セフレ募集!不倫サイトセフレ募集!不倫サイト「出会いネット広場」


TOPページ >エッチな体験談一覧 >エッチな体験談99

恋人・メル友系

ご近所探し
簡単登録で直アド・携帯番号交換自由自在!ご近所で「恋」はじめませんか?地域別検索も可能、納得がいくまで理想の相手が探せます。
今日の貴方の恋占い。貴女の求める男性との出会いがここで見つかる!女性スタッフによる24時間サポート。男性誌や女性誌にも広告を毎月多数掲載し会員数激増中!
・完全無料の出会い情報は恋愛中心!あなたへのサポートはこちらへ
・手っ取り早い人を探して、いろんなサイトを試してたけどここはいいですね。

隣のパートナー
気ままな遊び相手からメル友探し、もちろん真剣な交際相手を探しても構いません。カップル成立数が高い為、繰り返し利用する人たちが群を抜いて多いです!
・日本最大級のメル友・恋愛コミュニティ・出会い情報です。
・メールの送受信&直接受信・電話番号交換等、必要な経費は全て0円!
・理想の相手と出会えるチャンス!今すぐ運命の掲示板で幸せな出会いを見つけよう!
・真剣な出会いを希望している、全国の20~40代の男性・女性が中心に登録中
セフレ・ヤリ友系

セフレパーティー
たくさんのアクセスを頂き、遂に会員総数がのべ100万人を突破!今なお毎日100人以上の女の子たちが新規で登録。写メ付きで安心納得の出会いを提供。
OL、主婦、学生・・・を中心とした全国の女性が多数登録、OL比率は他を抜くNo.1のセフレ@リスト。セフレ目的の女性ばかりなので、セフレ獲得までが簡単!
・出会い情報や大人の無料出会いを応援しています
・ヤレる相手を募集してる為、当然即アポ!「スグヤレル無料掲示板」もご用意!

セフレデータ
24時間365日のフルサポート体制で、安心無料!簡単登録!出会えるまで完全保障!女の子たちの登録も多数!19才のギャルから四十路のお母さんまで。
・アブノーマルな出会いを求める男女が多数!禁断の大人の出会いを求めるならここ
・近くでエッチOKな女の子とすぐに待ち合わせができます。
・エリア別の掲示板は、すぐ会えるメンバーから優先表示!Hのチャンスを逃しません
・スポンサーからの広告料で運営しておりますので、登録無料・全てのサービスが無料
人妻・年上系

近所DE不倫
貴方のために、不倫の場を提供します。不倫に憧れる人、不倫でなければダメな人、不倫という行為に特化した出会いの場!地域別検索や24時間万全サポートで、スムーズに御利用いただけます
・寂しく暇を持てあました人妻達の楽園です
・無料出会いで即アド・即会い・浮気等、目的別に大人の出会い相手を選べます!
・夫には言えない欲望を、貴方に叶えて欲しい。大人の出会いを求めています

割り切り人妻
登録している女性の全員が不倫希望、セフレ希望の割切りエッチ相手を探していますので、とにかくすぐにセフレが見つかるのでオススメです。
サイトには欲求不満な奥さんしかいません!どぎつい内容のレディコミ中心に広告掲載されているためか、セックス中毒の奥さんが多いので、簡単に即ハメ可能!
・無料出会いで、欲求が止まらない!刺激ある日々を求め、貴方を待っています。
・欲求不満な女性が多数登録。三分で新しい大人の出会いを探す事が出来ます!

エッチな体験談


【体験談】一夜の過ちを逆手に取ってセフレにでもするつもりか【不倫】

私は学校が終わった後スーパーの青果でバイトしてたんだけど、そこにいる主任が私のこと
目にかけてくれて、ジュース奢ってもらったりしてた。
通常、私が担当してた青果部の閉店作業は主任と私と社員の3人作業だったけど、週に数回
その社員が休む時は主任と私の2人でやってた。夜9時閉店の店だった。

主任っていうのが、身長170cmくらいで眼鏡をかけてて、頭が大きめで、色黒でむちむちしてて脂ぎってる
どこにでもいるオッサン。結婚はしてた。
私のスペック、身長165cmのCカップ。顔は松たか子とか言われたことが数回orz

んで、その日は土曜で社員がお休みで閉店作業が私と主任の2人だった。
9時半杉くらいにようやく全ての荷物を冷蔵室にしまい終わって、作業場でジュースを飲みながら一息ついてた。
その時、主任のケータイに電話。暫く話し込む主任。ボーっとジュースを飲む私。
電話が終わって、主任が困った顔しながらぼやいてきた。

「まいったなー、今日うちの(奥さん)の親が具合悪いみたいで、そっち泊まりにいったみたいだ。」
「はぁ。大変ですねぇ。」
「晩飯外で食わないと行けなくなったから、一緒付き合ってくれない?給料出たばっかりだし奢ってやるよ。」
「おー、マジですか!行きます!」

