊料金に、延長として、加算されると思うよ。
宿泊プラス休憩じゃなくて、もっと、すごい金額請求されると思うよ」
ったく、なんで女の私がホテルの料金の説明しなきゃなんないの?
しかも、泊まってどうするんだよ?と麻呂の世間知らずのお気楽ぶりに
うんざりしてきました。
「いいじゃん、別に延長だって。それくらい払えばいいじゃん」
そういう麻呂を無視して、シャワーを浴びに行きました。

シャワーから出ると、まだ麻呂はベッドでごろごろしながら、
「ねー、泊まって、もっといっぱいしようよ」
「ごめん、明日私、朝から予定入ってるし。着替えも化粧品も持ってないから。
ホテル代私が払うから、タクシーで帰れば?」
そう言いながら、下着をつけたり、洋服を着たり、身支度を始めました。
「さっさと支度しないと、もうチェックアウトするよ」
そういいながら、電話に手を伸ばしました。
麻呂は、しぶしぶ起き上がり、のろのろ支度します。
フロントにチェックアウトする旨を告げ、部屋で料金を精算できるタイプのホテルだったので、
さっさとお金を払いました。
「お金、払わなくていいの?」
と麻呂が聞いてきたので、
「いいよ。今日は私が奉仕させたんだから」

「じゃあ、今度は出すから、また会って」
「まー、また欲求不満でどうしようもなくなったら会うかも」
あくまでも、今日は欲求不満でどうしようもなかったから、
ということを強調してみました。
ホテルを出ると、麻呂が手をつないできます。
「ねー、住んでるとこって○○って言ったよね?
途中まで一緒に帰ろうよ」
「え?タクシー拾えば?私もタクシーで帰るから」

「えー、なんか冷たい。気に入らなかった?」
「そんなことないよ。気持ち良かったよ。疲れただけ。
それに、お化粧直してないし、髪もボサボサだしね。これじゃ、電車に乗れないよ」
「んー、わかった。また、メールするね」
「・・・あのさぁ、私、別にメル友募集したわけじゃないから。
会いたくなったら、メールするね。じゃあね」
そういうと、タクシーを拾って、さっさと乗り込みました。

タクシーに乗っていると、携帯が鳴りました。
麻呂からでした。
「今日は楽しかったよ。また会おうね(^O^) 」
陳腐な文面も、絵文字も、100%神経を逆撫でしました。
「今日はありがとうございました。私も楽しかったです。
また、会いたくなったら、私から連絡しますね。
おやすみなさい。」

そんな返事を送ったにもかかわらず、麻呂からは毎日のようにメールが来ました。
仕事が忙しくて、返事するのが大変だし、とやんわり言っていたのですが、
しつこく来るので、少しづつ、シカトして、もうフェードアウトできたかな?
と思っていたのですが、忘れたころに、
「また会いたいよぅ」
とメールが来ます。そろそろ、携帯を変えようかと思う、今日この頃です。