と、簡単に釣られてしまった私。
主任の車に乗り込み、御飯が美味しいというダイニングバーに連れていかれた。

土曜日ということもあって、お店は混んでた。
料理は評判どおり美味しくて、未成年なのにお酒まで飲んでしまって、私も主任も上機嫌だった。
(隣にいるのがカッコイイ人だったらなぁ)とは思ったものの、日頃から世話になってる人だし
仕事の話に花もさいたし楽しかった。

ただ、気づいたら私はかなり酔っ払ってた。
座って話してるうちはわからなかったけど、トイレに行った時に便座から立てなくなってしまって
(世界がぐるぐる回るー)と思いながらボーっとしてた。

暫く座ってると、ノックする音が。
「おーい。だいじょぶかー。吐いてんのかー。」
と主任の声。(小さいお店なのでトイレはひとつしかなかったのです。)
「だーいじょーぶでーす」
と適当に返事して、頑張って立ってトイレを出た。

まともに立てない私に驚いた主任は、慌てて会計を済ませて私を外に連れ出した。
「もう立てない。横になりたい。」みたいなことを繰り返し言ってたと思う。
気づくと、主任の車の後部座席に横になってた。(エルグランド?だったかな。後部座席をフラットにしてくれてた。

主任も横に座って背中をさすっててくれた。
「だいじょぶか?」
「だいじょぶ。初めてこんなにお酒飲んだから。迷惑かけてごめんなさい。」
そんなやりとりをして、暫くそのままだった。
なんとか起き上がれるようになったものの、まだ相当お酒臭いようだった。
「こんな酒臭いんじゃ家に帰せないな。親御さんに怒られちゃうよ」
と主任が笑いながら言った。酔った頭で、笑顔も不細工だと思ってしまった。
「いつまでも駐車場に止めてたら怒られるかもしれないし、場所変えるか。」
そういって主任は運転席にいった。私はまた横になって空を見ながらボーっとしてた。

「着いたぞー。ここなら車止めてても怒られんだろ。」
と、主任が横に来て言った。着いたのかーと上半身を起こしてみると近所の砂浜だった。
気分よくなるまで寝てろ、と寝かされた。何故か主任が隣に添い寝してきた。
エルグランドとは言え車の中だから、ちょっと体と体が触れ合ってた。

「背中さすってやるから横向け。」
言われるがままに主任に背中を向けたら
「ばか、こっちに背中向けたらさすりずらいだろ。こっち向けこっち。」
と言われ、主任の方を向いた。背中に手が回って、さすりはじめた。
私は、この時点でちょっとやばいなーとは思った。抱きしめてるみたいな格好だし
体と体もくっついてたから。その日はミニのワンピだったから余計に気になった。

でも、主任は優しく背中をさすってくれてて、気づいたら眠ってたみたいだった(そこの記憶が飛んでるので・・・。

はっと意識が戻った時は、仰向けの状態でワンピを胸のところまであげられてて、ブラもホックが外れて
胸が丸出しの状態だった。足は膝を立てた状態で開いていて、足の間に主任が座ってた。ネクタイを外してる最中だった。
まだ酔っ払っていて状況がよくわからない私は、間抜けにも質問してしまった。
「あれ、なんで私服脱げてるの?」
主任はチラっとこっちを見ると、今度はシャツのボタンを外しながら
「お前が、抱きついてきてキスしてきたんだぞ。覚えてないの?」と言われた。
今思えば、酔っ払っていても絶対こんな油ぎったおっさんにキスするなんてありえないと思えるけど
その時は酔っ払っていて、私ってなんて恥ずかしいことをしたんだろうと思ってしまった。

ぱっぱっとトランクス一枚になった主任が、覆いかぶさってきた。
「ほら、続きだよ。」
私は気が動転してて、拒否も出来ず受け入れてしまった。
正直、酔っててちょっとエッチな気分にもなってたし。

主任は、トランクス一枚になった下半身を私のパンツに押し当ててきた。
硬くなったモノが、私のアソコにぐりぐりとあてがわれた。
そうしながら、私にキスをしようとしてくる。眼鏡を外してて更に気持ち悪さがアップしてた。
しかもちょっと臭い。なんとも言えない臭い。オッサン臭い。
ちょっと顔をずらしてかわそうとしたら、顎を手で押さえられて無理矢理キスされた。
凄く深く舌を突っ込まれて、唾液が入ってきた。かなり気持ち悪かったから凄く覚えてる。

キスが終わると、顔を下にずらして胸のところに持っていった。

「お前、色白いなぁ。若いっていいな。」
みたいなことを言いながら、胸を両手でぐっと寄せて、乳首を交互に吸いだした。
吸いながら舌で乳首を弄ばれて、私は耐え切れなくて喘ぎ始めた。
熱が出たときみたいに世界が回ってて、夢だと思うことにした。
「可愛い声してるよ、もっと声だして。」
とかそんなキモイ台詞を吐きながら、胸をいじくりまわす主任。
主任の突き出したお腹が私のお腹に当たって汗をかくのが気持ち悪い。

車の窓はカーテンも閉めてなくて、外から見られるかもしれないというドキドキ感と
キモイオッサンとセックスしてるという興奮とで、自分でもわかるくらいびしょびしょに濡れてた。

胸を弄った後は、下着に手をかけてきた。
もうぐちゅぐちゅになった私のアソコは、いれてほしくてたまらない状態だった。
主任は下着は脱がさずに、ちょっとだけずらしたような状態で指を突っ込んできた。
指が入った瞬間、私にも くちゅって音が聞こえた。ちょっと恥ずかしかった。
「なんだこれ、びしょびしょだな。こんなオジサンとでもちゃんと感じてくれてるんだ?」
と、喜びながら指を沈めてくる。
私は、もう指はいいから早く挿れて欲しいと思いながら喘いでた。
「指でしなくても、もう準備完了だもんな(笑。挿れてもいいだろ?」
「うん、うん。」
喘ぎまくって頷くしか出来なかった私は、待ってましたとばかりに内心喜んだ。

主任は仮性包茎みたいだった。ちょっと皮を被ったまま、私の顔の前に持ってくる。
「入りやすくする為に、ちょっと舐めてくれよ。」
(Σ(゚Д゚;エーッ! 風呂も入ってないのに・・・やだなぁ・・・。)
と思ったものの、早く挿れてくれるならまぁ仕方がないかなと咥えた。
ちょっと湿らせればいいのかなと思って咥えたのに、あれこれ指示してくる主任。

「もっと舌使って、そうそう。玉も手で優しく揉んでくれよ。」
みたいに、あれこれ言われて5分くらいフェラさせられた。正直イライラしてた。
やっと、「もういいよ、挿れてやるよ。」と言われて解放された時は「遅い!」と言いたいくらいだった。

ぐっちゅぐちゅになった私のアソコにモノをあてがって、入り口で上下にくちゅくちゅと焦らす。
「お願い、もう挿れちゃって・・・。」耐え切れずにお願いした。主任は入れると言いながら相当焦らしてくる。
「んー?挿れて欲しいのか。こんなおじさんのチンチンでも欲しいんだな?」
うん、と頷くと同時に一気に奥まで挿れられた。思わず、ため息が出るくらい待ち遠しかった。

この頃になると頭もしっかりしてきて、主任のキモさにも目がいくようになってきた。
ハァハァ言いながら、大汗をかいて激しくピストン運動してくるその姿が、なんとも気持ち悪い。
主任は37歳くらいだったはずだけど、モノは凄く硬かった。

ピストン運動に呼応するように、車が揺れてるのがわかる。
周りから見たらセックスしてるのバレバレだっていう状況が、興奮を更に煽る。

正常位からバックに変えられて、上にずらしてたワンピも下にさげられた。
お尻だけワンピから出てる状態で、後ろからズンズン突かれる。
頭まで突き抜けるような快感が襲ってきた。バックってこんなに気持ちよかったっけ、って思った。

そのまま、横向き?みたいなのから正常位に戻された。2回もイカされた。
挿入からどのくらい経ったのかな。主任ってちょっと遅漏気味じゃないかなと思い始めた矢先。
「あー、もう逝きそうだ。」
スタミナ切れで腰の動きもスローになった主任が、やっとそう言った。
(もういいから早く逝ってくれ!)
そう思いながら腰を動かしてサポートする。

その時、主任は確かにこう言った。
「あああ、いく、いくよ、ミユキ・・・。」

(ハァ?誰だよミユキって・・・。)
私の名前はカオリ。好きでも何でもないけど、セックスの最中に名前を間違える間抜けっぷりに
いきなり冷水を浴びたように冷静になった。

主任は気づいてない様子で、私のお腹の上に出して果てた。
物凄い量の精子が、おへそに池を作ってた。

私は、ティッシュで精子を拭き取りながら
「ミユキって誰?奥さんですか?」と聞いてみた。
一瞬、主任がぽかんとした表情でこっちを見た。
「さっき名前呼んでましたよ。」

「あー、女房の名前だ。いつも呼ぶからなぁ」
そういいながら下を向いてティッシュでモノを拭いてる主任の姿が、妙に気持ち悪かった。
今更ながら、37歳で、結婚してて、脂ぎってるロリコン親父とセックスしてしまった愚かさに気づいた。

主任の方は、名前を間違えたことを悪びれもせずに
「これって不倫だよな、俺こういうの初めてなんだよね。」
とか
「俺は金ないけど、気持ちはお前にあるから。」
とか、わけわかんないことをぶつぶつ言ってた。

一度醒めてしまえばただの中年親父、一夜の過ちを逆手に取ってセフレにでもするつもりかと
怒りがこみ上げてきた。でも、折角慣れてきたバイトだし、辞めるわけにもいかないし、、
何より、セックスが凄く気持ちよかったのもあって。
色々考えて、受け入れてしまった。

その後、4回ほどセックスしました。
進学先が地元だったのもあって、なかなかバイトを辞めるに辞められず困ったけど
結局「不倫はよくないです」と言って辞めた。
セックスはしなくなったけど、学校まで迎えに来てくれたり、食事を一緒に食べたりはしてた。
でもお陰で、援交してるみたいな陰口叩かれたりした。

今となっては懐かしい思い出。
地元に帰ると、未だにそのスーパーに顔出して話してしまう。。